数学者を夢見て上京したものの、気づけばカリスマエステティシャンに【レイ・ビューティースタジオ主宰 田中玲子さん】#1

数えきれないほどのテレビ番組や雑誌に取り上げられ、カリスマエステティシャンの名を欲しいままにしている田中玲子さん。確かな美容理論と技術に裏打ちされた施術は、女優やモデルなど美意識の高い人たちの圧倒的な支持を獲得しています。

そんな田中さんの美容キャリアは「たまたま」からスタートしたのだそう。「割のいいアルバイト」で始めた美容コンサルタントが、持ち前のプロ意識で次々と顧客を開拓。現在のサロンの礎になったそうです。

前編ではサロンを始めたきっかけと、オリジナルメソッドを確立するまでのいきさつについて伺います。

TANAKA’S PROFILE

お名前
田中玲子
出身地
群馬県渋川市
出身学校
群馬県立渋川女子高等学校
憧れの人
緒方貞子さん
プライベートの過ごし方
1年360日、仕事三昧
趣味・ハマっていること
化粧品の開発
仕事道具へのこだわりがあれば
いちばんのこだわりは「手」

進学を機に上京。それがいつの間にかエステティシャンの道に

田中さんが何よりも大切にしているのが手。顔より念入りにケアしているとか。

――最初から美容の道を志していたのですか?

実は美容にはまったく興味がなくて、純粋数学を学ぶために上京しました。まだ学生ですから、授業に影響が出ない程度のアルバイトをしたくて、求人広告で見つけたのが美容コンサルタントの仕事でした。

――それが美容に携わるきっかけですね。具体的にどんなお仕事なのですか?

化粧品の使い方やマッサージの方法をレッスンして、気に入ればその化粧品を買っていただく…という内容で、拘束時間が短いうえに時給がいい。学生にとって割のいいアルバイトでした。会場に行ってレッスンするだけでお給料はもらえるのですが、お金をいただく以上、雇ってもらった会社に損をさせたくありません。「月に最低いくら売り上げればご迷惑がかかりませんか」って、担当の社員に聞きました。月に40万円の売り上げがあればいい…と言われたので、この金額を自分のノルマにしていました

――アルバイトなのに売上を気にする…というのもすごい責任感ですね。

お金をいただく以上、もうプロですから。特別に売上のいい社員ではありませんでしたが、私が担当する講習会は評判がすごくよくて、「次回もぜひ」って声がかかるようになりました。

そうこうしているうちに、学業よりもこの仕事の方が面白くなってしまって。いつの間にか、お客様にマッサージや美容レッスンをするのが本業になっていました。

――数学の道は諦めたのですか?

私が学びたかった純粋数学は、クリアな脳が必要なんです。20代にさしかかって脳が少しずつ曇りだしたのが自分でも分かってきました。それで「私にはもう無理かも」と、気持ちを切り替えて、この美容の道を進むことに決めました。

自分自身、お客様に喜んでいただくサービス業に向いていることに気づいたのも大きかったですね。

――美容コンサルタントからエステティシャンに切り替わったきっかけは?

何度もレッスンをしているうちに、個人的に親しくなったお客様が何人もいらっしゃいました。その方たちから「結婚式があるから、ブライダルエステをお願い」と頼まれたのがきっかけですね。最初のうちは自宅でお客様の施術をしていましたが、だんだん手狭になって、自宅の近くにサロンを作りました。それが『レイ・ビューティースタジオ』の始まりです。もう40年以上前のことになります。

いち早くタラソテラピーを取り入れた施術が注目を集めるように

オリジナルの化粧品もスキンケア、ボディケア、インナーケアと充実している。

――初めてのサロンでお客様は集まりましたか?

最初は講習会に参加してくださった方たちが中心で、それから口コミでどんどん増えていきました。連日1日7名ほどのお客様がいらっしゃるようになって、朝から晩まで休みなく施術していましたね。

――施術のテクニックはどのように習得したのですか?

鍼灸や指圧を学んだ友人たちから東洋医学の奥深さを教わりました。一般的なエステティックのマッサージと東洋医学を組み合わせたら、もっと効果が出るのでは…と試行錯誤した結果が、私の考案した美点マッサージです。

――タラソテラピーを取り入れたのもこの頃ですか?

