写真を撮る時・見せる時、覚えておきたい注意点と効果的な手法!!

旅先の絶景やカフェでのランチなど、素敵な写真を撮ってSNSに投稿するのはとても楽しく私たちの生活を豊かにしてくれます。またサロン勤務ではスタイルが仕上がったお客さまの写真を撮影するシーンも多いかと思います。しかし、その写真、大丈夫でしょうか? スマートフォンやデジタルカメラなどで撮った写真には、Exif(イグジフまたエグジフ)情報と呼ばれる写真の詳細情報が含まれています。

Exif情報とは?

SNSの写真から個人情報が流出する、という話を聞いたことがある人は少なくないでしょう。これはExif情報が原因であることが多いようです。Exif情報には写真の詳細情報として、写真を撮ったカメラの情報から撮影方法、撮影場所や撮影日時などが記録されています。撮影した本人が、写真を個人で管理するだけの場合は便利な情報です。しかしそのExif情報を保持したままSNS上にアップしてしまうと、個人情報が公開されてしまうことにも繋がります。

Exif情報を見る方法

Exif情報を見る方法

Windowsの場合、ダウンロードして保存した写真を「右クリック」>「プロパティ」>「詳細タグ」でExif情報を見ることができます。写真管理ソフトなどをインストールしていると、さらに詳しい情報が閲覧することも可能です。Macの場合、画像をダブルクリックして「プレビューを表示」>「ツール」>「インスペクタを表示」>「(i)の中のExifタブ」でExif情報を見ることができます。スマートフォンの場合は「Google フォト」などのWebサービスを利用することで確認することが可能です。

スマホなどで写真を撮るときはGPS情報に要注意!

スマホなどで写真を撮るときはGPS情報に要注意!

私たちが利用するスマートフォンには、ほとんどの機種にGPS機能が搭載されています。また、デジタルカメラにもGPS機能がついている製品があります。これらの機能をオンにしたまま撮った写真のExif情報には、当然撮影した場所の位置情報が含まれます。個人で楽しむだけなら、撮影場所が記録されることは思い出にもなりとても便利ですが、そのままSNS上に掲載してしまうと思わぬトラブルを招きかねません。撮影した場所が写真データから解析できるということは、自宅で撮った写真であれば自分の住所を公開するようなものです。GPS機能によるExif情報とても便利な機能ではありますが、SNS上に写真を掲載する際は注意をしてから撮影しましょう。

モザイクをかけたつもりが、サムネイル画像でばれる?

モザイクをかけたつもりが、サムネイル画像でばれる?

Exif情報には、サムネイル画像と呼ばれる縮小画像も含まれます。顔の映った写真などをモザイク処理してSNS上にアップしたはずなのに、サムネイル画像がそのまま残っていることで、場合によってはモザイクをかけた部分が確認できることになります。SNS上に掲載する際は、サムネイル画像も含むExif情報を削除するようにしましょう。

Exif情報の削除方法

こうしたExif情報は、撮影後でも削除することが可能です。Windowsの場合はExif情報を確認する画面の下にある「プロパティや個人情報を削除」をクリックすると、登録された情報を項目ごとに編集することができます。Macの場合は「プレビュー」ソフトで撮影画像を開き、PNGファイルとして別名保存することでExif情報を削除することができます。このようにPC上では色々な方法がありますが、スマートフォンの場合も含めExif情報を削除するアプリなどを利用する方が簡単かもしれません。

私たちが普段便利に使っているSNSですが、使い方を誤ると個人情報の流出などの危険が起こることがあります。SNSによってはExif情報を自動的に削除してくれる仕様になっている場合もありますが、思わぬトラブルは事前に回避して行けるよう正しい知識を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事