美容業界の応援メディア
コラム・特集 2018-11-16

加圧インストラクターの収入はどれぐらい? 年収を上げるための方法をお伝えします

現在は健康志向や美容目的でジムに通う人も増えており、加圧トレーニングが注目されています。

加圧トレーニングとは、腕や足の付け根に圧力をかけながらトレーニングすることで力のない人でも効率的に体を鍛えることができるトレーニング法です。

ジムトレーニングにおいても、一般の人もトレーナーに指導してもらうのも珍しくない時代となりました。ジムトレーナーという職業の認知度も上がり、テレビ出演するような人気のトレーナーともなれば「予約◯ヶ月待ち」ともなるほどです。

当然、それほどに人気のトレーナーになることができれば、大きな収入を得ることも夢ではありません。では、一般の加圧インストラクターでも安定した給料をもらうことはできるのでしょうか?

加圧インストラクターの具体的なお仕事内容についても、詳しくご紹介していきます。

加圧インストラクターの給料・年収はどれぐらいなの?


まず、気になるのがお給料事情ではないでしょうか。どこかのジムに所属して正社員として働くのと、自分でジムを運営したり、フリーランスで活躍するのでは収入は変わってきます。

加圧インストラクターの給料・年収

ほかのフィットネス系トレーナーの給料と比べたとき、正社員の加圧インストラクターの初任給はあまり変わりはありません。

給料相場としては、月20万円〜と決して高くはない金額となり、サラリーマンのような夏と冬のボーナスが出るところは少なく、年収でいうと250万円ほどになります。

しかし、努力や働き方次第で、給料を増やすことは十分に可能です。

働き方による給料・年収の違い

働き方次第で給料を増やすことができる、というのは具体的な金額としてどれくらい違ってくるのでしょうか。

雇用されている場合の給料

雇用されている場合、20万円〜が月のお給料の目安となります。ですが、トレーナー経験があったり、役立つ資格を既に持っていることで、優遇され基本給にプラスされることが多いようです。

加圧インストラクターはマンツーマンで指導することが多く、接客スキルやサービスによってあなたを指名してくる固定客が付いてくると、月給とは別に「インセンティブ」と呼ばれる成果報酬を貰うこともできます。

アルバイトとして働く場合の給料は、時給制のところが多く、時給1,000~1,500円が相場となります。

しかしアルバイトは正社員と違い、インセンティブがつかないことが多く、加圧インストラクターとして仕事をするのであれば、正社員になることをおすすめします。

お店を開業した場合の給料

お客様が多くついてきた場合、お店そのものを開業してしまうというのも、ひとつの選択肢となります。

当然、自分でお店を開業した場合は、売上がそのまま給料に影響してくるので、多くの売上を立てることで、雇用されるよりも大きな収入を目指すことも夢ではありません。

ですがその反面、テナント代や設備投資、人件費など多くの経費がかかってくるようになるので、トレーナーとしての腕もさることながら、経営者としての腕も問われることになります。

お客様を集めることができなれけば、収入がゼロになってしまう可能性もありますので、お給料が上がるも下がるもあなた次第だといえるでしょう。

加圧インストラクターの収入を上げるための方法3つ


誰でもできるトレーナーとして収入を増やせる3つの方法をお伝えしますので、ぜひチャレンジしてみてください。

資格を取得する

トレーナーのなかには資格やライセンスもなく、すぐにはじめることのできるものもありますが、加圧トレーニングの場合は「KAATSU JAPAN」のライセンスを取得する必要があります。

ジムに通うお客様は「加圧トレーニングをするため」に来ているのではなく、「引き締まった体になりたい」「試合が近いから追い込みをかけたい」などさまざまな目標があり、目標達成のために通っています。

そのため指導に必要な知識を広く知り、お客様ひとりひとりの目標達成に繋がるようなサポートをすることができれば、トレーナーとしての信頼をえることができるでしょう。

そして結果的に給料アップに繋がり、トレーナーとしての成功を実現することができるのではないでしょうか。

加圧インストラクター以外の資格も取得しておくことで、さまざまな面で有利に働くことがあります。

マッサージができる資格を取得する

マッサージ系の資格は、筋肉のつながりや血管、リンパの流れなど体の仕組みなどを学ぶことができ、体の構造の知識を得ることができます。

正しいマッサージを行なえば筋肉痛の回復なども効率的に行えるようになるので、加圧インストラクターにも有効的な資格といえます。

本格的な資格を目指すのであれば、「あんまマッサージ指圧師」「柔道整復師」の国家資格がありますが、専門学校に通うなどして勉強しなければ習得は難しく、時間がかかってしまうのが難点です。

マッサージ系の資格ですと、民間資格などもあり、急ぎで取りたいと考えている人にはおすすめです。なかでも「整体ボディーケア」「リンパドレナージュ」などの資格は、通信教育で学べるので働きながらでも資格が取りやすいでしょう。

スポーツ指導ができる資格を取得する

日本スポーツ協会では、さまざまなスポーツ指導者を育成するための場が設けられており、「公認スポーツ指導者」の資格を取得することで、アスリートを指導する立場になった時、よい指導ができるようになるでしょう。

