美容業界の応援メディア
ライフスタイル 2019-06-03

歴史本は祖先が現代人に残してくれたかけがえのないギフト【MAGNOLiA CHINATSU】

忙しい毎日の中で、ふと手に取った一冊の本。その本との出会いが人生を大きく変えることもあります。ここでは、美容従事者の皆さんが大事にしている本をご紹介します。「考え方が変わった」「影響を受けた」とっておきの本とは?

今回は、美容師のためのパーマ本も出版する、パーマが得意なヘアサロンMAGNOLiA 。トップスタイリストのCHINATSUさんに伺いました。 

MAGNOLiA CHINATSUさん

batch_ph2

1989年8月17日生まれ。日本美容専門学校卒業後、MAGNOLiAに入社。現在、女性トップスタイリストとしてサロンに立つ傍ら、ファッション誌や美容業界誌他でヘア&メイクとしても活躍。スタイリッシュなパーマからマダム世代のグレイスフルな大人デザインまで幅広いヘアスタイルに定評がある。デザインの源になるのは、外国へのひとり旅と美術館巡り。はじめての土地や歴史的美術品からインスパイアされたデザインをヘアショーやコンテストに投影、発表。

近年では、カットコンテスト「BEC」にて2年連続で審査員賞を受賞。

CHINATSU’s favorite

batch_ph3

タイトル/学びなおすと日本史はおもしろい
著者/吉村弘
出版社/ベレ出版
あらすじ:「原始時代~現代まで、ウィットに富んだ文章で歴史を解説してくれる日本史の本。わたしにとっては、人生の教訓本でもあります」とCHINATSUさん。歴史を通して現代を見る解説は、日本史を暗記モノから、役に立つ知識に変えてくれる。

■この本との出会い


海外へひとり旅をした際や、英会話のレッスン中、またサロンのお客様との会話の中で、何度も日本史に関する知識不足を感じることがありました。そのたびにもどかしい思いをしたので、改めて歴史を勉強し直そうと手にとった一冊です。

■好きな章

第5章 鎌倉幕府の滅亡と南北朝の争乱

鎌倉幕府を設立した源頼朝は、青年期に平治の乱で捕虜となった過去を持ちます。島流しにあい、伊豆に流されてしまいましたが、その間、武士たちとのコネクションを作ることで、武士たちが政治に何を望んでいるかを知ることができました。このことが、後に武家政権を作るときに役立つことになります。

■好きな理由

「人間万事塞翁が馬」。現代でも一見不幸な目にあっている人はたくさんいますが、それが別の幸運を生むこともあるということを頼朝の人生が教えてくれています。

■この本を読んでよかったこと

歴史書の良い点は、何十人、何百人という歴史人の体験から学びを得ることができるところです。歴史はご先祖様達が現代人に残してくれたかけがえのないギフトだと思います。とくにこの本は、日本史のポイントをしっかり押さえながら、なぜそうなったのかが分かり、歴史を学ぶおもしろさを教えてくれます。

■こんな人、こんなときにオススメ

社会人になって5年ほど経ったとき、経験値は増えてきたけれど、それをどうアウトプットするかを模索中だったときに出会った本です。だから、そのときと同じくらいのキャリアの方たちにおすすめします。

私にとっては、年に一回は読み直している愛読書のひとつです。

■本を読む時間

通勤電車の中や、空き時間に本を読みます。月に2~3冊のペースでしょうか。

読書には脳を鍛え、説明能力や情報処理能力をアップさせる効果があるそうです。私自身、読書することで、語彙力や話題も増えて、お客様との会話にもプラスになっていると思います。

 

小学生のときは、毎日学校の図書室に通い、1日1冊本を読んでいたという読書家のCHINATSUさん。本のジャンルは、歴史本、脳科学の本などさまざまだそうですが、本を読むことで、カウンセリングに必要な分析力、ヘアデザインを発想するときの感性などが養われているということです。

取材・文/永瀬紀子

Salon Data

batch_ph4

MAGNOLiA Aoyama

住所:東京都港区南青山4-24-8アットホームスクエアBF
TEL:03-5774-0170
http://www.hairmake-magnolia.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事