フェイシャルエステに行くときにメイクはしてもいい?エステに行く日のメイクで気を付けるポイントとは

フェイシャルエステに行く前にメイクをしていいのか、ノーメイクでもいいのか迷う人もいるかもしれません。

本記事では、フェイシャルエステに行く前にメイクはOKなのかについてや、エステに行く日のメイクで気を付けるポイントなどを紹介します。

フェイシャルエステに行く前のちょっとした不安や迷いを解決して思う存分エステを楽しんでいきましょう。

フェイシャルエステに行くとき、メイクは避けるべき?


フェイシャルエステに行く際は、基本的にメイクはOKです。フェイシャルエステの施術前に、エステティシャンがしっかりクレンジングしてくれます。

ノーメイクで行くのは抵抗がある人もメイクしていけるのであれば安心することでしょう。ただし、肌のダメージに繋がるような避けるべきことも一部あるので、以下で紹介します。

ダメージ肌の施術は避けるのがベター

レーザー脱毛後や顔そりのあとは、お肌にダメージがある状態です。そのため、このような処理をしたあとにエステに行くのは避ける方がよいでしょう。

フェイシャルエステでは、化粧品などのクリームを使って施術することがほとんどですが、敏感な状態になった肌に慣れない化粧品を使ったり、毛穴のピーリングやマッサージをしたりすることで肌が荒れてしまう可能性があります。

フェイシャルエステ当日に避けるべきこととは


ここまでの内容で、フェイシャルエステに行く際にメイクをしてもいいことはわかりました。しかし、当日に避けたほうがいいメイクや注意点があります。以下で紹介するのでチェックしてみましょう。

普通のクレンジングで落ちにくいメイク

フェイシャルエステでは、施術前にクレンジングでメイクを落とす過程があります。このときに、肌の負担になるようなウォータープルーフのメイクは避けたほうがよいでしょう。ウォータープルーフのメイクは落としにくく、施術時間も伸びてしまうかもしれません。

また、普通のクレンジングでメイクが落ちない場合、成分の強いクレンジングを使う場合も。肌への負担は余計にかかってしまうので避けておきましょう。

まつ毛エクステをしている場合は事前に相談

まつ毛エクステをしている場合は、エステティシャンに事前に相談しておくと安心です。フェイシャルエステの施術で使用するクリームなどで、まつエクの接着剤が溶ける可能性があるからです。

最悪の場合は、つけているまつエクがとれてしまうことも。このようなシチュエーションを避けるために、まつエクをつけているときは、フェイシャルエステの施術をサロンに断られることもあります。事前に確認しておきましょう。

コンタクトレンズはできれば避ける

フェイシャルエステの施術では、目元のマッサージをすることがあります。コンタクトをつけたまま施術することで目が負傷しないように、コンタクトは外さなければならないことがほとんどです。

コンタクトをつけている人は、エステサロンでも外せるようにコンタクトケースを持参するとよいでしょう。もしくは、あらかじめ、眼鏡で行くなどで対応することをおすすめします。

エステにノーメイクで行きたいけど、スッピンは恥ずかしい!そんな時のおすすめ対処法


ノーメイクで行くと、エステでのクレンジング時間短縮などメリットがあります。

エステに行くときは、施術前に落としてしまうならノーメイクで行きたいという人もいることでしょう。そんな人は、お肌を守るために日焼け止めだけは塗って出かけることをおすすめします。

また、できるだけノーメイクで行きたいけど、スッピンを見られるのは恥ずかしいという人もいるかもしれません。

このようなことで悩んでいる人は、どのように対策すべきかについて下記で紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

帽子/マスク

ノーメイクを人に見られないようにツバが広めの帽子をかぶるのもおすすめです。また、近頃はお出かけの際に必需品ともなっているマスクでも顔の大半が隠れるため、対策方法の一つになります。どちらか1つだけでも、顔の半分は隠れるでしょう。

2つとも合わせると、顔の大半は隠れるので、どうしても誰にもスッピンを見られたくない場合や、エステ前に外出する用事があるときなどはこのように対策するのをおすすめします。

