美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-04-11

技術がある美容師が最後には勝つ! VRで業界に風を吹き込む『寺村優太』が仕掛ける教育改革

VR技術を美容学校に導入することで、業界の課題解決に挑む寺村優太さん。『前澤ファンド』へのチャレンジをきっかけに美容系の投資ファンドから打診があるなど、目標の達成に向けて着実に歩みを進めています。注目が高まっている「美容×VR」とはいったい、どのような内容なのでしょうか?

後編ではVR技術を使った教育カリキュラムの詳細に迫ります。

ゴーグルの先に広がるのは、一流の美容師が見ている世界

————VR製品の詳細について教えてください。

「ゴーグルをつけた時に広がるのは、僕が施術をしている時に見ている世界と同じです。ちなみに、すでに数名のオーナーさんが興味を持ってくれているので、今後はさまざまな美容師のバージョンも作る計画が進んでいます。つまり、業界の一線で活躍している美容師になった体験ができるのがVRです。

体験中はただ見ているだけではなく、目の前には施術中の手元が映し出されているので、その手先を真似ることでトップレベルの技術をそのまま習得できます。従来の指導方法とVRを使った教育との大きな違いは、目の前の練習が『自分ごとになるかどうか』です。

これまでの教育は若手が先輩を見学するスタイルが主流であり、自分では真剣に取り組んでいるつもりでも結局は他人ごとで、無意識のうちに『今日は何を食べようかな~』など余計なことを考えている時間が大半でした。

一方、VRは圧倒的に『自分ごと』です。集中の度合いがまったく違い、実際に体験した生徒さんに『VRをしている時は何を考えていた?』と聞くと、みんな『そういえば何も考えていなかった』と答えました。ようするに、完全に練習に没頭しています。それを聞いた時に、『だから短期間で習得できたのか』と納得しましたね(笑)」

VRで専門学校に個性を

————今後はどのよう展開を考えていますか?

「大きく2つの計画を立てています。1つ目は、『いろんなサロンと協力してVRを使った教育カリキュラムを作ること』です。先ほども言ったように、すでに興味を持ってくださっているオーナーの方が数名いるので、その美容室オリジナルのVRを作り他の美容室や美容学生に販売することを考えています。

2つ目は、美容学校に個性を持たせるために『国家試験対策用のVRコンテンツを作ること』です。VRを使えば従来よりも早く技術を習得できることはすでに実証されていますから、『国家試験のために勉強しなければならない』と定められている現在の授業時間を、大幅に縮小できると思いますね。

そこで、『VRの効果を証明した資料』と『現場の美容師が本当に美容学校に求めている声』を提出して、『VRを導入した学校は授業時間を減らしてよい』という了承を得ようと考えています。この要望が通れば授業時間には余白が生まれますから、その時間で好きな内容を展開すれば各学校に強みができるはずです。つまり、それぞれの学校で特化した能力を持った美容師の育成が可能になります」

技術がある人間が最後には勝つ

————VR技術が広まると業界はどのように変化するでしょうか?

「技術を持っている人間が勝つ時代がくるので若手には特にチャンスがあると思っています。今は、複業や多動力がブームなので20代半ばから30代半ばくらいの世代は、『美容師一本では食っていけない』と他の仕事にも手を出していて、美容師としてのスキルアップを怠っています。だからVRを使ってベースの技術を習得し、本気で美容師業に取り組めばすぐに先輩も抜けるはずです。

また30代の後半以上は技術でのし上がってきた世代なので、美容師一本で勝負している若手は好きだと思います。勢いのある若手が、『サロンワークをしながら違う仕事に手を出している間に、僕はずっと技術を磨いてきました。だから僕のほうがうまいんです』と中間世代にアピールすれば、『俺たちに似ているやつがでてきた』とよろこんで、上の世代は一気に立場を引き上げてくれるかもしれません。僕がいまアシスタントだったら、そういう作戦を立てますね(笑)。

近い将来、集客の仕方も大きく変わってくると思います。アマゾンでおすすめ商品が次々に出てくるように、AIが『あなたにおすすめの美容師』を紹介して、お客さまと美容師をマッチングする時代がくるはずです。すでに似たサービスが登場する気配はあります。美容師自身の発信力は必要なくなるので、そうなった時に勝つのは、やはり技術を持っている人間です。これから業界は大きく変わります。もっとおもしろい時代が、すぐそこまで来ています」

VR技術を導入するメリット

本の出版、ミニアイロンの開発、アイドルのプロデュースなどサロン外での活躍も目立つ寺村さん。VR技術を導入するメリットをまとめると下記の3つでした。

1.圧倒的な没入感で技術の習得を早める

2.専門学校に個性が生まれる

3.若手のチャンスが増える

理想を実現する方法について「今の仕事に全力で取り組むことが大切」という寺村さん。「目の前の目標を達成できていない人間に、未来の自分を築けるわけがない。まわりからも信用されないので応援もしてもらえない」と熱く語ります。時代の一歩先を行きたい経営者の方、VRの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

▽前編はこちら▽
VRで教育に革命を! 時代の先を行く『寺村優太』と考える美容業界の未来>>

Store Data

株式会社iii(スリー)

URL:https://iii.tokyo.jp/
ツイッター:hhttps://twitter.com/trmryt?s=17

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事