美容業界の応援メディア
ライフスタイル 2021-01-06

【フリーランスのライフスタイル】natsumiさんのゼロからの挑戦

シェアサロンの普及などに伴い、最近増えてきたフリーランスという働き方。「どのようにして生計を立てているのか?」興味がある方も多いはずです。そこで、実際に美容業界で活躍している現役のフリーランスにインタビュー。今回は、2020年の2月からフリーランスのヘアメイクアップアーティストとして働いているnatsumiさんに登場していただきました。

美容学校を卒業してからは、ヘアメイク事務所に所属してウエディングのヘアメイクとして働いていたというnatsumiさん。果たして、どのようにして現在のスタイルにたどり着いたのでしょうか?

後編では、フリーランスに転身してからスタートした活動などに迫ります。

結婚を機にゼロからチャレンジ。夫婦で福岡へ

――――フリーランスに転身した、きっかけを教えてください。

「結婚がきっかけになりました。夫と話合うなかで彼の出身が長崎だったこともあり『夫婦で九州に引っ越して思い切って挑戦をしてみよう!』と。

『何県に住もうか?』と考えた時に、婚礼がもっとも多いと思ったので福岡に引っ越すことを決めました。ちなみに、福岡にはふたりともまったく知り合いがいないので本当にゼロからのスタートですね」

――――現在は、どのような活動をされていますか?

「『かべのうらがわ』というユニットを組み、ブライダルの前撮りや後撮り、婚礼当日、七五三、家族写真などをメインに活動をしています。最近は、知り合いのつながりからお声が掛かって映像作品にも関わりました。その作品は、福岡で緊急事態が起こった時を想定した避難訓練のために製作された映像で、私の仕事はそのなかに登場するアナウンサーへのヘアメイクでした。

ちなみに、『かべのうらがわ』のコンセプトは『普段の2人をそのまま残す』です。私たちは、普段の日常を記録として残すことに意味があると感じています。写真を見た時に初めて、何気ない日々の大切さに気が付きますからね。

また、その人らしい表情があるので撮影で無理に要求された笑顔ではなく『1人ひとりの魅力が詰まった写真を撮れたらいいな』とも思っています!」

不思議な縁から実現した、思い出の地でのウエディングフォト

――――その他に「かべのうらがわ」として取り組んだ仕事があれば教えてください。

「屋外でのウエディングフォトを担当したこともあります。オーダーを下さった方は、以前お世話になったドライフラワー屋さんのご夫婦で、その時には撮影用のドライフラワーを作ってくださいました。

撮影場所が北九州の『平尾台』というスポットだったので、『草原をイメージして作ってほしいです』とお願いをしていて、結局、その撮影はキャンセルになってしまいましたが、おふたりから『最近結婚しまして、平尾台は思い出の場所なので、もしよかったら私たちを撮影してくれませんか?』と。とてもうれしかったので、『ぜひ撮らせてください!』とお返事をして(笑)。

ちなみに、下見に行った時に『夜景もきれいです』と、お年寄りのご夫婦から教わりました。そこで夜景をバックにした撮影もして、おふたりがとても喜んでくださったので『一生の思い出を作ることができる本当にいい仕事だな』と思いましたね」

to see behind walls!

――――ちなみにユニット名は、なぜ「かべのうらがわ」なのでしょうか?

「『かべのうらがわ』は、映画『LIFE!』のなかに出てくる言葉です。ある会社の社訓として登場してきて、全文は『To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life. 』。

~世界を見よ。危険に立ち向かえ。壁の裏側を見よ。もっと近づいて、お互いを知れ。それが人生の目的なのだから~

つまり『新しい挑戦をして、見たことがない景色を見よう!』という想いが込められています。私も夫もフリーランスとして動き始めたばかりです。大変なこともあるかもしれませんが、これからも力を合わせてがんばっていこうと思います」

フリーランスのヘアメイクとして活躍するための極意

ウエディングの仕事は2021年の予約が埋まってきているというnatsumiさん。フリーランスのヘアメイクとして活躍するための極意をまとめると、下記の3つでした。

1. 地道に腕を磨いて、現場で信頼をつかむ

2. 新しい土地に行き自分の力を試す

3. 挑戦を続けて見たことがない景色に出会う

ウエディングフォトを撮影したドライフラワーのお店とは提携をしているというnatsumiさん。「撮影では、商品のお花を飾りに使わせていただいています」と笑顔で答えてくれました。フリーランスのヘアメイクに興味がある方は、参考にしてみてはいかがでしょうか?

▽前編はこちら▽
【フリーランスのライフスタイル】natsumiさんのフリーまでの道>>

Profile

natsumiさん
インスタグラム:@natsumi___hairmake

かべのうらがわ
インスタグラム:@kabenouragawa

ドライフラワー専門店 Cot`e jardin 警固
インスタグラム:@cote_kg

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事