美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-04-28

【美容師のカット&パーマ技術】L.O.G SHIBUYA 長山ゆうきさん流 スキンフェード×ピンパーマで作る『ブラック系ツーブロック』#2

メンズスタイルに定評のある「L.O.G SHIBUYA」の長山ゆうきさんが、人気のスキンフェードを取り入れたヘアスタイルを提案! ベリーショートでもツンツンせず、大人っぽく男らしい外国人のクセ毛風ツーブロックです。

後編では、その詳しい作り方とスタイリング方法について、教えていただきます。

長山さんが提案する『ブラック系ツーブロック』

美容師のデザイン性とバーバースタイルが融合したベリーショートスタイル。スキンフェードの刈り上げに、ピンパーマで黒人のクセ毛を再現したデザインは、男性からの評価も高いクールな雰囲気に。

『ブラック系ツーブロック』の施術ポイント

1.メリハリをつけるため、頭の張ったところでブロッキング

ツーブロックにメリハリが出るように、サイドはハチの張ったところ、バックはぼんのくぼの張ったところをつないでブロッキングする。

2.トップはブラント気味にカットしてブラックな質感に

毛先に重さを残してカットすることで、黒人風の質感に仕上がる。直毛ならブラント気味のチョップカット、軟毛ならブラントカットに。

3.ペーパーを使って細かくピンパーマをかける

パーマは、強めのパーマ液をつけ巻きで使用。コットンではなく薄いペーパーを使うことで、短い毛でもしっかりとしたカールが作れる。

HOW TO

BEFORE
髪質は硬めの直毛。刈り上げとトップが伸び切った状態。

1 ツーブロックで、スキンフェードを作る
ウェットでスタート。ハチの張っているところでブロッキング。バックサイドは、ぼんのくぼの張っているところに向かって、ややラウンドさせて。
バリカン6mmで粗狩りしていく。上からかぶせる髪の長さに合わせて、ブロッキングから1~2cmは長めに残すように、バリカンを抜きながら刈り上げる。
バリカン3mmで同様に刈り上げ。グラデーションになるように、間の長さを調整して。
同様に、1.5mm、0.8mm、0.3mm(トリマー)と、半分の長さで徐々に刈り上げてグラデーションを作っていく。
最後にシェーバー0mmでキワを整える。

2 トップをカット
パーマで巻けるギリギリの長さまで、トップのアウトラインをカットしていく。刈り上げにかかる長さ(3cm程度)でチョップカット。
トップにレイヤーを入れていく。ややオーバーダイレクションで、フロントが長めになるようにカット。前髪センターは短めにラウンドさせ、フロント周りは長めに残す。
トップをブラント気味にチョップカットし、レイヤーのガイドに。全体をセイムレイヤーでつなげていく。

3 ドライカット
ツーブロック上段を3段に分けて、下段から順にセニングを入れていく。
つむじから放射状に細かく毛束を取りながら、ななめにセニングシザーを入れ、中間から毛先に向かって間引く。
カット後。ピンパーマをかけていくので、カット、セニングともに重さを残しておく。

4 ピンパーマをかける
強めのパーマ液とペーパーを使って、つけ巻きでピンパーマをかけていく。
つむじ周りからスタート。毛束を細かめに取り、1液をつけてペーパーで包む。
できるだけ薄くなるように包み、ねじりながら指に巻きつけて小さくカールを作り、ピンで固定。
同様の巻き方で、つむじから放射状に全体を巻く。できるだけ細かく、しっかりカールをつけるのがポイント。
刈り上げとの境に保護剤をつけて放置後、7~8分でチェック。2液をつけて15分放置してシャンプー。

巻きあがり(ドライ後)

スタイリング

根元に風が当たるように下からドライヤーを当て、8割ドライ。強めのグリースを手のひらにのばし、髪全体をなでるように根元からなじませる。つまんで束感を作って完成。

仕上がり

人気のバーバースタイルと、美容師のデザイン性の高さが融合したデザイン。スキンフェードのツーブロックにピンパーマで動きを出して軽やかに。おしゃれ度の高いブラック系ヘアをナチュラルに取り入れられるデザインです。

「短くてもパーマをかけたい」という、デザイン性を求める声に応えた、長山さんの『ブラック系ツーブロック』スタイル。スタイリング次第で、少し落ち着いた雰囲気にも。おしゃれ上級者のお客様への提案にぴったりです。

▽前編はこちら▽
【美容師のカット&パーマ技術】L.O.G SHIBUYA 長山ゆうきさん流 スキンフェード×ピンパーマで作る『ブラック系ツーブロック』#1>>

取材・文:山本二季
撮影:高嶋佳代
ヘア:長山ゆうき(L.O.G)
モデル:英木一磨

教えてくれたのはこの人!

長山ゆうきさん
L.O.G SHIBUYA 代表

男性客が9割をしめ、メンズ業界誌でのスタイル提案、他店でのメンズスタイルのセミナー講師などで活躍。バーバースタイルと美容師のデザイン性を融合させた「ミクスチャースタイル」が支持を集める。骨格や髪質に合わせた刈り上げとメンズカットに定評あり。シルエットバランスを重視し、セルフでもスタイリングしやすいヘアスタイルを提案している。
インスタグラム:logyuuki

Salon Data

L.O.G SHIBUYA(ログ 渋谷)

住所:東京都渋谷区神南1-20-9 パークウェイ渋谷4F
TEL:03-6427-0502
URL:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000391931/

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事