美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-07-02

エステティシャンの専門用語事典か行

エステティシャンとして働くならば、しっかりと身に付けておきたい業界用語。今回はエステ専門用語の「か」行をお送りします。

カウンセリング

カウンセリングとは、エステサロンなどで行われるクライアントとエステティシャンとの対話のことで、ヒアリングとも呼ばれます。主にトリートメントの前に行われ、クライアントの抱えている肌やボディラインの悩みを聞くことから始まります。その後にエステティシャンが行うのはクライアントのその日の体調や悩みに合わせて、ベストと思われるトリートメントのメニューを提案するプレゼンテーションです。このようにカウンセリングを行うことはクライアントの緊張をほぐし、円滑にトリートメントを行うための土台になるのです。 時にはトリートメントの後にもカウンセリングを行う場合もあります。その場合は、クライアントが健康や美容に効果のあるドリンクを飲む間に、トリートメントの効果や日常的に行えるセルフケアについての説明を行うことがあります。

カオリン

カオリンとは、粘土鉱物の一種であるケイ酸塩鉱物のことです。別名カオリナイトとも呼ばれていて、カオリンを砕いて精製された粉末を使用して、美容用のクレイパックのベースが作られます。花崗岩が風化したことでできたカオリンが主成分のクレイパックは吸収作用があり、老廃物を取り除くとともに新陳代謝を上げて、肌の血行をよくする効果があります。その上、強い収れん作用があるため、余分な皮脂や汗を吸収するので肌の引き締め効果も高くなるのです。したがって、脂性肌の人には吸収、収れん効果の高いカオリンのクレイパックの使用が推奨されています。 さらに、カオリンは殺菌作用があるため炎症を抑えるのにも効果があり、パウダー状のファンデーションなど化粧品のベースにも使用されています。

カッピング

カッピングとは、コップの形状で作られた容器を皮膚に装着して吸引する施術方法のことです。別名「吸玉療法」とも呼ばれていて、中国の民間療法のひとつであり、日本でも平安時代から使用されていたといわれています。現在はエステで使用されています。 コップ形状の容器の素材はガラスやプラスチックです。そして、その容器を腹部や背中の上に置き、中を真空状態にすることにより皮膚を吸引します。吸引して刺激を加えることによって、体内に停滞した血液やリンパなどの体内物質の循環を促す効果があります。したがって、リンパに働きかけることで老廃物の代謝が促進されるため、表面的なコリが解消されて、しかもツボを刺激することによって内臓の諸器官を活発化させるのです。その他に関節の動きをなめらかにしたり、神経系の働きを正常にしたり、皮膚の弾力性を取り戻したりするなど様々な効果が期待できます。

岩盤浴

岩盤浴とは温めた岩盤の上に横たわって身体を温める、湯水を使用しない温浴法のことです。 古代中国では、紀元前数千年も前から温石療法が行われており、それが岩盤浴の由来となっています。岩盤浴では天然の鉱石を心地よいといえる程度の温度に温め、その上にやけど防止のバスタオルなどを敷いて15分程度温めます。そして、休憩と水分補給を行い再び入浴することを繰り返すことによって、温められた鉱石から発する遠赤外線の効果で身体の奥まで熱が伝わるのです。それで、サウナ以上の発汗作用が得られるため、デトックス効果やヒートショックプロテイン増加効果、がん予防効果などが期待できます。新陳代謝を促進することで、自然治癒力が高まりダイエットにも効果的です。

キャリアオイル

キャリアオイルはベースオイルとも呼ばれ、アロマテラピーにおいてエッセンシャルオイルを希釈するために使用される植物油です。エッセンシャルオイルは植物の花や葉、茎などから作られます。一方、キャリアオイルは天然の植物の実や種から抽出して作られています。 人間の皮膚や身体の細胞はオイルを多く吸収しやすい性質でできています。良質の植物油であるキャリアオイルは肌への浸透性が高いため、その働きによりエッセンシャルオイルが肌の隅々にまで浸透するのを助ける作用もあるのです。したがって、エッセンシャルオイルをキャリアオイルで希釈して塗布することで、皮膚の状態を健康な状態に保つことができます。しかも、精油の成分を確実に素早く吸収できる効果が期待できます。

