美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-10-05

こだわりが光る! サロン専売プロダクト名鑑 『BREEN Naturalシリーズ/Hairsalon BREEN Tokyo』

サロンのこだわりが垣間見える自社開発のプロダクト。配合成分が珍しいもの、パッケージにこだわりがあるもの、開発者の想いが込められているものなど、そのラインアップは実に様々です。

ここでは、各サロンで開発されたプロダクトについて、開発者にインタビューを実施。毎回様々なヘアサロンの専売商品をご紹介します。「自社開発したい!」「他社のこだわりを知りたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

今回は「自分らしさを、美しい髪と肌で」をコンセプトに掲げる美容室Hairsalon BREEN Tokyoが開発した「ワックス、シャンプー、美容液のBREEN Naturalシリーズをご紹介します。

「BREEN Naturalシリーズ」を紹介してくれるのは…

Hairsalon BREEN Tokyo KAHO.さん

スタイリスト歴5年。施術テーマは「ヘアスタイルに性別は関係ない。自分らしさを楽しみ、本当になりたいあなたに」。

「テーマは、ジェンダーニュートラル!」

――まずは、Hairsalon BREEN Tokyoは、どのようなヘアサロンでしょうか?

Hairsalon BREEN Tokyoでは、「自分らしさを、美しい髪と肌で」をコンセプトに掲げています。性別に関係なく『きれい』をサポートするジェンダーニュートラルな美容室を目指しており、お客さまのなかにはLGBT+の方が多くいらっしゃいますし、私自身も当事者です。そこで、当事者だからこそ聞くことができるお客さまからの声や自分自身の発想が、自然と商品に反映されています。

街の薬局などに行くと、シャンプーやトリートメントなどの美容系商品は男女で分かれていることがほとんどですが、私は「性別に捉われない商品があってもよいのではないか?」と、ずっと違和感を抱いていました。そこで、サロンでは「ジェンダーニュートラル」をテーマに商品を開発しています。

サロンでは、これまでにシャンプーを3タイプ、トリートメント、ワックス、オイル、美容液の7種類のオリジナルアイテムを開発しました。今回はワックス、シャンプー、美容液についてご紹介します。

――それでは、まずワックスについて教えてください。

「BREEN Natural oil wax」はやわらかいテイストのワックスです。ポイントがいくつかあり、まずは使いやすさにこだわりました。ヘアを適度にまとめるホールド力と保湿力があり、髪だけではなくハンドクリームとしても使うことができます。

先ほども言った通り商品はジャンダーニュートラルをコンセプトにしており、一般的な男性用ワックスは束感が強く出るようなハードな商品が多い印象がありますが全員がクールなスタイルを好んでいるわけではありません。ナチュラルでやわらかな商品を求めている方もいるので、そういった声に応えて開発をしました。もちろん女性の方でも使いやすいアイテムです。また成分にも特徴があり3つの天然由来バターと8種類の植物オイルを配合しています。肌に優しいことも大きな魅力ですね。

――続いて、オリジナルシャンプーはどのような商品でしょうか?

「BREEN Natural oil shampoo」は、香りにこだわっているシャンプーです。使っていると匂いが少しずつ変わって、はじめはレモングリーンライラック、次にジャスミンピーチ、最後はムスクの香りが広がり、「リラックスできる」とお客さまからも好評です。また成分も厳選しており、貴重な天然オイルのアルガンオイルと16種類の植物オイルを混ぜ合わせて作られています。

――最後に、美容液について教えてください。

「Natural moisturize serum」は、2020年の6月頃に作った髪と肌に使うことができる美容液です。開発をしたきっかけは、メンズメイクをするお客さまや日頃からメイクをせずに素肌作りを大切にする女性の方の増加を感じたことでした。そこで「性別問わず誰でも手にとりやすいスキンケア商品を作ろう」と。

成分は高分子ヒアルロン酸、低分子ヒアルロン酸、水、防腐剤とシンプルなので、この商品で肌が荒れた方には出会ったことがありません。ちなみに、私も日頃から愛用していて「Natural moisturize serum」を使い始めてからは肌乾燥の悩みが軽減されました。以前は、乾燥によりファンデーションが浮いてくることがありましたが、今はまったくありません。メイクを直す機会がグッと少なくなったので、かなり助かっていますね(笑)

サロン発のオリジナル商品を成功させる3つのポイント

サロン発のオリジナル商品を成功させるポイントをまとめると下記の3つでした。

1.サロンのコンセプトに沿った商品を作る

2.日頃のサワークですくい取ったお客さまの声を商品作りに生かす

3.身体に優しい成分を使い、誰でも使えるアイテムに仕上げる

美容液の効果について、最近の世のなかの流れにも沿っている商品だというKAHO.さん。「街を歩いているとほとんどの方がマスクをしていて肌が荒れやすくなっていますから、ケアに使ってほしいですね」と、笑顔で話します。ジェンダーニュートラルな商品に興味がある方は、ぜひ「BREEN Naturalシリーズ」を体験してみてはいかがでしょうか。

Salon Data

Hairsalon BREEN Tokyo

住所:東京都渋谷区神宮前3-25-12 FUJI BUILDING 2F
TEL:03-6432-9454
定休:水曜日

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事