また、「フィットネストレーナー」「スポーツリーダー」といった資格もあります。指導していく上で基礎となる知識から、もしもの怪我の対処方法まで学ぶことができます。

さらに、スポーツ系でも医療や福祉についての知識を身につけたい人は、「アスレチックトレーナー」「スポーツ栄養士」の資格を目指してもいいでしょう。

専門的な資格と加圧トレーニングを組み合わせることで、ほかのトレーナーと差別化することができます。

独立開業をする

さきほども少し触れましたが、雇われて働くよりも独立して働くほうが給料が高くなる可能性があります。しかし、なんの知識もない状態でいきなり開業をするのは、よい選択とはいえません。

開業をするにはトレーナーとしての知識や経験はもちろん、開業するにあたってどのようなことをすればよいのかなども気にしなくはいけません。しっかりと基礎を身につけてトレーナーとして、一人前になってから独立を考えましょう。

お店を開く

自分でお店を開くことできれば、お店に手数料を取られない分収入がアップします。

ただしお店を開くためには、あなたのトレーニングの腕を信頼して、ついてきてくれるお客様がいる必要があります。

また、店の修繕費・維持費や経費など店を経営していくうえで、必要になる費用の計算や管理も大切になります。

開業するために必要な基本的な知識も備えておかなければなりません。

業務委託として働く

ひとつのスタジオに専属トレーナーとして所属するわけではなく、フリーランスとしていくつかのスタジオで業務委託を受けて働くという方法もあります。

業務委託で働くと、いろいろな地域で働くことができるので、その分多くの地域でお客様と交流することができ、あなた自身のお客様を獲得しやすくなるというメリットもあります。

トレーナーとしての腕を磨き、人気を集めてから独立するのもひとつの手なのではないでしょうか。

転職をする

独立するまでの勇気はないけど、収入は増やしたいという人は転職を考えてみてはいかがでしょうか。長く働いても給料が上がらないような状況が続いているのであれば、思い切って転職してみるのも手かもしれません。

これまでよりもよい条件で働ける可能性がありますし、新たな環境で一からスタートすることで自分の気持ちをリセットすることもできます。

大手のお店で働く

大手のジムでは、経験や保有資格を考慮して、優遇されるところが多いです。トレーナーとして働いていた経験があれば、未経験ではじめる方よりも高い金額を給料としてもらえる可能性もあります。

一度求人サイトで今の給料と比較してみてはいかがでしょうか。

収入を上げるために事前に確認しておくべきこと


加圧インストラクターとして活躍するためには、最初に押さえておくポイントが2つあります。収入を上げたい人はぜひチェックしてください。

地域のニーズを把握する

当然のことですが、地域によってジムに通うお客様のニーズや層は変わってきます。加圧トレーニングは、若い女性にも注目されているため、客層は女性も多いです。

そのなかからさらに詳しくみると仕事帰りのOL・モデル・主婦など、地域によってもそれぞれお客様の傾向は変わってきます。

まずは、地域にどういう特性があって、どんなお客様がジムに来るのかを調べてみてください。

もし独立して自分のお店を持つような場合は、チラシや看板のデザインも地域によって変わってくるのでとても重要です。

ジムの周りにどんなお店が多いか、どういう人が町を歩いているのかなど外の様子にも目を向けてみましょう。

地域のニーズをしっかりと把握して、地域の客層に合ったトレーニングスタイルを作っていくことができれば、より支持されるトレーナーになることができます。

分かりやすいトレーニング方法をみつける

加圧トレーニングは体に圧をかけるため、曖昧な知識だけではお客様を危険にさらすことになります。筋肉トレーニングの知識だけでなく、体の仕組みについての知識も必要になってきます。
お客様もスポーツ選手からリハビリ中の方までさまざまな方が通われるので、それぞれの悩みや目標に合わせた専門的な知識を持ち合わせおくことで、トレーナーとして成功することに繋がるでしょう。

担当するお客様に長くジムに通ってもらう必要があるので、そのためにはわかりやすく、お客様のレベルに合った魅力的な指導をすることが重要になってきます。

トレーニング方法はワンパターンだけでなく、お客様のレベルや状態に合わせて調整できるようになるとよいでしょう。

加圧インストラクターは働き方次第で収入をあげることができます

加圧インストラクターは、あなたの努力次第で給料がアップする可能性のあるお仕事です。

まずは、働く環境を見直し、収入が適正であるか判断をしましょう。経験も浅く、資格も持っていないのであれば、一定の期間は今のお店で結果を残しつつ、その間に資格も取っておくことで次のステップにも進みやすくなります。

長くトレーナーとして働いてきた方であれば、フリーランスや独立開業して働くという選択肢を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ほかの有名なトレーナーの指導を受け指導方法を取り入れたり、あなたらしいトレーニング方法を作ることでも集客に繋がります。

加圧トレーニングは、普通のジムトレーナーとも差別化ができる職業です。収入面に関してもあなたの努力次第で大きく変わってくることでしょう。

監修:KAATSU JAPAN(http://www.kaatsu.com/

出典元:
KAATSU JAPAN
リジョブ
indeed
加圧インストラクター

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事