美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-08-26

【美容師のカット技術】broocH 栁亜矢子さん流 『女っぽミディウルフ』

トレンドを押さえたデザイン提案に定評のあるbroocH栁亜矢子さん。今回提案いただいたのは、人気上昇中の肩上レングス×ウルフカットのスタイルです。後編では、ファッション性が高く今っぽい『女っぽミディウルフ』の作り方を詳しく教えていただきました。

栁さんが提案する『女っぽミディウルフ』

人気のレイヤースタイルを肩上レングスに落とし込んだデザイン。肩上ベースのウルフカットは、重さを残すことで女っぽい印象に。顔周りを切り込んでつなげることで、レイヤー感がアップして、周りと差がつくデザインに仕上がる。

『女っぽミディウルフ』の施術ポイント

1.レイヤーのウエイトを低めに設定

レイヤーの始まりはサイドにつながる耳下あたり。ウエイトを低めにすることで、女っぽさと今っぽさを演出。

2.前髪~顔周りはつなげてレイヤー感アップ

前髪を短く切り込むことで、全体のウエイトが少し上に見える効果が。顔周りとつながるように丸みをつけてカットして。

3.サイドを短く切り込んでポイントに

サイドにプツッとしたカットラインをプラス。軽くなり過ぎた毛先を落としつつ、デザインのポイントになる。

HOW TO

BEFORE頬の高さからレイヤーが入り、サイドの毛量が少なくなった状態。クセによる髪の動きをいかしたカットを施していく。

1 ベースカットで裾のラインを決める
全体を濡らしてスタート。髪を下ろした状態で、肩上ラインで平行にカット。1番下のラインを決めておく。

2 前髪をカット
前髪は、こめかみ手前の幅で、奥行き5~6cmの三角ベースに設定。
両サイドを残して、黒目幅で分け取る。左右対称になるように、平行にカット。
サイドバングはダウンステムで、輪郭に沿うように斜めにカット。中央部分と自然につながるようにラウンドさせて。額に手を沿わせるとブレにくい。

3 顔周りを前髪とつながるようにカット
もみあげ手前でブロッキング。
ダウンステムで、輪郭に沿うように斜めにカット。脇をしめて、ハサミを縦に入れるイメージ。前髪からつながるラインを意識して。

4 サイドを短く切り込む
イアートゥイアーでブロッキング。軽くなった毛先を落とすイメージで、プツッとしたラインが出るようにサイドをカットする。顔周りとほんのりつながるように短く切り込むことでデザインのポイントに。

5 レイヤーを入れる
トップのパネルを引き出し、毛先に厚みが出るように1.5cmくらいカットしてガイドを作る。モヒカンラインもフロントに向かってカット。顔周りにつながる長さでガイドを作り、両サイドに落とす。
ハチ上(セクション1)は頭に対して垂直にパネルを引き出し、放射状にセイムレイヤーを入れる。
ハチから耳上(セクション2)は、頭に対して60度でパネルを引き出す。ベースに厚みが残るように、刃先を外に外しながらローレイヤーを入れる。少しずつハの字シルエットになるように意識して。

6 ミドルとアンダーを丸くつなげる
トップは外す。センターラインを中心にハの字にパネルをとり、カットラインはレイヤーとグラデーションの中間をイメージ。セクション2のガイドを元に、外に向かって削っていく。サイドまで同様に。襟足とサイドの髪につながりができるように、裾を斜め前に引き出して角をとる。

7 ハンドブロー
全体のかたちを作りながらハンドブロー。毛流れに沿って、少しテンションをかけながら、面にツヤ、毛先にカールが出るまで乾かす。
内側に空気を入れて根元を起こしていく。シルエットを確認しながら、必要があればチェックカット。

8 毛量調節
前髪は、鏡を見ながら、厚みが気になる部分を間引いていく。表面は外し、内側の髪の中間からスライドして間引く。
前髪を下ろしたときに隙間ができるように、毛先を間隔を開けてカット。バランスを見ながら縦にハサミを入れていく。
サイドとバックは、レイヤーと同じパネルの取り方でセニング。レイヤーを入れた部分の毛先1/4に、縦にハサミを入れて厚みを取る。これによりフィット感が出る。
一番重さのあるアンダーは、毛先1/3から平行にハサミを入れ、スライドしながらセニング。しっかり間引き、動きを出す。

カット前
カット後

スタイリング

クセをいかして、セミウェットにスタイリングしていく。オイルミストで全体を濡らす。
オイルとバームを1:1で混ぜて手全体にのばし、生え際からなじませて顔周りもしっかりクセを出す。
内側からもみこんで全体になじませて、重めベースでも動きが出るようにする。自然に髪を下ろしながら、かたちを整えて完成。

仕上がり

クセがない場合は、パーマをプラス。20mm以下の細めロッドを使用し、全体を平巻きにする。レイヤーをいかした、動きのあるミディウルフが完成。

エッジを効かせつつ、女っぽさも演出できる、ウエイト低めのミディウルフ。耳下のプツッとしたカットラインが、おしゃれ度を底上げしてくれます。トレンドを取り入れたいけれど周りと同じじゃつまらない! そんなおしゃれな人におすすめのスタイルです。

▽前編はこちら▽
【美容師のカット技術】broocH 栁亜矢子さん流 『女っぽミディウルフ』>>

取材・文:山本二季
撮影:奥村亮介(スタジオバンバン)
ヘア&メイク:栁亜矢子(broocH)
モデル:モハメッド・ヤスミン

教えてくれたのはこの人!

栁亜矢子さん

broocH ディレクター撮影やセミナー講師、コンテスト審査員などで活躍し、サロンワークと両立させている。ライフスタイルや好みに合わせたセンスの良いスタイルは、アーティストやファッション業界からのファンが多く熱く支持されている。
インスタグラム https://www.instagram.com/ayakoyanagi/

Salon Data

broocH(ブローチ)

住所 東京都渋谷区神宮前5-2-5 MAX&Co.ビル5F
TEL 03-5778-0438
URL http://brooch.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事