美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2019-10-23

THE BODY SHOPのビューティアドバイザーが伝授!2019オススメのカラーメイクとは?#1

美容部員として活躍したい方々の「知りたい情報」を配信する連載企画。ここでは高い技術力をもつビューティアドバイザー(BA)さんにブランドの最新メイクアップをうかがいます。

4回目は、THE BODY SHOP ビューティアドバイザーさんに人気アイテムを使ったカラーメイクをうかがいました。

THE BODY SHOPってどんなブランド?

コミュニティトレード原料である「マルーラナッツ」生産地の女性たち。

ザ・ボディショップは、イギリス生まれのビューティブランド。

化粧品の動物実験と闘う最初のビューティブランドとして、1987年から活動を続けてきました。自社製品の95%に“コミュニティトレード”の原料を配合していて、ガーナの女性たちが作るシアバターを年間約390トン仕入れています。ザ・ボディショップでシアバターを使った製品を購入することが、ガーナで働く女性たちの経済活動を支える一助となります。

他にも「100%ベジタリアン」を掲げていて、製品には天然由来成分を用いています。世界のビューティトレンドをリードするブランドとして、社会にもポジティブなメッセージを発信し続けています。

基礎化粧のHOW TO

ベースメイクの前に、まずはお肌の基礎化粧からスタートします。

1.ユースエッセンスローション DOYを塗布します


ユースエッセンスローション DOY は、エーデルワイス、クリステマリン、シーホリーの幹細胞を配合した化粧水。とろりとしたみずみずしいテクスチャーで、お肌にのせるとすっと浸透して肌をなめらかに導きます。使用量は、500円玉大くらいを目安に。


コットンに化粧水をたっぷり含ませて、頬、おでこなど面の広いところから浸透させていきます。


鼻すじに塗布するときは、コットンを縦に持つとなじみやすいです。


鼻筋に塗布するときはコットンを縦にもつとなじみやすいです。また、手の平全体を使って、お客さまの肌を包み込むようにします。浸透をうながす効果が期待できるだけではなく、お客さまの肌状態を知ることもできます。

2.ユースコンセントレート DOYを塗布します


生命力が強いといわれている、エーデルワイス、クリステマリン、シーホリーの幹細胞を配合した角層美容液ユースコンセントレートDOY。スポイトを1〜2プッシュほど押して出る量を目安に。


頰などの気になるところや、広い面から塗布していきます。



1の化粧水と同様、頬、おでこ、アゴ、鼻の順に塗布します。最後にハンドプレスでなじませます。

「ユースコンセトレート DOYは、お肌のキメを整え、お肌の底力をあげてくれるようなアイテムです。性別や世代を問わず愛されている人気のアイテムです。また『角層美容液』というネーミングがつくほど、角層のすみずみに浸透してくれます。ハリ感やうるおいが欲しい人にオススメです」(澤田さん)

3.ユースフレッシュエマルション SPF20 PA+++を塗布する


紫外線や乾燥から肌を守る日中用乳液。SPF20/PA+++で、軽くなめらかなテクスチャー。量は、1〜2プッシュを目安に。

「SPF20の日中用乳液です。乾燥や紫外線から守ってくれます」(澤田さん)





2と同様に、広い面から順にのせていきます。頬、額、アゴ、鼻の順に塗布します。最後にハンドプレスを行ってなじませます。

3ステップでなめらかな肌に導くスキンケアが完成!

使ったアイテムはコチラ!ユースエッセンスローション DOY  160mL 3,456円(税込)、ユースコンセントレート DOY 30mL 5,400円(税込)、ユースフレッシュエマルション DOY SPF20 PA+++ 50mL 4,644円(税込)

※撮影時の値段です。2019年10月から10%の税率に伴い価格が変更となります。

スキンケアのPOINTをおさらい!

・水分と油分のバランスを整えることがスキンケアの目的。クリームが多すぎると化粧崩れの原因に

・塗る順は、頰、額、アゴ、鼻がオススメ。「広い面から」を意識して

・最後にハンドプレスをするとより肌になじむことが期待できます

「スキンケアで大切なのは、水分と油分のバランスを調整することです。秋冬になると、化粧水を少なくクリームをたっぷり塗る……というケアをする人がいますが、その方法は間違いです。クリームは油分が多く含まれているため、多く塗りすぎると逆に化粧崩れのもとになってしまいます。秋冬に関わらず化粧水もクリームも、適量をつけてくださいね。塗るときは、頰、額、アゴ、鼻の順に、最後にハンドプレスしてください」(澤田さん)

BAの仕事について澤田さんに伺いました

–なぜ、数あるブランドからTHE BODY SHOPを選ばれたのですか?

BA職と本社勤務で採用がわかれているところが多いと思いますが、THE BODY SHOPはBA職と本社勤務を一括で採用しています。やる気さえあれば、自由にキャリアを築いていけるところがとても魅力でした。BA職は、お客さまととても近い距離で自社製品への理解を深めることがでいます。

また、お店で得た知識は自分が望めばマーケティングやPRといった仕事でも使うことができます。全国勤務だったので、応募する前に「自分に務まるのかな?」と思ったこともありますが、どこで働くかということよりも自分のキャリアへの可能性を感じたのでそこまで気にはならなかったです。

次回は、ベースメイクのハウツー&THE BODY SHOPでの接客スタイルの工夫についてうかがいます。

▽#2はこちら▽
THE BODY SHOPのビューティアドバイザーが伝授!2019オススメのカラーメイクとは?#2>>

協力ブランド/THE BODY SHOP (https://www.thebodyshop.com)、メイク/澤田 結花里、撮影/平柳智子、モデル/山本華(ORIGINAL)、ヘア/川口浩太朗、取材・構成・文/小竹美沙(http://misakotake.com/

教えてくれたのはこの人!

澤田 結花里さん

2016年入社。
【オススメアイテム】
・ユースコンセントレートDOY
「つけたときの翌朝のメイクのりがいいです。『キメが整う』って、こういう肌状態のことだなと感じられました。日本人は美容液を使っている人が少ないといわれていますが、このアイテムはコスパもいいのでぜひ手に取ってみてほしいです。私もずっとリピートしています!」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事