理容師は通信教育でもなれるの? 国家試験の受験資格とは|おすすめの通信教育課程を紹介

近年、理容師の免許を取るために各専門学校の「通信課程」で学ぶ人が増えています。通信課程で学ぶ人が増加している背景には、すでに仕事をしていてなかなか理容師学校に通う時間が取れないという人に合わせて、適切なコースを設置する学校が増えてきた点が挙げられます。

今回の記事では、理容師免許の取得を目指すための通信教育の内容とそのメリットを解説するとともに、通信教育コースを設置している国内のおすすめの専門学校をご紹介していきます。

理容師は通信教育でもなれるの?

理容師になるには、国家試験に合格する必要があります。ここでは理容師国家試験の受験資格について見ていきましょう。

国家試験の受験資格をチェック!

理容師の国家試験の受験資格は、以下のように定められています。

平成10年4月1日以降に入学した人
1.理容師・美容師養成学校の昼間課程か夜間課程で2年以上学んで修了すること
2.理容師・美容師養成学校の通信課程で3年以上学んで修了すること

平成10年3月31日以前に入学した人
1.理容師・美容師養成学校の昼間課程(1年以上)か夜間課程(1年4ヵ月以上)を修了したのち、実地習練を1年以上受けること
2.理容師・美容師養成学校の通信課程で2年以上学んで修了したのち、実地習練を1年以上受けること

養成施設での修業は通学のみ?

養成施設での修業は、通学ではなく通信教育でも可能です。通学での修業は基本的に2年間ですが、通信課程の修業年数の多くは3年となっています。なお、通信課程ではスクーリングの必修時間が定められており、理容室で勤務している方は300時間、それ以外の方は600時間ほど通う必要があります。

通信教育コースではどんな授業を受けるの?

ここでは通信教育は具体的にどんな内容の授業をするのか、どういう方法で授業をおこなっていくのか、見ていきましょう。

テキストやネットを利用して学科や技術を座学で学ぶ

通信課程の授業は、購入したテキストを自宅で学んで定期的にレポートを提出したり、ネットを利用したオンライン講座で学ぶという形になります。学科では理容師養成施設で必修の8科目(関係法規・制度 衛生管理 香粧品化学 保健 技術理論 運営管理 実習 文化論を学習します。

実技やさらなる知識をスクーリングで学ぶ

理容師の免許を取るためには、実技も学ばなければなりません。実技の授業は定期的に開催されるスクーリングに参加する必要があります。

スクーリングとは、実際にスクールに足を運んで実技・面接の授業を受けることをいいます。このスクーリングで、ハサミの使い方など理容師としての必要な技術を学んでいきます。

通信教育で学ぶメリットとは?

理容師養成学校の通信教育は、通学よりも1年多い3年間の授業になります。3年かかってしまう通信教育を選択するメリットとは何なのかをご紹介していきます。

サロンで働きながら学べる

すでにサロンで働いている人の場合、なかなか学校に通う時間がないという人もいるはずです。

通信教育であれば、時間に都合を付けつつ、自宅で自分のペースで学ぶことができるので、働きながらでも余裕を持って学ぶことができます。理容師および美容師として働いている人が、ダブルライセンスを狙う場合も通信教育という選択肢を取ることも可能です。

自分の都合に合わせて学べる

通学の場合、決まった時間に足を運ばなければならず、時間的な制約が大きくなります。一方、通信教育は自分の好きな時間に学ぶことができるので、すきま時間を使って資格を取得することが可能です。
昼に学ぶこともできれば、夜に学ぶこともでき、仕事で疲れているときは2、3日休むなど、自分の都合でマイペースに勉強を進めていけます。

自宅で学習できる

人によっては、「いつもスクールに足を運ぶのが面倒」「スクールが遠くて移動に時間がかかる」「毎回、交通費がかかる」という理由で、通学に気が乗らないこともあるかもしれません。

通信教育の場合、年に数回のスクーリングを除けば学校に通う必要はなく、すべて自宅で学ぶことができます。

学費を安く抑えられる

基本的に全国各地のどの理容師養成学校でも、通学に比べて半額あるいは3分の1程度の授業料で受けることができるので、学費の面でメリットが非常に大きくなります。

おすすめの通信教育コースを紹介

理容師養成学校は大都市圏にも多々ありますが、そのなかで通信教育課程を導入しているおすすめの学校をご紹介していきます。

東京理容専修学校|通信部

東京理容専修学校の通信部は、自宅学習とレポート提出によって合格を認定しています。スクーリングとサロンワークは、1~2年次の4週間(夏期)と、3年次の1週間(3月中)に実施されます。

