「経験がその人の厚みを作る」スタッフの人生経験と共感を大切に『9 NINTH FLOOR』

「経験がその人の厚みを作る」スタッフの人生経験と共感を大切に『9 NINTH FLOOR』

池尻大橋から徒歩1分。その名の通りビルの9階に位置し、開放感あふれるサロンとなっている『9 NINTH FLOOR』は、独自の特別手当を取り入れ、スタッフの人生経験を大切にしています。その真意とは?オーナーの間田澤勲さんに伺いました。

間田澤さん

「失恋手当」に「恋人手当」!? 変わった手当を導入した理由

――現在、人材募集中とのことですが、求める人物像は?
「自ら、幸せな人生を歩みたいと思っている人ですね。そのためには仕事もきっちりしなくてはいけないですし、自分の時間も丁寧に使っていかないといけないと思うんです。やみくもにがんばらないといけないときもありますが、なぜそうしているのか意識することが重要で。美容師って人に影響を及ぼす仕事なので、働かされているとか、無理やりやらされている状態ではなくて、自分のプライベートの時間を持っていろいろな経験ができていなければ、お客さまに幸せを与えることができないと思うんです。“美容師だけじゃない美容師”というのかな。そういう人を求めています」

――働きやすさに考慮している部分はありますか?
「私たちのサロンの手当は変わっているものがあるんです。たとえば、失恋、好きな人ができた、結婚した、不幸があったなど、人生にはさまざまな経験があると思いますが、その経験が人に厚みを持たせると思うんですよね。スタッフにはそういう経験ができたという発表をしてもらう。そのストーリーを聞いた人はいろいろ考えますよね。よかったねとか、残念だったね、とか。そこに共感性が生まれるわけで、その共感性がコミュニケーションのうえではとても大事ですよね。なので共感できたときに、失恋したら失恋手当、恋人ができたら恋人手当というように、手当を出しているんです。より多く共感を得られれば金額は多くなりますし、そうでもなければそんなに多くは出しません(笑)。人生に厚みを出すような活動をして、さらにそれを素直に話すことは、とても大事だと思うんですよ、美容師は人間が商品なので。なんでも素直に出していいと思うし、お客さまに共感してもらうためには、僕たちがまず共感しないといけないので、スタッフ間で発表しあっているんです。それはいいセルフプロデュースになると思います」

9 NINTH FLOOR

つまずくことが不幸じゃない、次にどうするかを考えていくだけ

――ここで働くことでどんなことが身につきますか?
「雇用主と従業員は基本的に責任が違いますが、雇用主としては、スタッフがずっとここで働くとは限らないので、たとえ転職しても生きていけるようにしてあげたいという思いはありますね。スキルもそうですし、どうやってお金と向き合っていくか、ということとか。独立するのに通帳にお金がないと困るわけじゃないですか。いろんな情報を大っぴらに伝えていくので、あとはその人が何を選ぶのかは個人の自由だと思っています。脳は自分の興味のあることしか覚えないわけですよ。だから『何が身につくか』と言う質問は本来ないかなと思ってますね。そうじゃなくて、本人が『何を身につけるか』が大事。本人の人生をどう生きるかは、すべてその本人にかかっていると思うので、スタッフの目指す道のサポートをしてきたいですね」

――最後に今後の目標を教えてください。
「前向きに、ポジティブに、幸せを目指す人があふれて、僕がやかましいと思うくらいにハッピーになってほしいですね。あとはみんな独立していけばいいと思っていて。失敗とか成功をダイレクトに経験するわけじゃないですか。経験がその人の厚みを作っていくわけだから、してない経験はしたほうがいい。僕も含めて失敗することもあると思いますけど、人としての厚みがでるんならいいんじゃないって。人生つまずくことが不幸じゃないと思うんですよ。それをもって次どうするか考えていけばいいだけ。お店出して倒産したら、それこそ倒産手当を出しますよね(笑)」

   

Salon Data

9NINTH FLOOR

9NINTH FLOOR

住所:東京都目黒区東山3-1-15 HOLON池尻ビル9F
TEL:03-6712-2840
http://9th-floor.com/

既存の美容室のあり方にとらわれず、すべてオープンにして信頼を得る『9 NINTH FLOOR』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

「経験がその人の厚みを作る」スタッフの人生経験と共感を大切に『9 NINTH FLOOR』

この記事をシェアする