いつか来る日のために! 美容師が独立・開業する前に知っておきたいポイントまとめ

美容師が独立開業する場合はしなければならないことが多いので、準備するべきポイントを把握する必要があります。いざ独立開業することになったときに慌てないように、しっかり頭に入れておきましょう。今回はコンセプトを決めてからおすすめの資格取得まで、準備することについて解説します。スムーズに独立開業するためにも、しっかり学んでおきましょう。

美容師としてたどり着いた場所! 独立開業した先輩に話を聞いてみよう!

美容師の働き方は多様で、サロンに勤めるケースやフリーになるケース、独立開業するケースなどがあります。独立開業に憧れる美容師は多く、開業の仕方はさまざまです。

種類としてはすべてを自分で決めるオリジナル型、美容師と契約を結ぶ業務委託型、勤めていたサロンと契約を結ぶのれんわけ型、フランチャイズ型などが挙げられます。まずは独立開業をした先輩に聞いてみるのがいいでしょう。

 

美容師が独立・開業する前に知っておきたいポイントまとめ

美容師なら一度は考える独立ですが、具体的にどう行動に移したらよいのかわからない人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独立に備えてどんな準備をしておけばいいのかポイントを解説します。知っておくことで将来のビジョンが明確になり、行動しやすくなるでしょう。コンセプトを決めてから資格取得まで、詳しくご紹介します。

どんなサロンにしたい? コンセプトを決めよう

まずはどんなサロンにしたいのか、コンセプトを決める必要があります。ターゲット層や目的を定めると、サロンのイメージが明確になって準備を進めやすくなるからです。

たとえば若い女性に癒しの空間を提供したいなら、可愛さがありつつも落ち着く空間づくりが求められます。家族連れでも利用できるサロンの場合は、カラフルな内装や子ども用のおもちゃが必要です。

ターゲット層や目的次第で、できあがるサロンの完成形は大きく異なります。コンセプトを決めたうえで内装やメニューの準備をおこなえば、流れがスムーズになるでしょう。

独立にはどれくらい掛かる? 資金調達をしておこう

コンセプトを決めて内装やメニューをあれこれ考えるのは楽しいですが、独立開業には資金が必要です。資金がないと、イメージするサロンを作ることができません。独立にどれくらいかかるか試算しつつ、補助金・助成金なども考慮して資金調達の準備をしましょう。

家賃や内装工事費、設備費などを合計すると2,000万円を超えることもあります。独立したばかりの人は銀行から融資を受けられないため、2,000万円もの大金を用意するのはかなり大変です。補助金・助成金を使う場合はいくらもらえるのか、どんな補助金が使えるのかを把握しておきましょう。

ターゲットに合った立地とは? 物件を探そう

コンセプトで打ち出したターゲットや目的に合った立地の物件を探すのは大変です。詳細な場所までは決めなくてもよいので、大体のエリアを絞っておきましょう。家賃は出店するエリアによって大きく変わるため、必要な資金を計算するためにも早めに絞っておくことをおすすめします。

ターゲットが若い女の子なら駅近など立地のよい場所、家族連れなら車で来られるように駐車場がある場所などが適した立地です。目的によっても選ぶ物件は変わり、完全予約制の大人なサロンを作るなら狭くても問題ないですが、にぎやかなサロンを作るなら広めの物件を選ぶ必要があります。

サロンに必要なものとは? 内装と設備を選ぼう

サロンに必要なものはたくさんありますが、準備しなければならないものには雰囲気にあった内装と設備が挙げられます。リラックスできる雰囲気のサロンなら、内装には観葉植物や熱帯魚などがあるとよいでしょう。サロンによって内装に必要なものは違うので、雰囲気に合わせて準備してください。

必要な設備はセットイス・シャンプー台・デジタルパーマ機など大型のものから、アイロン・ドライヤー・シャンプー・トリートメントといった細々したものまであります。サロンをオープンしたあと、慌てることがないように、事前にいいものをそろえておきましょう。

サロン開業に必要な手続きや届について確認しておこう

サロンの開業は、各自治体の保健所で手続きが必要です。また、開業したときには開業届を出さなくてはなりません。

手続きの流れは、事前相談・書類の提出・施設の検査の順です。事前相談では保健所へ行き、サロンの構造が法律上問題ないかを確認してもらいます。サロンの図面をチェックし、確認を終えたら書類の提出と施設の検査がおこなわれます。

無事に開業が済んだら1カ月以内に開業届を提出しましょう。従業員を雇う場合には、開設届出書など提出しなければならない書類が増えます。どんな風にサロンを経営するのか、あらかじめ決めておいてください。

独立開業したらお金の管理も必要に! 確定申告について知っておこう

独立開業をしたら、お金の管理を自分でおこなわなくてはなりません。とくに重要なのが、確定申告です。確定申告とは納税額を計算して申告する手続きのことで、毎年おこなう必要があります。申告した額によって次年度の税金額が変わるため、とても重要な手続きといえるでしょう。

確定申告は青色申告と白色申告にわかれていて、青色申告のほうがメリットは大きいです。最大の利点は65万円分の控除を受けられることで、課税所得が減るため、節税効果があります。控除額が大きいぶん、提出する書類の数は白色申告よりも増えるので注意が必要です。

お客様を呼び込むには? 集客方法も考えておこう

集客方法についても考えなくてはならないでしょう。若い女の子がターゲットの場合は、インターネットを駆使するのがおすすめです。予約ができるサイトに登録しておくと、気軽に予約ができるので顧客を獲得しやすくなるでしょう。

ほかにもInstagramやTwitterなど、SNSも若い女の子を集客するのに役に立ちます。家族連れなどサロン周辺に住む人を取り込むのであれば、ポスティングがおすすめです。初回限定のクーポンをつけると、より効果的でしょう。既存のお客様を連れて行きたい場合は、今のサロンに相談が必要です。どれくらいアプローチが可能か、オーナーと話し合い決めてください。

トータルビューティーサロンを目指すには? 資格取得なら今からでも可能

サロンでは美容師の技術に加えて、まつエクやネイルなどのサービスがあるとより集客が見込めます。美容師免許がなければいけないまつげ関係の資格やネイルなど、プラスアルファの技術取得も開業前に考えておきましょう。

短期間のスクールや通信講座が充実していて、なかには今から資格取得をはじめられるものもあります。たとえばまつエクをするアイリストは、最短1日で技術を身につけることが可能です。トータルビューティーサロンを目指して、早めに資格取得を目指すとよいでしょう。

スムーズな独立開業のために! 準備は早めにはじめよう

独立開業のためにしなければならないことは、たくさんあります。コンセプト決め、資金調達、物件探し、内装や設備の選択など少しずつ準備を始めましょう。お金の管理も自分でおこなうため、確定申告の理解や資格取得などサロンでの仕事以外にもやるべきことは多いです。早めに準備して、ぜひ納得のいくサロンを開業してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事