東京理容専修学校の通信部は、スクーリングを短期間でおこなうために、すでに理容サロンで勤務している人のみが対象となります。

国際文化理容美容専門学校|通信修得者課程 理容科

国際文化理容美容専門学校の通信修得者課程(理容科)は、美容師免許取得者および美容師養成学校の卒業生・在校生を対象としています。美容師免許を取得している人は1年半、美容師免許の取得を目指す学生は最短2年半で美容・理容それぞれ2つの国家資格を取得することができます。

授業は通信授業(レポート提出)とスクーリングになります。スクーリングの内容は理容技術理論が10時間以上、技術実習が225時間以上、選択科目が5時間以上となっています。

名古屋理容美容専門学校|通信課程

名古屋理容美容専門学校の通信課程では、スクーリングと独自のeランニングで資格取得を目指します。スクーリングは、1年次に約11日間、2年次に約13日間、3年次に約19日間となっており、いずれもサロン休業日に実施されるので仕事との両立も可能です。

独自のeランニングでは、学科試験の問題を自宅でいつでも自由に学べます。レポート提出回数は1年次に19回、2年次に15回、3年次に2回となります。

アリアーレビューティー専門学校|通信科

アリアーレビューティー専門学校の通信科は、「サロン勤務コース」「平日学習コース」「短期集中コース」と生活スタイルに合わせて3タイプ用意されています。中学校卒業のみ、あるいは高校在学中でも入学可能です。

スクーリングは9時から16時までの7時限制となっており、各コースに合わせて日数や授業日が異なります。

西日本ヘアメイクカレッジ|通信コース

西日本ヘアメイクカレッジの通信コースは、「理容師資格取得コース」「美容師資格取得コース」「通信ダブルライセンスコース」の3つがあります。最初の2つのコースはスクーリング600時間・レポート39回、ダブルライセンスコースはスクーリング240時間・レポート14回となります。

国家試験直前に2週間程度の直前講習が開講されますが、もしも国家試験で不合格になった場合は再チャレンジ講習が開講され、次期の国家試験を目指すことができます。

高津理容美容専門学校|通信課程(理容科)

高津理容美容専門学校の通信課程(理容科)は、美容師の資格を持った人向けの修得者コースと、美容師の資格を持っていない人向けのコースに分かれています。

修得者コースは学科授業も実技授業もレポート提出が2科目のみで、それ以外の科目は免除されます。美容師の資格を持っていない人のコースでは、3年間の学科授業で60単位の取得と規定のスクーリングが必要になります。

福岡理容美容専門学校|通信課程

福岡理容美容専門学校の通信課程における必修科目は8つで、スクーリングは3年間で315時間(サロン勤務者)・630時間(サロン非勤務者)となっています。美容師免許を取得している修得者課程は1.5年間で国家試験受験を目指せます。

スクーリング日程は、4月入学の場合は週1日コース(毎週月曜日)、10月入学の場合は年2回コース(3月と7~8月)になります。

ハリウッドワールド美容専門学校|美容・理容通信コース

ハリウッドワールド美容専門学校の美容・理容通信コースは、「修得者通信コース」「月に1日の分割コース」「夏休み15日集中コース」の3つに分かれており、生活スタイルに合わせて最適なものを選択することができます。

4月、10月のどちらでも入学可能で、4月入学ならば半年早く免許の取得が可能です。高校1年次に入学すれば、高校卒業と同時に免許取得することができ、就職活動に有利に働きます。

通信でも受験資格は取得可能! ダブルライセンスを狙う方にもおすすめ!

理容師専門学校の通信課程であれば、サロンで働きながら、あるいは高校・大学など学校に通いながらでも勉強することができ、効率的に資格取得を目指すことができます。

既に片方の免許を持っている場合、「修得者コース」を選択すれば学科や実技が大幅に免除されることが多く、短期間で資格を取得することも可能です。美容の世界に興味がある人だけでなく、ダブルライセンスに挑戦したい方もぜひ通信課程を検討してみましょう。

出典元:
公益財団法人理容師美容師試験研修センター
受験資格
公益社団法人 日本理容美容教育センター 理容師・美容師になるまで
厚生労働省 理容師・美容師免許の取得まで
東京理容専修学校 通信部 理容師養成コース
国際文化理容美容専門学校 通信修得者課程 理容科
名古屋理容美容専門学校 通信課程
アリアーレビューティー専門学校 通信科
西日本ヘアメイクカレッジ 通信コース
高津理容美容専門学校 通信課程(理容科)
福岡理容美容専門学校 通信課程
ハリウッドワールド美容専門学校 美容・理容通信コース

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事