美容業界の応援メディア
コラム・特集 2019-11-02

アイリストには通信講座でもなれる? アイリストに必要な資格はあるの?|オススメの通信講座を紹介!

人の印象は、目元によって変わります。メイクをする際も、目元に時間をかける方は多いのではないでしょうか。そんな目元のメイクのポイントといえば、まつ毛です。アイリストは、まつ毛ケアのプロとして、美容サロンなどでまつエクやカール、パーマといったメニューをお客様に施すのが仕事です。

サロンでまつ毛ケアをする方が多くなってきている近年、アイリストの需要も増え、アイリストになりたいと考えている方も増えています。アイリストになるには、どのような資格が必要なのでしょうか。また、通信教育だけでもなれるのでしょうか。ここでは、アイリストになるための方法や、おすすめの通信講座について、詳しく解説していきます。

アイリストには通信講座でもなれる? アイリストに必要な資格はあるの?

まつ毛ケアのプロであるアイリストには、通信講座だけでもなれるのでしょうか。ここでは、アイリストになるために必要な資格や、その取得方法について、詳しく解説していきます。

アイリストになるには美容師免許が必要!

日本でまつ毛エクステンションが流行しはじめたのは、2004年ごろからと言われています。その後、まつ毛エクステンション用の接着剤による健康被害が、消費生活センターなどに報告されるようになりました。これを受けて、2008年に厚生労働省が、アイリストとしてお客様のまつ毛をケアするためには、美容師免許を必要とすることを定めました。したがって、現在アイリストになろうとする方は、美容師免許を取得している必要があります。

美容師免許を持っていない場合

アイリストになりたいものの、美容師免許を持っていない場合、まずは免許を取る必要があります。美容師免許を取得するための方法は、大きく分けると美容専門学校に2年間通学する方法と、通信制で3年学ぶ方法の2つがあります。

・美容師免許は国家資格
美容師免許は国家資格なので、国家試験に合格する必要があります。この国家試験の受験資格を得るまでの期間が、通学制の場合は2年間で、通信制の場合は3年間となります。通信制といっても、通信だけでなくスクーリング期間もあるので、実際には通信だけで取得することはできません。

・通学する場合
美容専門学校などに2年間通学してカリキュラムを修了すると、国家試験の受験資格を得られます。カリキュラムは国家試験対策中心となっていて、国家試験に合格するためには有利ですが、働きながら通信制で取得する場合は実務経験がないので、実際に現場に出てから美容師としてデビューするまでの期間は長くなってしまいがちだといわれています。

・通信制の場合
通信制の場合は、スクーリング期間以外、自由に時間を使って学ぶことができるので、働きながらでも十分勉強ができます。サロンなどで働きながら合格をめざせば、資格取得までに先輩スタッフから技術を教わったりすることもできるので、国家試験合格後にデビューするまでの道のりがスムーズになるといわれています。

・通信制のほうが費用が安い
美容師専門学校やスクールへ通って美容師免許の取得を目指す場合、2年間の学費として200~250万円ほどのまとまった費用が必要になります。通学には交通費もかかるでしょう。一方、通信制での学費の目安は50~70万円ほどと、費用を抑えることができるのです。学費を貯めるためにアルバイトなどをする時間も少なくて済むため、その分早く美容師の勉強を始められるようになります。まつ毛エクステンションについて学ぶための費用も合わせて考えて、少しでも費用を抑えたいのなら通信制が向いています。

美容師免許を持っている場合

すでに美容師免許を持っている場合、アイリストになるためにプラスで必要となる資格はありません。しかし、まつエクの技術を改めて身につけるためには、スクールに通ったり、通信講座を受講したりすることも必要です。

働きながらでも目指せる! 通信講座の3つのメリット

働きながらアイリストになりたい方におすすめの通信講座。ここでは通信講座の3つのメリットについてご紹介します。

①自分の好きな時に勉強できる

通信講座の大きなメリットのひとつに、時間の自由が利くことが挙げられます。通信講座なら、育児や仕事をしながらでも学ぶことができます。なにより移動時間がなく、自宅で学習することができるので、その分空いた時間を有効に使うことができます。

