美容師の定休日はなぜ火曜日?土日休みのサロンはある?

関東地方の美容院は、定休日が火曜日の店舗が圧倒的に多くなっています。一方、関東地方以外のエリアでは月曜日が定休日というのが主流です。また、土日や祝日が定休日の美容院は、地域を問わずにほとんどありません。

ここでは、なぜ関東地方は火曜日が定休日の美容院が多いのか、なぜ他の地域では月曜日の定休日が主流になっているのかという背景・理由を解説し、土日が定休日になっている美容院で働くことはできるかという点をまとめます。

関東地方のサロンの定休日が火曜日になった理由・背景

関東地方のサロンで火曜日の定休日が主流になっている理由は、第二次大戦時の「休電日」とされています。戦争では電力が必要なので、国民に節電してもらう必要がありました。また、当時の発電方法は水力発電が主流で電力の供給が不安定だったため、この点でもやはり節電が必要でした。このため、エリアごとに「休電日」を定めたのですが、関東地方ではそれが火曜日だったのです。

ただのカットだけなら、電気がなくてもできたかもしれません。しかし、当時はすでにパーマが流行していました。パーマは当時「電髪」と呼ばれていて、薬剤ではなく電気の熱によってパーマをかけていたのです。現代のサロンは「薬剤を塗ったロッドをくるくる巻く」という形でパーマをかけます。しかし、第二次大戦時のやり方は「髪に数十本の電極を付け、その電極から髪の毛に熱を与える」というものでした。このため、電気なしでパーマをかけることができず、当時パーマは人気メニューだったため「パーマをかけられない休電日には休業しよう」と多くのサロンが考えたのです。そのため、関東では火曜日が定休日のサロンが多くなり、戦後もその習慣が続いたとされています。

一方、他のエリアではなぜ月曜日になったかですが、これは「戦後に理容組合のルールで統一した」ことが理由です。休電日は関東のように各地方でバラバラだったのですが、休電日がなくなった後に組合によって休みが統一されたのです。

関東も他の地方と同様に統一しても良かったでしょう。しかし、おそらく他の地域よりも店舗数が多くお客様も多かったため、定休日を変えることによる混乱の度合いが大きかったと見られます。そのため、関東だけ定休日を変えずに継続されたと言われています。

サロンの定休日が月曜日・火曜日で分かれた理由については諸説がありますが、このような理由が現時点で一番有力な説です。

美容師にとって火曜日が定休日のメリットは?

定休日が火曜日であるメリットは「平日はどの施設に出かけても空いていることが多い」という点です。料金についても「平日の日中は割引になる」という店舗や施設が多くあります。また「美容師同士で遊びの約束をしやすい」こともメリットでしょう。各サロンの定休日がバラバラだったら美容師同士での約束がしづらくなりますが、定休日が共通していれば約束がしやすくなります。飲食店の一部は火曜日に「美容師割」のサービスを提供していることもあります。業界全体で定休日が決まっていると、飲食店もこのようなサービスを用意しやすいわけです。

美容業界全体で「過当競争が起きない」という点もメリットです。他店が営業している時に自店が休むと顧客を奪われる可能性があります。定休日が統一されていないとすべての店舗が休業日を減らすようになり、美容師も休みづらくなる可能性があるのです。そのような過当競争が起きにくいことは、美容師にとっても業界全体にとっても良いことです。

他には「定休日についてお客様から不満が起きしにくい」こともメリットです。たとえばアルバイトのシフトの都合などで「火曜日以外の休みが取りにくい」というお客様もいるでしょう。そうしたお客様でも業界全体の定休日が火曜日であれば仕方ないと納得してくれます。お客様が不満を持たないことは美容師の接客・集客のしやすさにもつながりますから、これも大きなメリットと言えるでしょう。

土日が定休日のサロンで働くにはどうすればいい?

「定休日が火曜日になった理由はわかったし、メリットがあるのもわかるけど、やはり土日に休みたい」という美容師もいるでしょう。同じことを考える美容師はやはり多いので、業界全体でもだんだん土日に休めるシステムが採用され始めています。求人情報で多く見られるのは「月に数回まで土日や祝日に休んでいい」というものです。回数は1~3回程度でサロンによってばらつきがありますが、土日にまったく休めないという状態からは業界も徐々に脱しつつあります。

サロン勤務の場合、土日に休めるにしても「日数に制限」があります。しかし、これが業務委託や面貸しなどのスタイルだと、土日に完全に休むことも可能です。業務委託は「サロンの中で働くけど従業員ではなく個人事業主」というスタイルです。出勤日は多少サロンから要望を受けることもありますが、多くの店舗では自由に決めていいルールになっています。完全歩合制なので、出勤しない美容師に対してサロンは給与をまったく出さなくていいからです。逆に言えば「出勤しないと自分が困る」わけですが、平日だけでも十分稼げるという自信があれば、土日に完全に休む選択肢もあります。

面貸しだったらさらに自由になります。業務委託は個人事業主とは言っても、一応肩書は「サロン○○のスタッフ」となっています。面貸しはまったく違って「サロンAの中にあるサロンB」という完全な別店舗になります。サロンの座席を1席だけ借りて、そこを「自分のお店」にするのです。業務委託は一応「そのサロンのスタッフ」という形式なので、休日については完全に自由には決められないこともあります。しかし、面貸しは完全な別店舗なので休日もメニューの値段もすべて自由に決めていいのです。

その他の手段としては「シフト制」のサロンに勤務する方法もあります。シフト制はコンビニや飲食店のアルバイトでもよく採用されているもので「Aさんは平日の午前中だけ」というように、出勤曜日や時間を細かく区切って割り当てるものです。フルタイムでなくパートタイムということです。シフト制だと給与は少々安くなりますし、シフト制の求人を出していないサロンも多くあります。しかし、特に都市部ではシフト制で働けるサロンも多いので、土日を完全休みにしたい美容師はシフト制を選ぶのもいいでしょう。

他に完全に休日を自由に決められる働き方といえば「オーナーになること」が挙げられますが、逆に忙しくなることが予想できます。開業から10年程度は土日に休むどころか年間を通してほとんど休みがないという状態になるでしょう。経営が軌道に乗れば店舗の運営は雇った店長に任せて、土日どころかもっと多くの休みを取ることもできます。しかし、そのレベルに達する人はごく一部ですし、できるとしても相当な年月が必要でしょう。

まとめると、美容師が週末に休もうと思ったらシフト制・業務委託・面貸しのいずれかのスタイルで働くことになります。特に一番現実的なのはシフト制でしょう。シフト制は通常より求人が少ない分、転職したい場合にはより多くの求人情報を探す必要があります。美容師の求人情報もネットで探すのが一番効率的ですが、その中でも特に「美容の転職求人」の情報に特化したサイトがいいでしょう。

美容の求人情報サイトで特に人気が高いものの1つに「リジョブ」があります。リジョブならシフト制サロンの求人も含めて、豊富な求人情報を見ることができます。「土日に休みたい」と考えている美容師も「単純に休みを増やしたい」と考えている美容師も、一度リジョブをチェックしてみるといいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事