真っ白な美しい校舎と充実した設備! 千葉ビューティーアート専門学校

真っ白な美しい校舎と充実した設備! 千葉ビューティーアート専門学校

千葉駅から10分ほど歩くと見えてくる真っ白な美しい校舎。ここは、美容やブライダルについて幅広く学ぶことができる千葉ビューティー&ブライダル専門学校です。校舎の美しさや充実した設備もさることながら、就職率の高さ、そして資格試験を校内で受験するこが可能な認定校である点も魅力です。
今回は、そんな千葉ビューティー&ブライダル専門学校で学ぶ3名の生徒さんと、教務主任の中山先生にインタビュー!前編では、トータルビューティー科のメイクアップコースで学んでいる1年生の藤井さんにお話を伺います。

明るい校風、そして先生との距離が近い点が魅力

藤井さん

――まずは、こちらに入学を決めたきっかけを教えてください。
「オープンキャンパスへ参加した際に、先生や生徒の雰囲気がとてもよかったのが印象的で、入学を決めました。また、設備も非常に整っていますし、そのうえで先生との距離が近く、話しやすいというのは学ぶ環境として最高だと思ったんです」

――では、数あるコースのなかでメイクアップコースを選んだのはなぜですか?
「もともとメイクが好きだったので、入学した時点でこのコースに入ることは決めていました。好きなことを学ぶことができて、楽しいですよ」

千葉ビューティーアート専門学校

――一番好きな授業を教えてください。
「“パーソナルメイク”の授業がとくに楽しいですね。検定対策用の授業とは違い、出されたテーマに沿って自由にメイクができておもしろいんです。たとえば“相モデルに最も似合ったメイクをする”などといった課題が出るので、それに合わせて自由に色を選んでメイクをします」

子どもの頃に憧れた、美容部員になりたい

藤井さん

――そもそもメイクに興味を持ったきっかけはなんでしたか?
「子どもの頃から母とデパートへ出かけることが多く、そこで化粧品などを見ているうちに興味を持つようになりました。また、手先はもともと器用でして、細かい作業は好きなんです。なので幼い頃からメイクには親しんでおり、中学3年生に上がったときには美容に関わる仕事がしたいと考えていました」

千葉ビューティーアート専門学校

――将来の夢は何ですか?
「まずは美容部員になりたいですね。その後は美容関連の外資系企業に就職し、最終的にはメイクアップアーティストとして活動できればと考えています。ショーや雑誌のメイク担当をしたいんです。いつかは、私が好きな雑誌『NYLON』のメイクに関われたらうれしいですね」

藤井さん

続きまして、教務主任の中山先生に学校の理念について教えていただきます。

大切なのは、諦めないこころ

中山先生

教育の理念として“技術と心の調和”を掲げている千葉ビューティー&ブライダル専門学校。この言葉には、一体どんな思いが込められているのでしょか?
「当校は専門学校ですので、技術や知識を身につけることは当然のことです。しかしそれだけでなく、学校生活を通して人間性を磨いてほしいと考えています」と、中山先生は語ります。「また、生徒には夢を忘れずに追いかけ続けてほしいんです。難しいことではありますが“諦めない”ということは技術や人間性を高めるうえでも大切なことだと思うんですよ。少しつまずいたら、合ってないから辞めてしまおう、と考えることはもったいない。困難を乗り越えることの大切さを学び、社会で活躍してほしいですね」。

そんな千葉ビューティー&ブライダル専門学校には、生徒と先生が繋がるアプリが用意されているそう。クラス内の連絡網代わりになったり、検定前には先生が応援メッセージを送ったりすることもあるのだとか。「LINEほどの親密さはありませんが、ほどよい距離感で繋がっていられますよ」と、中山先生。さまざまな方法で生徒をサポートされているようですね。

中編の次回ではトータルビューティー科の花澤さんにお話を伺います。

School Data

千葉ビューティー&ブライダル専門学校
(2019年4月より千葉ビューティーアート専門学校より校名変更予定)

〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町8-16
043-202-3571
http://www.sanko.ac.jp/chiba-beauty/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

真っ白な美しい校舎と充実した設備! 千葉ビューティーアート専門学校

この記事をシェアする