開設後わずか2年で登録者数20万人の人気YouTuberに MAKEUP プロデューサー SHOKOさん #2

チャンネル開設後たった2年で登録者数20万人超えのYouTuberとなったSHOKOさん。前編では、YouTuberになる前にどんなお仕事をされてきたのかをお伺いしました。美容師からスタートし、子どものときからの夢だった雑誌のヘアメイクに。震災や闘病を乗り越え、現在では40~50代女性向けに自己実現のための講座を開講されています。この後編では、50才を過ぎてから動画の配信を始め、どうやって人気YouTuberとなったのか。その軌跡をお伺いします。

お話をお伺いしたのは…

MAKEUP プロデューサー SHOKOさん

関西を拠点に美容師・シュウウエムラシステム講師として活躍。SEBASTIANI(米)アーチストチームに参加。阪神淡路大震災を機に、幼少の頃からの「雑誌で活躍するヘアメイクになる」という夢を叶えるため、拠点を東京に移す。ヘアメイク事務所に10年勤務し独立。闘病を経て「元気で美しくないと幸せでない」と気づき、美しく健康になるための学びを深め多種の資格を取得。現在、「史上最高のじぶんになる講座」を開講。開設するYouTube「SHOKO美チャンネル」は登録者数20万人超の人気チャンネル。
HP:メイクアッププロデューサーSHOKO公式WEBサイト
YouTube:SHOKO美チャンネル 【40代50代の為の美容法】

コンセプトが明確でないとAIにも引っかからない

――YouTubeに動画を上げるきっかけは何だったのですか?

雑誌など紙媒体の仕事がだんだん減ってくるのと同時に、高齢の母と同居をすることになり、いままでのようにあちこち出かけていく仕事は難しいだろうなと考えるようになりました。介護をしながら、美容の仕事を続けるためにはどうしたらいいか? ちょうど起業の勉強も始めたところで、「いまの時代だったらYouTubeだ! まずはやってみよう」と思ったんです。毎日メルマガを書くのは難しいけれど、動画を出すことはできるかもしれない。カメラマンの旦那サマでもあるパートナーと一緒に動画を作ることにチャレンジしました。

――ご主人が撮影されているのですね?

自分で撮影して、編集はパートナーにお願いしています。パートナーは、もちろん他の仕事もしているので、忙しいときは徹夜で動画を編集してくれます。皆さんに「旦那サマがカメラマンだといいね」なんて言われますが、まったく収益が上がらないうちからギャラを払っていました。1年間は毎日動画をアップすると決めていたので、「忙しいからできない」と言われてしまったらアウトだと思って。ちゃんとギャラを払っておけば、家族という関係性ではなく仕事関係が成立しますから。

「SHOKO美チャンネル」ではSHOKOさん自身がモデルとなり、
スキンケアやメイクのノウハウを披露

――動画を作るときは、どんなことに重点を置いていますか?

コンセプトがブレないこと! もうこれに尽きます。どんな人に見られたいのか。どんな人を救いたいのか。だんだんネタがなくなってくると、テーマが広がりがちでコンセプトがブレてしまうんですよね。どんなビジネスもそうだと思いますが、あれもこれもじゃなくて、だれに見てほしいのか。まずは、自分のコンセプトをしっかり作っていくことが重要です。

YouTube初心者向けの講座を受講した際、参加者50人のうち「これは伸びる」と言われたのが「SHOKO美チャンネル」ともう1人の方だけでした。その理由は、コンセプトがはっきりしているから!

コンセプトが明確でないと、AIにも引っかからないし、人にも引っかかってこないんです。例えば「SHOKO美チャンネル」は、「40~50代のための美容法である」とAIと人が理解すると、おすすめに上がってきやすくなります。個人ビジネスの集客は、1万人いればまわると言われていますから、まずは1万人ベースにのせることを考えるといいと思います。

――チャンネル開設後4ヶ月で多くの人に届いたということですが、きっかけとなる動画があったのでしょうか?

2019年の6月からYouTubeを始めて、その年の8月に初めてプチ当たりしました。ちょうど動画の勉強を始めた時期と重なるんですよね。受講した講座で「コンセプトははっきりしているけれど、目線がズレているからそこを直すといい」と指摘され、素直に修正していったらプチ当たりが続くようになりました。

その後も、「いまの流行」を意識して毎日動画を上げていき、見ている方がどう思うのかをリサーチしながら検証を重ねていきました。そうやってプチ当たりを繰り返しながら、10月に配信した「赤しそジュースの作り方」が大当たり! これで「季節に当てていかないといけない」ことが分かったのです。起業塾でも「こんなにバカ当たりするのは珍しい」と言われて、そのときは嬉しかったですね。

「やりたいことがあるなら有名になりなさい」(尾木ママ)

――40~50代にターゲットを絞っていることもよいのでしょうか?

