グルノーブル専門学校

なんと学費は他校の5割以下! グルノーブル美容専門学校 #1

専門課程2年間で92万円あまり。グルノーブル美容専門学校は、日本でもっとも学費がかからないところのひとつとして知られています。しかし調べてみると、費用が安いだけではなく、数々の特徴をもっているようです。

そこで、グルノーブル美容専門学校へ実際に伺い、生徒さんや先生方に直接取材してみることにしました。全3回にわたって、ご紹介していきます。

就職・結婚を経て、美容師へ

ph01_02_6m0a9705-min
専門課程1年生・柳沼倫瑠さん

埼玉県児玉郡神川町新里。グルノーブル美容専門学校はJR八高線の児玉駅から3.5kmほど離れた田園地帯にあります。「グルノーブル」といえばアルプスの麓にあるフランスの地方都市。三角屋根を持つ同校のキャンパスは、のどかな周囲の風景に馴染んで見えます。

第1回目は、現在専門課程で学んでいる柳沼倫瑠(やぎぬまみちる)さんです。柳沼さんは一度就職し、ご結婚もされてから、新たに美容師を目指して入学しました。

――美容師になろうと思ったきっかけから教えてください。

私は5年間、看護助手をしていました。入院患者さんたちの身の回りのお世話をする仕事です。あるとき、ずっと闘病生活を送っていた女性患者さんが外出することになりました。

少しでも綺麗になってもらいたいと、シャンプーしてブローして、少しアレンジもして、最後はメイクをしました。すると体は辛いはずなのに、元気になっていったんです。

その頃、自分は最終的に何を目指すのかなって迷っていて。病院だと患者さんがよくなっていく姿を見られても、「またいらしてください」とは言えませんよね。でも美容師なら言えると思い、転職を決意しました。

――グルノーブル美容専門学校を選んだ理由は何だったのでしょう?

やはり、まずは学費です。他校と較べてとても低いので驚きました。親やパートナー(ご主人)に負担をかけたくなかったので、ここなら大丈夫かなと。

それと、私は美容学校へ入る一般的な年齢よりだいぶ上(20代後半)なことがやはり気になっていて。説明会では、その辺も時間をかけて丁寧に聞いていただきました。ここには全国からさまざまな生徒さんが学びに来ていることを知って、安心しました。

グルノーブル美容専門学校には、専門課程・通信課程・高等課程と3つのコースがあります。生徒さんの年齢は幅広く、下は中学校を卒業したばかりの15歳から上は40歳代まで在学しているそうです。

夢は先生として戻ってくること

ph01_03_1-min

――入学してみてどうですか?

学科や実技など直接授業に関わることじゃなくても相談にのっていただけたり、放課後に練習していると他のクラスの先生でも教えていただけたりします。「ここで吸収できることは、目一杯何でも吸収していって」と言われました。

お客さんとしてサロンへ行っているときにはわかりませんでしたが、入学してみて、いざ自分がやってみると施術の難しさがよくわかりました。

また、そのときの流行とか常に情報を取り入れ、ずっと勉強していかなければいけない職業ですね。

――卒業後はどのような進路を?

高齢者や障害を持つ方の施設を回りたいと思っています。機会があれば被災地も行きたいですね。それから、ちょっと恥ずかしいのですが、将来は先生として学校へ戻ってこられたらというのが、いつになるかはわからないのですけど(笑)、夢です。

まとめ

柳沼さんが「グル美」に決めたのは、学費の安さだけでなく、年齢的な懸念もクリアできそうだったから。先生という夢が叶うとよいですね。第2回目は、学費を自分で納めているという細尾瑞喜(ほそおみづき)さんの登場です。

school Data

グルノーブル美容専門学校

平成15年(2003年)創立。専門課程、通信課程に加え、全国でも数が少ない高等課程があり、高い就職実績を残している。

0120-223-656(受付時間:平日9:00〜21:00)
〒367-0223 埼玉県児玉郡神川町新里1368-13
HP:http://gurubi.jp/

一人でも多くの人を美容師の道へ! グルノーブル美容専門学校 #2>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

グルノーブル専門学校
この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事