子どもを持ったからこそ、仕事の全体像が見えるように成長! ダイヤモンドアイズ ルミネ横浜店 副店長 堤 美奈子さん #2

東京、神奈川、埼玉に10店舗のサロンを展開している『ダイヤモンドアイズ』。いずれのサロンも駅チカという好立地にあり、しかも高い技術力で多くのファンを獲得しています。このダイヤモンドアイズ ルミネ横浜店に勤務する堤さんのワーキングママぶりを前編・後編の2回にわたってご紹介します。

前編では、妊娠・出産によって今まで築き上げた店長という役職がなくなり、給料もダウンした堤さんが、復職してから「失っもの全てを取り返す!」と決意するまでをご紹介しました。後編では、復職してから仕事への取り組みがどのように変わったのか、お子さんとの時間をどのように確保しているのかなど、仕事と育児をうまく両立するコツを伺います。

お話を伺ったのは…

ダイヤモンドアイズ ルミネ横浜店
副店長 堤 美奈子さん

美容専門学校を卒業後、アイリストとしてまつ毛パーマやまつ毛のエクステンションなどの施術を行う。2000年にダイヤモンドアイズに入社し、2つの店舗で店長を経験。現在は副店長として再びキャリアを構築中。

自営業になった夫が育児をサポート。今は仕事に全力集中!

——お子さんを保育園に送り迎えするのはどなたですか?

いまは夫が担当しています。ずっと会社に勤めていましたが、9か月前にフリーランスの建築士になり、自宅で仕事をしているんです。今、私は30分の時短勤務をしていますが、これだけの負担で済んでいるのは彼のおかげ。感謝しています。

保育園は8時半から18時半までなので、その間に彼は家で仕事をして、保育園から戻ってきたら子どもの相手をしてくれているんですよ。

——家事や育児をサポートしてくれる人はいないんですか?

私と夫の二人だけです。たまに実家の母が子どもを見てくれるので、そのときを狙って夫と2人で出かけることもあります。

——お子さんとの時間は、どのタイミングでとっていますか?

夕食をとってから眠るまでの時間ですね。子どもにピタッとくっついて絵本を読んだり、ブロックで遊んだり。夫がフリーになるまで私が保育園の送り迎えをしていましたが、この時間は子どもと二人っきりになれるとても良い時間だったんですよね。その当時は「大変」としか思えませんでしたけれど(笑)。

今でもたまに、「今日は私がお迎えに行く」と夫に言って、仕事帰りに子どもを迎えに行くこともあるんですよ。育休中は24時間ずっと子どもと一緒でしたが、復職してから離れる時間が増えて、「早く会いたい」と思うんですよね。さらに愛おしくなりました。

子どもを持ってから完璧を求めすぎず、自分にもスタッフにも大らかに

休日には三人で外出。
仕事から離れたキラキラした時間なのだとか

——お子さんを持ってから、仕事に対する考え方などは変わりましたか?

完璧を求めすぎていたと思います。自分にも厳しかったし、スタッフにもモチベーションを高く持つように求めていました。この考え方は間違っていないと思いますが、もっと大らかに、肩の力を抜いても良かったな…と今になって思います。

今は店長ではないけれどベテランだし、他のスタッフに比べると年上という立場にあります。そのせいか、いろいろと相談されることが増えました。みんながより良い状態で、質の高い営業ができるように、私の経験を生かしてサポートできればと思っています。

——今、堤さんは店長を目指していますが、どんな店長になりたいですか?

以前は売上・顧客・満足度が命でした(笑)。時短勤務のスタッフがいたときは、彼女の退社時間ギリギリまで予約を入れていたんですよ。店長を降りて時短勤務を経験して、初めて分かったことが多いですね。「もっと配慮してあげれば良かった」と反省しています。これからはスタッフを大事にしたいですね。

——仕事と育児を両立する難しさと楽しさを教えてください。

夫がフリーランスになるまでは、とにかく忙しかったですね。朝から翌朝まで24時間ワンオペで家事と育児をこなしていたので、自分の時間は持てませんでした。復職してから、子どもと離れる時間が私にとってリフレッシュする時間になって、子どもがいっそう大切な存在になりましたね。全てに全力疾走している感じですが、それが私らしいと思いますし、働くことでキラキラしていると感じます。

家事も育児も無理をしない! お金でラクになれることはガマンしないのがコツ

パートナーが公園へ子どもを連れて行ってくれるときが、
堤さんの自分時間に

——育児や家事でこだわっていることはありますか?

子どもの「ママ来て!」「ママ見て!」の声が聞こえたら、何があっても手を止めて飛んでいきます。家事に関しては無理をしないこと(笑)。お金でラクになれるなら、ガマンしないでお金を使います。例えば、夕食の支度が遅くなるんだったらデリを買って済ませたり、食器を洗うのが面倒だったら食洗機を買ったり。手を抜けるところは無理をしません。

——パートナーとはどんなタイミングで時間をつくりますか?

子どもを寝かしつけた後ですね。二人で映画を観たり、子どものことやその日の出来事などを話しています。

——どんな家族が理想ですか?

夫とはずっと仲良く、家事も育児も協力し合える関係でいたいですね。そのためにも、お互いを否定しないで尊重し合わないといけません。自分の思い通りにならなくても、価値観を相手に押しつけないように注意しています。

——どんなお子さんに育ってほしいですか?

自分に自信があるけれど、それを表に出さない謙虚さがある優しい子に育ってくれたらうれしいですね。あとは、やりたいことがあるのにガマンしたり、諦めたりしないでほしい。何にでもチャレンジできる子どもになってくれるといいですね。

仕事と育児のバランスを上手に取るポイント

1. 仕事では自分にも相手にも完璧を求めすぎない

2. お金でラクをできることはガマンしない

3. 「辛い」と感じたら、ため込まずに伝える

パートナーがフリーランスになり、育児の負担が軽くなった堤さん。お子さんが成長してゆとりができたからこそ、職場でも家庭でも全体を見渡せるようになったのかもしれません。

「ゆとり」をつくるには、工夫も必要です。自分にも相手にも完璧を求めすぎると、負担が大きくなり、人間関係もギクシャクするもの。それぞれのペースを尊重し合うことも大切です。家事も育児もゴールはありません。だからこそ手を抜けるところは抜いて、ラクするのが一番。それでも負担を感じたなら1人でため込まないで、パートナーと話し合いましょう。

堤さんも育休中にワンオペでキツかったときは、パートナーに「自分の時間がほしい」と伝えたそうです。2人で話し合った結果、パートナーは休日になると子どもを公園に連れ出してくれるようになったとか。働いている自分の時間、子どもと過ごす時間、パートナーと話し合う時間…それぞれの時間を大切にしている堤さん。家族みんなでサポートしている「産休・育休中に失ったものを全て取り返す!」という夢も、間もなく実現されることでしょう。

▽前編はこちら▽
社長もサロンスタッフも女性。この環境がいい意味で甘えられる! ダイヤモンドアイズ ルミネ横浜店 副店長 堤 美奈子さん #1>>

Salon Data

ダイヤモンドアイズ ルミネ横浜店

住所:神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店9F
TEL:045-444-2276

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事