そうですね。わたしは、80代になっても美しく、経済的・精神的にも自立を目指す人を応援したいと思っています。80才の方がいま働きたいといっても難しいけれど、わたしたち世代だったらまだ少しは無理もききますよね。自分の仕事をどんどん確立して、収益化の仕組を作っておくと老後が楽じゃないですか。人は美しくなると自分に自信がついて、心が豊かになります。心が豊かな人が増えると、社会課題を解決していく行動の輪が広がっていきます。そんな理由から、40~50代にターゲットを絞っています。

「顔印象が劇的に変わる、じぶん史上最高を更新し続ける講座」で
お話されるSHOKOさん

――ヘアメイクご出身の方で、こんなに人前でお話されている方は少ないですよね。

20代前半の頃から、ショーやイベントなど人前でお話する仕事は経験していたんですね。美容師をしながら休日に美容師さん向けのセミナーを担当したり、ファッションショーやヘアメイクショーなどで大阪、東京、海外と飛び回っていました。ただすごく緊張しいで…。300人の前では緊張しないのですが、30人とか人の目が見えると緊張するんですよね。でも、ヘアメイクの仕事は表に立つ方に触れることが多いので、表に立つ人はこうあるべきだという認識はあったのだと思います。

――自分メディア化は、前々からお考えだったのでしょうか? 

元々裏方の人間ですし、じぶんが表に出ることは考えていませんでした。表に出るようになったのはYouTubeを始めてからですね。以前、テレビの仕事でご一緒した尾木ママに、「やりたいことがあるなら有名になりなさい」と言われました。「有名にならないと人は動いてくれない。何かをやりたいと思っているなら、発言権や影響力をもつために有名になりなさい」という言葉がずっと胸にありました。

まずは自分に投資(勉強)して逃げ道をなくす

スタッフや旦那サマとの日々のご飯、
愛犬レンちゃんがSHOKOさんの癒しだそうです

――YouTubeはどんなところで勉強されたのですか?

最初は、YouTubeに強い起業塾で勉強しました。YouTubeに強いと言われるところはほぼ受講しましたね。自分に実力がついてきて収益が上がったら、さらにもう一段階上のセミナーを受講します。投資して自分の技術を上げて、技術が上がったら給与を上げてもらったり、ギャラが上がっていくという考え方。美容師もそうですよね。

最初に「できない」と言うのではなくて、まず自分に投資するために勉強して、逃げ道をなくしていくんです。パートナーにチャンネル開設当初からギャラを払ったのもそう。これまでもいろいろと勉強してきましたが、いつも背伸びするくらいの金額のところに勉強しにいきます。そうすると、これだけ払ったのだから回収しなくちゃという気持ちになって、サボらないんですよね。わたしはいつも、なにか勉強して資格を取得したら、その分野の講師をやるとか勉強したことをアウトプットしてから次に進むようにしています。

――インプットとアウトプットを繰り返して仕事の幅を広げてこられたのですね。人気の美容師さんにお話を聞くと、やっぱり勉強されている方が多いと思います。

もともと勉強しないと生き残れない世界なんですよね。それをサボっちゃうとお客様がつかない。食べていけないという方は、やっぱり努力が足りないのかなと思うときはありますね。

第一線にいないと情報も入ってこなくなるので、楽しくないんですよ。楽しくないところには人は集まってきません。皆さんに「よくやってますね」なんて言われますが、わたしは楽しいからやっているんですよね。

YouTubeのコメントでも、「とてもわかりやすいです」 「SHOKOさんきれいになりましたね」 「動画上手になりましたね」なんて喜んでいただけると、「またがんばろう!」と思えます。確かに「いいね」の数が伸びなかったり、登録者数が増えなかったりするとシンドイこともあるんですよ。でも伸びるかも、喜んでもらえるかもってずっと妄想していると楽しく続けられますよ。

SHOKOさんがYouTuberとして成功した理由は

50才を過ぎてから動画配信を始め、チャンネル開設後わずか2年で登録者数20万人超の人気YouTuberとなったSHOKOさん。SHOKOさんがYouTuberとして成功した理由は以下の3つでした。

1. コンセプトが明確であること

2. 自分に投資(勉強)をして逃げ道をなくす

3. 楽しいところに人が集まる。だから、まずは自分が楽しむ

YouTubeの動画でもそうですが、インタビュー中も終始笑みを絶やさず、優しい表情のSHOKOさん。美容師の修行時代は辛い思いをしたこともあったそうです。でも30年以上、美容をキーワードにさまざまな仕事を作り上げてこられたのは、美容でやっていくという強い意志と、秘められた負けん気の強さがあったからなのだと思います。

▽前編はこちら▽
自らの経験と学びで新たな仕事を創り出す MAKEUP プロデューサー SHOKOさん #1>>

取材・文/永瀬紀子

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事