美容業界の応援メディア
コラム・特集 2017-03-28

美容師はファッションも重要!美容師のための服選びのコツ

美容師は、カット技術やお客様への接客態度も大切ですが、「外見のオシャレ」もとても重要です。一見だらしがなく清潔感が見られない美容師に、髪のケアをお願いしようと思う人はいませんよね。また、腕の良い美容師ほどオシャレ度も高く、その人に似合った服装をしているように見えます。

そんな美容師の外見を良く魅せるには、何といっても「服選び」が重要です。一見、多くの美容師が洋服にたくさんのコストをかけているように見えますが、選び方や購入の工夫次第で、コストをかけなくても素敵な服を選ぶことができます。今日は、美容師の服選びのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

お客さまウケが良い!勤務時の服装選びのコツ

美容師の服装は、自分好みのものでオシャレに決めれば良いというわけではありません。実は、自分の服装が美容院のイメージを決めていることもあります。

例えば、フリフリの可愛らしいロリータファッションを美容師が着ていたら、お客様にとっては自分がなりたいイメージとは離れていて、そこの美容院を選ぶ人は少ないでしょう。お客様が美容院を選ぶ要因のひとつに、「美容師のファッション」があるといっても良いのです。そのためには、多くのお客様が「素敵!」「オシャレな美容師さんだ」と思うような服装を心がけるのが大切です。

では、実際にどのような服装を選べば良いのでしょうか。まずは、「ある程度の流行を取り入れる」ことが大切です。流行最先端の洋服を着る必要はありませんが、やや時代遅れの服を選ぶのもよくありません。自分なりにネットや雑誌などで洋服のコーディネートを参考にし、流行のトレンドをなるべく取り入れるようにしましょう。自分の年代をベースに検索し、自分に合った服装を見つけることがポイントです。SNSのなかには、同業者が着るおすすめファッションが載っていることもあるので、参考にしてみると良いでしょう。

このように、美容師の服装はほかの仕事と比べるとオシャレで流行に敏感な必要があります。しかし、毎年そのような洋服を購入するとなると、とてもコストがかかってしまいます。そこでおすすめなのは、何か1点小物を使ってオシャレを楽しむことです。例えば、ジーンズにニットといったシンプルなコーディネートでも、ニット帽やケープを組み合わせるだけでグッとオシャレ度が上がります。女性の美容師ならば印象のあるピアスやネックレスをつけたり、男性ならメガネやジャケットなどを組み合わせてみたりするのもおすすめです。持っている洋服と小物を使い、コストをかけなくてもできるオシャレを楽しみましょう。また、最近ではファストファッションと呼ばれるコストパフォーマンスに優れた洋服や、ネット通販でも価格を抑えた洋服がたくさんあります。そうした服の購入で、予算を抑えることも可能です。

最後に、何といっても美容師のファッションは清潔感が一番です。いくら流行に乗ったオシャレなファッションをしていても、白いスニーカーが汚かったり美容師の襟や袖が汚れていたりすると、お客様も不快感を持ってしまいます。また、カラーやパーマの練習としてお互いの髪の毛の施術をすることが多い美容師ですが、あまりにも特徴的な髪型をしている美容師にも、お客様は抵抗があります。髪の色やパーマがあまりにも個性的な場合は、帽子をかぶったり髪をまとめたりして少々落ち着きを持たせることも大切です。鏡を通し、全体的に清潔感のある服装を心がけましょう。

清潔感重視!国家試験時の正しい服装とは?

美容師になるには、厚生労働大臣が実施している美容師国家試験を受ける必要があります。これは「実技試験」と「筆記試験」があり、両方の試験に合格しなくてはいけません。

筆記試験のときの服装は自由なことが多く、特に気にする必要はないでしょう。しかし、問題は「実技試験」のときの服装です。実技の試験中に着る洋服は「白衣」などの作業着を指定されることが多く、白か淡いベージュなどの白衣を用意する必要があります。試験会場となる学校によっては、作業着の下に着るボトムスにも細かな指定をされることもあります。例としては、白いスニーカーや上履き、白いパンツなどの着用です。しかし、このような細かい指定がなくても、スカートや柄が目立つパンツを履くのは避けておいた方が良いです。全体的なコーディネートとしては、色が統一され、清潔感のある印象を持つことが大切です。そのため、ジーンズではなく、黒か白といったシンプルな色のパンツを選ぶようにしましょう。実技試験では衛生面でも厳しくチェックされることが多く、着ている洋服が派手なだけで減点対象にされてしまうこともあり、注意が必要です。持っていく白衣にはなるべくアイロンをかけ、キッチリ感を出しましょう。また、靴も試験に受けやすいようなスニーカーや上履きを用意しておきましょう。ヒールのあるパンプスや革靴も、国家試験時においては適切とはいえません。切った髪の毛がつきやすいスリッパやサンダルなども、減点対象になってしまいます。

そして、装飾品にも注意しましょう。基本的に指輪や腕時計は、作業中邪魔になるという理由からつけることは禁止されています。ただ、ネックレスは自由ですが、白衣から見えるのは良くありません。全体的に清潔感のある服装をすることが大切ですから、ピアスやイヤリングなども試験中は身につけない方が良いでしょう。香水や香りのキツイ柔軟剤などの使用も避け、ネイルの色は落とし、爪も短く切ってから試験に挑むようにしましょう。

会社説明会や面接時にはどんな服装が正解?

いよいよ美容師として働くためには、まずは会社説明会に参加したり、就職希望先の美容院と面接を行ったりする必要があります。

一般的にそのような場に相応しいのは、スーツを着用することです。一般企業の会社説明会や面接で、スーツ以外のカジュアルな服装で挑んだ場合、その場で不採用になることもあります。しかし、美容師の仕事は普段の服装をチェックすることも必要であり、面接や説明会においても「私服で来てください」と言われることが多いのです。では、具体的にどのような私服で挑めば良いのか、考えてみましょう。

私服での面接や会社説明会は、服装に明確なルールがないので選択に難しいこともあります。しかし、その場で「目上の人に会う」わけですから、あまりにも個性的で奇抜な格好で行くのは良くありません。流行に乗ったオシャレを取り入れることも大切ですが、まずは「清潔感」を出すようにしましょう。良くない服装の例として、男性では穴のあいたダメージデニム、サンダル、半ズボン、首周りの伸びたシャツなどがあります。こうした服装は清潔感が見られず、面接や説明会での着用は避けた方が良いでしょう。また、女性の場合もサンダルやヒールの高すぎる靴はやめ、ホットパンツやミニスカートなどの肌の露出が多すぎる服も避けるべきです。

逆に、無難な服装としては、襟付きの服、ジャケットやカーディガン、落ち着いた配色のパンツなどが挙げられます。そして、自分の履いていく靴はしっかりと磨きましょう。オシャレは足元からといわれるように、靴の手入れが行き届いているか、さりげなくチェックされている場合もあります。ただ、美容師としてアピールする場でもあるので、あまりにも全体的に地味なビジネスカジュアルで行くのも考えものです。面接や会社説明会で対応してくれる相手も、ある程度流行に乗ったオシャレな服装のことが多いので、地味すぎずやや明るい印象の服装を選ぶように心がけましょう。

また、美容師の特徴でもある髪型は特に整えていきましょう。私服選びが難しい場合、髪型をしっかりと整えスーツで挑んでも良いでしょう。女性の場合、顔色を良く魅せるためにある程度のメイクも大切です。必要以上に厚化粧をしたり髪の毛を盛っていったりすることはありませんが、清潔感があり、目上の人に対する礼儀を持って接することが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事