サングラスやメガネ

普段のメイクが濃い目で、特にアイメイクに力を入れている場合は、スッピンでは落ち着かないこともあるでしょう。そんなときは、デカ眼鏡や丸眼鏡など個性的な眼鏡を使ってみることをおすすめします。

個性的な眼鏡を使うと、メイクしていない状態の目に対する他人からの目線を分散させられるでしょう。もしくは、サングラスで目元が見えないようにするファッションを楽しむのもよい方法です。

ポイントメイク

スッピンはいやだけど、施術前にクレンジングで時間がかかりすぎるのも面倒という人は、ポイントメイクで行くのもおすすめです。マスクをつける機会も多いので、眉毛をしっかり描くだけでもメイクをしている印象がでるでしょう。

ポイントメイクをするときは、クレンジングで落としやすい化粧品を使うとよいでしょう。また、マスクをつける際はマスクの色をピンクや柄のあるものなど華やかなものにするだけでも印象が明るくなります。

フェイシャルエステの施術後はメイクしても大丈夫?


施術後にメイクができるのかどうかは気になるところでしょう。結論としては施術のあとにメイクをしても大丈夫です。エステサロンによってはメイクルームが用意されていることもあるので、その場合はそこでメイクして構いません。

メイク道具に関しては、いくつか置いているサロンもありますが、置いていない場合もあるので、自分のものを持参しておくと安心です。

フェイシャルエステの施術後、スキンケアで気を付けたいこと


フェイシャルエステに行ったあとの美しい肌をできるだけ長く保つためには、どのようなケアをしたらよいでしょうか。フェイシャルエステ後のスキンケアで気をつけたいことを解説します。

紫外線対策

フェイシャルエステでは、専用のクリームや機械などを使って古い角質をきれいに落としています。そのため、肌はデリケートで無防備な状態になっているでしょう。デリケートな肌を守るには、そのあとの生活の中で日焼け止めをしっかりと塗ることが大切です。

紫外線による刺激を受けてしまうと、肌が荒れてしまう可能性も。肌を守るためにも日焼け止めを日々きちんと塗りましょう。

洗顔

エステできれいになったからといって、普段の洗顔を怠ってしまうと、毛穴の汚れが溜まりやすくなってしまうなどきれいなお肌を保つことは難しいでしょう。メイクはクレンジングで丁寧に落とし、日焼け止めや埃などを洗顔でしっかり落とす必要があります。

顔の汚れを毎日きちんと落とすことで綺麗な肌の状態を保ちやすくなります。洗顔をする際は、泡を立てて優しく洗うのがポイント。肌に負担をかけないようにぬるま湯で流していきましょう。

保湿

洗顔をしたあとは、しっかりとスキンケアして保湿することが重要です。エステでツルツルになったからといって油断せず、保湿することで施術の効果を長続きさせられるでしょう。

洗顔のあとにすぐに保湿をして、肌の水分が逃げないようにします。ゴシゴシと塗るのではなく、化粧水や乳液を優しく肌になじませていきましょう。塗るときは、清潔な手か、コットンなどを使用するとよいです。

エステサロンに行くときは控えめメイクで、アイテムを使って上手に隠そう。紫外線対策と保湿には万全に!


今回は、フェイシャルエステに行くときはメイクしてもいいのかについてや、エステに行く日のメイクの注意点などを紹介しました。エステに行くときにメイクをしても大丈夫ですが、クレンジングで落としやすいメイクがおすすめです。

スッピンで行く場合は、帽子やマスクなどのアイテムを使って上手に隠しましょう。エステは綺麗になるとともにリラックスできる空間でもあります。些細な疑問点でも事前にしっかり解決して気持ちよく来店しましょう。

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事

近くのエステ求人をリジョブで探す

株式会社リジョブでは、美容・リラクゼーション・治療業界に特化した「リジョブ」も運営しております。
転職をご検討中の場合は、以下の地域からぜひ求人をお探しください。

関東
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