②自分のペースで勉強できる

多くのスクールであらゆるレベルの通信講座が開講されているため、自分の希望するレベルの知識や技術を選ぶことができます。そして、自分のペースに合わせて学習できることが大きなメリットです。また、電話やメールなどで質問に対応してくれることがほとんどなので、しっかりと知識を得ることができます。

③通学よりも受講料が安め

毎日専門学校などに通って美容師免許を取得し、アイリストとしての技術を学ぶためには、100万円以上の費用がかかることもあります。しかし通信講座なら、それよりも受講料がずっと安くなります。身につけることのできるアイリストとしての技術のレベルによって費用はさまざまで、安ければ1万円、高くとも60万円ほど。通信講座の場合は、通学する場合の約半分で学ぶことができます。

自宅で目指せる!オススメの通信講座を紹介


アイリストとして必要な知識や技術などを身につけることができる、おすすめの通信講座をご紹介します。

まつげエクステンションスクール通信講座

フォーラルでは、アイリストとしての正しい技術や知識を学ぶための、まつ毛エクステンション通信講座が開講されています。いくつかのコースがありますが、これからアイリストになりたいという初心者の方におすすめなのは、スタンダードコースです。

・スタンダードコース157,500円(税込)
アイリストとして必要な基本的知識や技術を身につけることができます。社団法人・日本まつげエクステンション協会の技能検定試験に対応し、ライセンスを取得したい方に向いています。まつエクの歴史や、目の構造、病気などについても学ぶことができます。

ほかにも、エキスパートコース(262,500円)やプロフェッショナルコース(420,000円)などがあるので、自分のレベルに合ったコースを選ぶことができます。

PBアカデミー|まつ毛エクステンション認定講師資格取得講座

PBアカデミーでは、通信制でまつ毛エクステンション認定講師資格取得講座を開講しています。基礎から応用まで丁寧に解説していく講座で、未経験者の方から、まつ毛エクステンションについてしっかりと学ぶことができます。まつ毛エクステンション認定講師資格を取得すると、自宅開業することもでき、就活や副業をはじめる際にも役に立ちます。

費用は一括払いで117,000円(税抜・送料/決済手数料別)ですが、資料請求後2週間以内の申し込みで早割が効き、一括払いが93,600円、分割払いが初回のみ6,655円で、その後は4,400円の24回払いとなりす。

美容師免許があればアイリストには通信講座でもなれる!

ここまで述べてきたことをまとめると、アイリストになるためには美容師免許が必須です。美容師免許の取得を目指す場合、美容師の専門学校やスクールへ通う必要があります。毎日スクールへ通学することもできますが、働きながら勉強したい方は通学する時間を取るのが難しいでしょう。そのような方は、働きながら自分のペースで勉強ができる通信講座がおすすめです。受講に必要な費用も通学に比べて半分以下に抑えることが可能です。

ただ、実際にアイリストになるためには、まつエクに関する専門的な知識や技術を身に着ける必要があります。そのためには、まつエクに特化したスクールでしっかり基礎から学ぶことがおすすめです。さらに、技能検定試験や認定講師資格試験を受けてライセンスを取得すれば、身に着けた知識や技術を証明できるため、就職や独立開業の際にも役立ちます。

まつエクに関する講座には多くの種類があり、レベルもさまざまです。自分のレベルに合った講座を選んで受講してみましょう。

出典元:
Career Garden
厚生労働省健康局生
電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]
大阪・東京銀座のまつげエクステ専門校 美容師免許取得可能なアンドルーチェテクニカルスクール
通信課程 | 中部美容専門学校
ジャパンアイリストカレッジ まつげエクステ技術者養成スクール
まつげエクステスクール通信講座フォーラルスクール
まつ毛エクステンション 認定講師 資格取得講座 / PB アカデミー

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事