ママになったからこそ、ストレスのない働き方ができるようになった「gooen」代表・中村麻理さん

福岡の美容室「gooen」の代表を務め、予約の取れない人気店に成長させている中村麻理さん。前編では、当時小学校2年生と年長のお子さんを育てながら独立された中村さんにその経緯を伺いました。その独立の大きなきっかけとなったのは、下のお子さんが中度知的障害の診断を受けたことだったそうです。また1日6時間という短い営業時間でも、お客さまと信頼関係を築き、人気店となったポイントについてもお聞きしました。

後編では、ママになったからこそストレスのない働き方ができるようになったという中村さんに、そのポイントを伺います。何かをしながら考える「ながら考え」をやめる、決めたら即行動する、効率より楽しい方を重視するなど、工夫をしているという中村さん。その結果、仕事の時間が楽しく、息抜きにもなっているといいます。

今回、お話を伺ったのは…

中村麻理さん

美容師/「gooen」代表

東京にある美容室「morio」で13年間キャリアを積み、コンテスト入賞経験多数の実力派美容師として活躍。妊娠、出産を機に故郷の長崎にも近い福岡に移住し、「rocca」に3年間勤める。2021年12月に独立して「gooen」をオープン。開業から10ヶ月足らずで、予約のとれない人気店に成長させている。

ストレスをためないコツは「ながら考え」をやめ、決めたら即行動すること

中村さんのふたりのお子さん。今年、下のお子さんが小学生になり、子育ては新たなステージへ

――子育てと仕事を両立するうえで、ストレスをためないコツはありますか?

とにかくがんばり過ぎないことだと思っています。あとは悩む時間を減らし、決めたことはすぐ行動することが、ストレスにつながらないと気付いて。疲れるときというのは体力の問題ではなくて、「脳みそ」の問題、つまり考え過ぎだと私は思っているんです。なので何かをしながら考えごとをする「ながら考え」は絶対にしないようにしていますし、気持ちの整理がついたら、即行動するようにしています。もしそこでやってみてだめだったとしても、だめだということに気付けた前進だと私は思うんですね

――具体的に、ここ最近で即行動したことはありますか?

ちょっと前の話しなのですが、眉毛パーマがすごく気になっていて、このお店でメニューとして提供できたらいいなと思っていたんです。でもたとえば家事をしながら考えていても堂々巡りになって答えが出ないことが多いので、お休みの日にひとりでカフェに行ったときなど、まとまった時間のなかで考えるようにしています。それもこのカフェを出る2時間までに答えを出すというルールを作ってから考え出すんです。

それでカフェに行ったときに眉毛パーマについていろいろ調べてみたら、意外と簡単に資格がとれることがわかったので、そのときはカフェで申込みまで済ませてしまいました。もし受講してみて、実際には提供するメニューにならないとしても、自分にとって眉毛パーマが選択肢ではなかったと気付くだけなので前進だと私は思っていて。実際には私も気に入りましたし、眉毛パーマはメニューに加えています。このように悩むことの堂々巡りをやめるだけでも、ストレスは少なくなると思います

妥当な選択より、心が動く方を選択する

中村さんのご家族。美容師としての時間も、家族との時間もどちらも大切にしたいと中村さんは話す

――楽しく美容師を続けるコツはありますでしょうか。

自分にとって苦痛になる選択をしないことだと思っています。たとえば先ほどの眉毛パーマの例でいえば、私は美容師なので眉毛パーマのメニューを提供しなくてもいいわけですよね(笑)。でも自分がやってみたいと心が動いた。そういうことを大切に選んでいくと仕事がとても楽しくなります

お店を経営しているとどうしてもこっちのメニューの方が需要が高いだろうとか、妥当な選択をしてしまいそうになることもありますが、自分がやってみたいことを優先しています。その方が、子どもにとってもいい影響を与えるかなと思っていて。ストレスをためて悩んでいる姿より、楽しそうにしてる姿を見せる方が子どももうれしいと思うんです。「今日も疲れたけど、楽しかったよ」と言える自分でいたいと思っています

――ワクワクする方を選ぶということですね。

子育てはうまくいかないことの方が多いですし、せめて仕事くらいは楽しい方を選んで、深みにはまるのは育児だけにしようという気持ちで(笑)。そういう気持ちで仕事をしているので、仕事がストレス発散になっているところがあるかもしれないです。

お客さまと一生付き合える美容師でありたい

今、担当しているお客さまと長く付き合っていきたいと中村さん

――最後に今後の目標を教えてください。

先ほどもお話したように、スタッフを増やして店舗展開をしていくことと、もうひとつはお客さまと一生付き合える美容師でありたいという目標があります。自分のお客さまが骨折したときや病気をしたときにすぐ駆けつけられる美容師になりたいという思いから、福祉美容師の資格もとりました。もし自分のお客さまが施設に入ったとしても自分が切りに行ければいいと思いますし、変な話ですがお客さまが亡くなったときのお仕度もしてあげられたら、こんなにうれしいことはないなと。

私も今年38歳で、どんどん年を取っていきます。美容師の世界はやはり若い人が活躍する業界だと思っているのでそういう部分は若い人に任せて、自分は今担当しているお客さまと長く付き合うための準備をしていきたいと思っていますね。


中村さんが行き着いたママ美容師でも輝く3つのルール

1.「ながら考え」をやめて、決まった時間のなかで考えるようにする

2.気持ちが決まったら、即行動に移す

3.効率や売上より、自分が楽しいことを重視する

お話しをしていて感じたのは、美容という仕事が本当に好きだという中村さんの気持ちでした。でもその気持ちは、がんばり過ぎない、自分が楽しいと思えることを選択するなど、工夫をしているからこそ継続できていると感じましたし、その気持ちの裏には家族を思う中村さんの姿勢が見えてきました。ママとして働く方、美容師の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1
2


Salon Data

gooen
住所:福岡県福岡市西区姪の浜4-2-4-2
TEL:092-834-8417

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事