美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-09-19

こだわりが光る! サロン専売プロダクト名鑑 『ULTOWA』

サロンのこだわりが垣間見える自社開発のプロダクト。配合成分が珍しいもの、パッケージにこだわりがあるもの、開発者の想いが込められているものなど、そのラインアップは実に様々です。

ここでは、各サロンで開発されたプロダクトについて、開発者にインタビューを実施。毎回様々なヘアサロンの専売商品をご紹介します。「自社開発したい!」「他社のこだわりを知りたい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

今回は、原田宇問さんが開発したトリートメントの「ULTOWA」をご紹介します。

「ULTOWA」を開発したのは…

原田宇問さん

松本理容美容専門学校を卒業後、長野県のサロンに就職。都内のサロンに移りスタイリストデビューを果たした後、「少しでも美容業界のためになれれば」とメーカーとして独立を決意。ドイツでの薬剤勉強の経験などを生かし2019年8月に自社初となるプレミアムブランド「ULTOWA」を開発。

「美容師が惚れる純度100%のパウダートリートメント!」

――まずは、ULTOWAについて教えてください。

ULTOWAは、純度100%のパウダーを使った髪質改善トリートメントです。2019年8月に販売を開始して以来、美容師さんの口コミで広まり続け、現在は有名店を含む全国の174サロンさまで取り入れていただいています。ありがたいことに毎日サロンさまから新規導入希望のご連絡をいただいている状態なので年内には300サロンさまぐらいまでは伸びるかもしれません。

特徴はなんといっても純度100%のパウダートリートメントであることです。成分はシャケ皮抽出の最高等級のコラーゲンをはじめ、毛髪に有効な糖類や水素などが含まれています。

サロンでは、このパウダーとCMCやシルクを含んでいるオリジナルの液体を混ぜ合わせて使っていただいていて、「パウダーと液体を合わせるとULTOWAが完成する」とイメージをしてもらえれば、わかりやすいかもしれません。おそらく、このタイプのトリートメントはこれまでにはないと思います。

ちなみにその理由は、パウダー状のトリートメントは、添加物を混ぜることができないので原料費が非常に高価になってしまうからです。一般のメーカーさんは商品開発費のほかに人件費や広告費もかかってきますから、最終的にサロンに流通する価格に抑えることが難しくなります。

一方、僕は1人で開発から販売までを行っているので余計なコストはかかりません。つまり高価な原料で質のよい商品を作り、サロン目線の価格でご提供ができる。お客さまもサロンも幸せになるトリートメントがULTOWAですね。

――なぜ原田さんは、ULTOWAを開発されたのでしょうか?

理由は大きく2つあり、1つ目が「お客さまを感動させられるトリートメントがなかったから」です。僕はサロンワークをするなかで、「トリートメントの際に施術者によって仕上がりが変わってしまうこと」にずっと違和感を抱いていました。とくに、アシスタントが本当にトリートメントの効き目があるのかどうか分からずに、冷や汗をかきながら施術をしている姿を見て「誰が扱っても美しい仕上がりを実現できる商材があったらうれしいな」と。

もうひとつは、僕自身が美容商材を勉強することが好きだったからですね(笑)。これまでに全メーカーのトリートメントを試したことがあり、アシスタント時代には商材のパッケージ裏に書いてある成分表を1つひとつを全てノートに書きこんで効能を調べていました。もしかしたらカットよりも好きだったかもしれません(笑)。

それほどまでに美容成分を学ぶことが好きでしたが、接客をするなかで感じたことは「お客さまは、美容の知識を知るために来ているわけではない」ということです。つまり美容師が、アミノ酸の配合分列や化学式、分解式をいくら勉強してお伝えしても、お客さまに満足していただくことはできません。

なぜなら、お客さまが望んでいるのは「美しい髪になった」という効果を実感することだからです。要するに、お客さまは「感動を買いに」来ています。そのためには、本当に結果が出る商材を作らなければならない。それが、僕の商品開発のすべてです。

ちなみに3年ほど前には、薬剤の勉強をするためにドイツに行ったこともあります。現地では某有名メーカーの本社工場内にある研究所で勉強をしました。

――それでは、どのようにULTOWAを作り上げたのでしょうか?

スタートしたのは2018年ですね。これまで学んだ知識を生かして試作品を作り、お客さまに了承をいただいてテストを繰り返しました。ちなみにその時、僕はフリーランスに転身していて、どこでも働ける環境だったので沖縄で2週間ほどサロンワークをしていたこともあります。実はこの行動もULTOWAを開発するためです。

沖縄の方々は日本人のなかでも、堅い髪質の方が多いので「沖縄の人にULTOWAが通用すれば、全国どこでも販売できるな」と思い、ULTOWAの運用実験をしました。また、都内のお客さまにULTOWAの試作品を体験していただいた時に、うれしい出来事もありましたね。

――それは、どのような出来事でしょうか?

その方は仕上がりにとても感動して、旦那さんに伝えてくださいました。そして、その方の旦那さんがなんと美容商材を作る工場を所有していて、後日「ぜひ、うちで作ってください」とお話があって(笑)。まさかこんな形で大切なパートナーを見つけることができるとは思っていなかったので、とてもびっくりしましたね。ちなみにテストは800回ほど繰り返しました。

――最後に今後の予定を教えてください。

今年の11月中旬に「silmere」というホームケア商品をリリースする予定です。silmereは、週に3~4回使っていただく今までにない新しい美髪維持のための家庭用アイテムで、これまで広く普及していたサロンでのシステムトリートメントが必要なくなってしまうほどの効果があります。

ちなみにsilmereとは、「silk(シルク)」と「cashmere(カシミア)」を合わせた造語で「シルクのような手触りとカシミアのような高級な纏いもの」という意味を持っています。

現在は提携サロンさまのみの販売を予定しており、ULTOWA同様に成分にこだわっている本当に魅力的な商品なので一度使ったお客さまは必ずまた使いたくなるはずです。そのため、サロンの再来率を上げる効果もあるかなと。すでに僕のもとに興味があるサロンさまから連絡が入っていて販売権利の争いが起こっている状況なので、リリースしたら初回の製造分はすぐになくなると思います(笑)。

サロン発のオリジナル商品を成功させる3つのポイント

サロン発のオリジナル商品を成功させるポイントをまとめると下記の3つでした。

1.高価な原料で質のよい商品を作りサロン目線の価格でご提供

2.試作品を作り、リアルなお客さまの毛髪で何度もテストを重ねる

3.ホームケア商品を開発し、サロンのリピートに貢献する

熱心に勉強を重ねてULTOWAを作り上げた原田さん。「これからもお客さまとサロンがともに笑顔になるような商品を作り続けていきたいですね」とやわらかな表情で話します。美容師が惚れるトリートメントに興味がある方は、「ULTOWA」そして「silmere」を体験してみてはいかがでしょうか。

Salon Data

ULTOWA office(ウルトワオフィス)

住所:神奈川県川崎市宮前区宮崎169
TEL:044-740-9476
MALE:ultowa.harada@gmail.com
Official HP:http://ultowa.com/
Instagram:@ultowa_treatment_official
公式LINE:@183pacau
※導入ご希望のサロンさま、フリーランス美容師さまは、公式LINEもしくはお電話にてお問い合わせくださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事