タイトル 美肌作りは洗顔から!優しい石鹸選びから始まる顔の正しい洗い方

美肌作りは洗顔から! 優しい石鹸選びから始まる顔の正しい洗い方

「赤ちゃんのようにプルプルでシミやシワのないお肌」「素肌なのに、おめかししているような肌」は女性の理想。毎日丁寧に洗い、ケアすることも大切ですが、実は洗いすぎてお肌に必要なモノを流してしまっているかもしれません。正しい方法で、肌本来の力を引き出す優しい洗顔を心がけましょう。

肌そのものの汚れだけなら水で落ちる

お肌は、元々キレイに生まれ変わり続ける力を持っています。洗顔は、一歩間違ってしまうと、肌本来のバリアを洗い流してしまうことにもつながってしまいます。そのため、皮膚科の先生の中には、水だけでの洗顔を勧める先生もいるほどです。肌についた汚れのうち、落とすべきなのは皮脂です。皮脂は時間が経つと過酸化脂質に変化。これが長時間肌の上にあると、皮膚のDNAや細胞膜を傷つけてしまうことにつながるのだそうです。この皮脂は水溶性で、水だけで十分落とせる汚れなのです。

ファンデーションも石鹸で落ちる

顔の正しい洗い方

一般的に、メイクはクレンジングと洗顔フォームで「ダブル洗顔」をするのが常識のようになっています。油で落ちる汚れであるファンデーションと、水で落ちる汚れである皮脂を、2段階に分けで洗っていることになります。けれども、油分を落とすクレンジング剤は強力なもの。お肌への影響も心配です。実は、ファンデーションは石鹸だけでも正しく洗えば落とせますし、残っていてもお肌自身の力で排泄することが可能なのです。

石鹸と合成洗剤の違いとは

多くの人が使っている洗顔フォームは、合成洗剤がほとんどです。石鹸も合成洗剤も、汚れを落とすメカニズム自体は同じで、水と油を混ぜることのできる「界面活性効果」によって汚れを落とします。けれども、何を材料として使っているかが異なります。
合成洗剤は、文字通り「科学的に合成されたもの」ですが、「純石鹸」や「無添加石鹸」と呼ばれるものは天然の素材だけで作られたもの。オリーブやパームなどから抽出した植物系の油や、牛脂などの動物系の脂がベースとなっており、そこに海水の塩分などから取り出した苛性ソーダが加わっています。「界面活性剤」は天然由来のものもありますが、石油由来の成分を使って合成された刺激の強いものもあります。天然由来の成分で十分汚れが落ちるのならば、使わないほうが安心だといえます。

石鹸ならすすぐのもラクラク

顔の正しい洗い方

合成洗剤で洗顔した場合、その成分を100%洗い流すためにかなり丁寧にすすぎをする必要があります。ほんの少し、皮膚や毛穴に洗剤成分が残っているだけでも、肌のバリアや皮膚常在菌を破壊してしまい、肌本来の力を発揮できなくなるからです。純度の高い石鹸ならば、それほど神経質にならなくても皮膚に残りにくく、もし残っていても分解されるので安心です。

石鹸の選び方

石鹸ならばどれでも同じ、というわけではありません。「化粧石鹸」と呼ばれるものの中には、界面活性剤など様々な化学物質が含まれている場合があります。安心なのは天然の素材だけで作られた「純石鹸」や「無添加石鹸」、生薬を固めた石鹸や、オリーブオイルで作られた「マルセイユ」石鹸など。いずれもケミカルフリーなものです。選択肢は豊富にあり、香りや使い心地がそれぞれ違うので、好みのものを探してみましょう。

石鹸洗顔の手順

  1. 石鹸をクリーム状に泡立てます。よく、「モチモチの泡」といわれますが、洗顔フォームとは異なり発泡剤を含まない石鹸は、泡立ててもモコモコにはならないので、クリーム状でOKです。
  2. 顔をクリーム状の泡で包み、優しくマッサージします。こすって汚れを落とそうとするのはNGです。
  3. 手のひらで洗面器をつくるように水をすくい、パシャパシャと10回程すすぎます。お湯を使うと、肌が本来持っている美容成分まで流してしまうことに。寒くてどうしても水がつらい場合は、ぬるま湯で流しましょう。面倒でも、シャワーで一気に流そうとしてはいけません。
  4. タオルでふく時も優しく、そっと押すように。ここでもこするのはNGです。

お肌の大敵はこすること。シミの原因の8割は「こすること」というデータもあるほど。こすることで肌が元々持っている自前の保湿膜を落としてしまうので、乾燥してしまいます。最初は「少し物足りない」「洗った感じがしない」と感じるかもしれませんが、続けてみてください。

文/sapuri

Information

参考文献

村木 昭文「肌断食 基礎化粧のいらない肌に」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

タイトル 美肌作りは洗顔から!優しい石鹸選びから始まる顔の正しい洗い方

この記事をシェアする