【子育て応援メソッド】ご主人が料理を作り置き! FORTEスタイリストRYOさん♯2

「子育て応援メソッド」今回は、静岡に拠点を置く美容室FORTEスタイリストのRYOさんにお伺いしました。

前編では、店舗併設でしかも保育料が無料という託児所について、産前産後のスタッフの協力体制、育休中でも家に居ながら勉強できる動画教育など、仕事と育児を両立するためのサロン側のサポート体制についてお伺いしました。この後編では、仕事と育児を両立するための「プライベートでの支え」について教えていただきました。ご主人は、お仕事がお休みの日に食事を作り置きしてくれるというかなりの育メンです!

お話を伺ったのは…
FORTE藤枝エピ店
スタイリストRYOさん

美容学校卒業後、FORTE入社。静岡県内の同グループサロン6店舗を経験。その間、ブライダルやテレビ局でのヘアメイクも担当。今年で16年目のベテランスタイリストで、2才の女の子のママでもある。

休みの日に平日の食事を作り置きしてくれる育メンパパ

「主人は料理も上手だし、買い物も掃除も家事全般何でもしてくれます」。

――お仕事がある日は、どんなスケジュールで動いていますか?

月曜は17時まで仕事ですが、水・木曜は15時までなので、お迎えに行くとまだお昼寝中のこともあるんです(笑)。夕食までに時間があるので、帰りに公園に寄って遊ぶことが多いですね。

――ご主人の育児参加状況はいかがですか?

育児にはとても協力的です。今日(取材日)もちょうどお休みなので、家で娘を見てくれています。 主人が娘と過ごしたいときは、託児所は利用せずにわたしだけ出勤して、主人に何か用事があるときは託児所に連れていきます。そのへんは臨機応変に対応してもらっています。

主人は、家事にもすごく協力的で、休みの日に平日の食事を作り置きしてくれるんです。わたしが仕事に行っている間に、買い物と掃除を済ませて、料理を作って待っていてくれる日も多いですね。 ふたりとも仕事の日は、作り置きしてくれたものをチンすればOKなので、託児所帰りに娘と公園に行けるのも、本当に主人のお陰なんです。独身時代から料理をしていて、その腕前はわたしより上手。お弁当のおかずにも詰めていきます。

――かなりの育メンなんですね。

ありがたいことに本当に育メンだと思います。結婚前に、「美容師なのでなかなか他の奥さんみたいに家事はできないよ」と伝えていたこともあり、家事・育児とも主人がかなりやってくれています。

――ご主人もご同業ですか?

いいえ、工場勤務で1週間に2回夜勤があります。でも、夜泣きもしないのでとくに夜間は問題ないですね。夜勤がある分、確実に週3日は休みなので、わたしの勉強会がある日も娘を見てもらえたり、スケジュールのやりくりがしやすいですね。主人はわたしの仕事にも理解があり、自由にやらせてもらえるので本当に助かっています。

――RYOさんはストレスがなさそうですね。

そうですね(笑)。もともとの性格もありますが、育児しながら仕事をすることに関してはまったくストレスはないですね。のんびり娘と過ごしたり、主人の休みの日は家族で一緒に遊びに行ったり。 わたしも主人も家でそんなにピリピリすることがないので、娘の情緒も安定しているのだと思います。

――ご主人の協力体制が強力なので必要ないかもしれませんが、ご主人以外に育児をサポートしてくれる方はいますか?

車で15分くらいのところに実家があるので、主人の都合が合わないときは、実家の母に娘を預けて仕事に行くこともあります。基本的に土日休みですが、土日しか来店できないお客様もいらっしゃるので、不定期で土日に出勤することもあるんですね。土日は託児所がお休みなので、実家の母を頼りにしています。

あとは隣の市に住んでいる姉家族に、娘を預かってもらうこともあります。 姉は子どもが3人いて全員中学生ですが、私がまだ実家にいるころに里帰りして子育てしていました。それを近くで見ていたので、自分の育児にとても役立っていると思います。

サロンのお客様からいろんな子育ての話を聞いたり、保育士さんがサロンを利用されるときにふだんは聞けない託児所での話を聞いたり。まわりに育児に関して知識のある方が多いので、育児に関して悩んだことはほとんどないですね。

将来を見据えて訪問美容の資格を取得

「ママになっていろいろサポートしてもらっているので、その恩返しとして若手スタッフの育成にも携わっていきたいです」。

――ママになってから仕事で変化したことはありますか?

生涯美容師でいたいという気持ちはずっと変わらないのですが、ママになってからは健康でいなければという気持ちが強くなりました。以前は、学びといったら技術面か薬剤のことでしたが、育児を通して健康であることの大事さを身をもって感じ、育休期間中に「予防医学セミナー」をオンライン受講しました。添加物のこと、健康でいるためにはどんな食事をすればいいのかなど、食育に近い感じでしょうか。

――ママになると食事に気を遣うようになりますよね。

親が与えるものが子どものすべてになるので、そこに対しての責任は感じます。 現段階ではまだですが、この先も学びを続けると予防医学関連のディプロマがもらえて、アドバイザーとして仕事にできるみたいです。 いままでは、お客様をきれいにしようと思って施術をしていましたが、きれいは健康あってこそ。それをお客様にも伝えられればいいなと思っています。

――仕事と育児を両立しながら、将来を見据えた行動もされているのですね。

そうですね。いま担当させて頂いている方の30年後を考えると、足腰が弱くなってサロンに行けないという状況も十分に考えられます。そうなったときに、今度は自分がお客様のいる場所に行けたらいいなと思って、訪問美容の資格も取得しました。自分の出産経験から、この状況で美容室に行くのは確かに難しいなと感じたことも、その原動力になっています。

――資格を取得して何か変わったことはありますか?

美容師は、サロンに来店されないお客様にも必要とされているんだなということが分かりました。実際に目の前にいる方だけではなく、ここにはいないお客様のことも考えられるようになりましたね。

実習で車椅子の方の介助を習ったのですが、もしサロンで具合が悪くて立ち上がれない方がいた場合、まったく知識がないより、勉強したいまの自分のほうが慌てずに対応できると思います。また、杖をついているお客様の対応も、いままでは近くに寄り添うことしかできませんでしたが、より良いサポートができると思います。今後、会社で訪問美容のサービスを開始するようなことがあれば、少しでも貢献できたらいいですね。

仕事と育児を両立するためのプライベートの支えは

RYOさんが仕事と育児を両立するために、プライベートで支えとなっているものは以下の3つです。

1.ご主人の強力な家事・育児サポート

2.両親や姉家族のヘルプ

3.訪問美容や予防医学など将来への投資

サロン併設で保育料無料の託児所や、育休中も自宅で学べる動画教育などサロン側の充実した育児サポート。さらに、平日の食事を作り置きしてくれるご主人や両親の強力なサポートを得て、仕事と育児を無理なく、楽しく両立しているRYOさん。ひとりでがんばらず、上手にまわりの協力を得ることがポイントだと感じました。

取材・文/永瀬紀子

1
2


Salon Data

FORTE藤枝エピ店
住所:静岡県藤枝市田沼4-20-16
電話:054-637-3970

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事