クーリングジェル

クーリングジェルは、エステで使用する冷たい感触のジェルです。フェイスやボディマッサージ、または脱毛後に使用するもので、血行やリンパの流れに働きかける効果があります。クーリングジェルは脱毛施術の際にも使用されていて、肌を光の刺激によるダメージから守ることによって脱毛の痛みを抑えます。その他に、炎症などの肌トラブルを抑えるためにも使用されているのです。また、サーマクールや超音波美顔など、リフトアップ美容の施術後に皮膚の状態を整えるために使用するケースもあります。 塗布部位を温めて脂肪燃焼を促すホットジェルと組み合わせて使用する場合が多いです。そのため、ホットジェルで温めたあとにクーリングジェルで部位を冷やして引き締めるというパターンが一般的です。

クリームバス

クリームバスとは天然成分由来のクリームを使用したマッサージのことで、インドネシアの民間療法が由来とされるバリエステの一種です。フルーツやハーブなどの天然の植物から作られたクリームを使用して頭皮をマッサージします。そして、専用スチームを使用して、栄養を頭皮と髪に吸収させていきます。したがって、マッサージでツボを刺激することの他に、血行を促進させることで健康な頭皮や髪の毛を作ることにもつながるのです。クリームバスでは頭皮だけではなく肩や腕、背中やハンドのトリートメントを行うこともあり、リラクゼーション効果が高くなります。 力強いマッサージとクリームの香りの良さで日本でも流行現象が起こりました。そのため、メニューとして扱っているエステやスパも多くあります。

ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム温浴とは、温水に有機ゲルマニウムを溶かして手足を浸す部分温浴方法のことです。温水は42~43度に設定し、末梢神経の集中している両手と両足だけをその中に浸します。身体を温めることによって、発汗作用や身体の中の余分な老廃物や脂肪が排出されるので、デトックス効果が得られます。また、血流が良くなるため代謝が上がる効果もあるのです。有機ゲルマニウムは皮膚から吸収されると体内に酸素を増加させます。それで、血液の浄化と体質を疲れにくい弱アルカリ性体質へ変える補助を行い、細胞が活性化して自然治癒力も高まります。 健康と同時にアンチエイジング効果もあり、その上、運動なしで新陳代謝が上がる効果もあるため老若男女に人気です。

高周波エステ

高周波エステとは、高周波エネルギーを出す機器を用いた施術のことです。ラジオ波やRFなど高周波の電気の力で身体の内部に刺激を与えて脂肪を溶かす効果があります。 低周波の電気は肌の奥まで電流が届かず筋肉の収縮には繋がりません。しかし、高周波の場合、皮膚の約4cm程度の奥まで電流が届いた場合は筋肉が収縮するのです。したがって、筋トレと同じような効果が得られて、しかも脂肪の燃焼につながります。また、高周波エステでは、細胞を活性化させることによって熱エネルギーを発生させ、皮膚や脂肪の奥深くまで働きかけます。体の奥深くから体温を3~5℃程度まで上げていき、さらに、部位によっては7℃まで上げることが可能です。そのため、高周波エネルギーによって代謝を上げることで、痩せやすい体へと導きます。

ゴマージュ

ゴマージュとは、肌に蓄積した古い角質を取り除くためのスキンケア製品や方法のことです。ゴマージュという言葉の語源はフランス語で「こする」や「優しくそぎ落とす」といった意味があります。天然ハーブやひまわりなどの植物種子、ソルトやこんにゃくなどを原料とした小さな粒子を使用して、肌の上で転がすことで古い角質を落としていきます。ゴマージュの使用成分は、酸性の天然の原料を使用した薬剤で角質を溶かすピーリングとは異なる成分です。ゴマージュは肌に残った汚れや角質を穏やかに除去しながら、肌の状態の改善と肌本来のターンオーバー(肌の新陳代謝)機能の活性化を行います。ゴマージュは繊細な技術が求められる施術方法です。エステのメニューとしても使用されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事