35~6年前のことですね。今やすっかり有名になったタラソテラピーのブランド、フィトメールが日本に初上陸したとき、「エステティックの施術に化粧品を取り入れて欲しい」と依頼されました。

そこでフィトメールの研究者とやり取りをしながら、日本人の肌に合うものをいろいろ調合してもらいました。こちらからフランスに出向いて打ち合わせすることもあったんですよ。おかげで私も納得のいく化粧品ができあがりました。

――その当時はまだタラソテラピーという言葉も浸透していませんでした。

タラソテラピーを広めるために、エステティックサロンの経営者やエステティシャンを招いた講習会を任されるようになりました。地方で講習会を開くために飛び回ったり、エステティシャンを育成する学校で授業をしたり。その間も私のサロンに穴を空けるわけにはいきませんから、かなりハードな毎日でした。

――タラソテラピーは肌と体にどう作用しますか?

私たち生物は海から生まれ、まさに生命の基本。海の成分は私たちの体に必要不可欠なものです。よく「肌トラブルは海で療養すると治りが早い」と言われていますよね。海の成分には私たちの肌や体を自然に戻す力があります。そのメカニズムを取り入れたのがタラソテラピーです。

――フィトメールと共同開発した商品だけでなく、オリジナルの化粧品を開発なさっているのはなぜですか?

フィトメールの研究者と一緒に商品を開発した経験から、化粧品の善し悪しがよく分かるようになりました。それまでもサロンで使っている化粧品に満足していなかったので、「それならば自分で作ろう!」と思い立ったわけです。

今から30年ほど前、タラソミネラルを含んだ化粧水が4,800円で販売されていました。経済的に余裕のある人だけでなく、もっと幅広い人たちにキレイになってもらうには4,800円は高すぎます。「私ならもっといいものを、もっと手頃な値段でつくれる!」と確信し、開発に取り組みました。

私が着目していた成分『乳酸菌生成エキス』をタラソと組み合わせたら、肌にいいのは間違いありません。問題は配合量。サロンの営業が終わった後、いろいろ実験しました。悪戦苦闘の末、誕生したのが『レイ ブリージングローション』です。価格を3,000円台にして1,000円以上も安くしたのに、効果はさらにいい。私が思ったとおりの化粧品ができました。

ピンチはチャンス!? 悩んでいるときには必ず救いの手が

どんな不調を抱えていても、田中さんのゴッドハンドにかかるとほぐれてしまう。

――お話を伺っていると、すべてが順風満帆なように感じます。

困っているとき、悩んでいるときに、不思議と「いい出会い」があるんですね。

例えば、今のこのサロン。いちばん最初に借りた部屋が手狭になったので、今のビルに開業しました。それでもベッドが足りなくなって「どうしよう」と思っていたら、このビルのオーナーが、「隣のビルの壁をぶち抜いて、つなげればいい」ってアドバイスしてくれたのです。実はこのサロン、2つのビルを1フロアにして使っているんですよ(笑)。ものすごく大胆な話ですよね。ビルのオーナー同士が兄弟だから実現しました。

化粧水を作っているときも、意外な出会いがありました。使いたい成分も配合量もほぼ決まったものの、ベースになる水がまだ決まっていませんでした。お客様の施術をしながら「ものすごくいい成分があるけれど、商品化できなくて…」という話をしたら、「十勝にミネラルを含んだ天然水がある」って、教えてくれたのです。彼との出会いがなければ、あのローションは完成しなかったでしょうね。

――人とのつながりが大事なんですね。

お客様には女優さんやモデルさん、マスコミ関係の方もたくさんいらっしゃいます。でも、私がお客様に対する姿勢は変わりません。私があまりにおしゃべりなので「日本でいちばん落ち着かないサロン」って言われたこともあるんですよ(笑)。ここに通ってくださるのは、サロンを開設した当時の方をはじめ、20年来、10年来の常連さんばかり。皆さんに助けられて「今がある」と思っています。

後記

アルバイトから始まった美容への道。「カリスマ」、「ゴッドハンド」と称されているにもかかわらず、とても気さくで人を惹きつける魅力にあふれていました。だからこそ、「一緒に仕事をしたい」と感じる人が集まってくるのでしょう。後編では、エステティシャンを目指す人、独立を目指す人に向けたアドバイスを伺います。
………………………………………………………………………………………………………………
お話を伺ったのは…

レイ・ビューティースタジオ主宰
田中玲子さん

1979年に東京・下北沢にエステティックサロンを設立。日本で初めてサロンケアにタラソテラピーを導入して話題に。1982年には東洋医学の経絡と西洋医学のリンパドレナージュを融合したオリジナルメソッド「美点マッサージ」を確立する。今なお現役エステティシャンを貫き、延べ21万人もの人たちを癒やし続けている。

Salon Data

レイ・ビューティースタジオ
住所:東京都世田谷区北沢2-22-12 レフアビル 2F
電話:0120-015-141

1
2

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事