17_024_jyuudou

簡単!コリ・むくみをセルフケアで癒す。柔道整復師に学ぶ、健康に保つ方法 #2

「心の元気」は笑顔を引き出し、さらに、カラダの内からの「キレイ」につながっていきます。方法は違っても、「キレイ」をつくる仕事であることは、美容師やエステティシャン、ネイリストなどみな同じ。
今回、ご紹介する柔道整復師とは、自らの技で患者さんのケガを治療したり、身体の不調を和らげたりすることを仕事にしている人。でも、大事にしているのは身体の状態だけではありません。「身体を元気にしてあげることで、心も元気になってもらいたい」という思いでメンテナンスを行なっています。
今回は、柔道整復師であり、プロ野球選手やJRA所属の騎手のトレーナーとしても大活躍の、やまひら整骨院の山平光利先生にいろいろなお話を伺いました。この#1では美容業界人のための、健康維持のためのアドバイス。#2では、コリやむくみのセルフケアなど。ぜひ、参考にしてください。

メニューはシンプルに施術は細やかに

店内

整骨院での施術は、どの施術をどのくらい行なうのかを判断することから始まります。
ケガをして来院した患者さんには、まず、ケガの症状を治すための施術。これは、健康保険が適用できる治療です。ちなみに健康保険は、はっきりとしたきっかけがあるケガには適用できますが、きっかけがはっきりしない痛みや不調というようなものは適用できないので要注意です。ケガが治ってからのケアや、ケガではなくてもメンテナンスが必要と思われる患者さんには、自費で受けられる施術を行ないます。

山平先生の整骨院ではメニューは大きく分けて2種類とシンプルですが、患者さんの状態と希望に合わせて、部位や施術時間を細かく調整。症状によって通院の頻度も必要なセルフケアもさまざまで、場合によっては、サポーターとか筋肉をほぐすクリームなどのおすすめのアイテムも教えてくれるそうです。

「美容師さんも、お客さんの髪質に合ったシャンプーとかトリートメントとかを積極的に紹介してあげると喜ばれると思いますよね。“本当の意味での治療”で、無駄な通院をなくすために“セルフケアの大切さ”を患者さんに伝えています」

仕事疲れはこれで解消!簡単セルフケア法

美容師やエステティシャンの仕事は、立ちっぱなしで足がむくんでしまいがち。さらに前屈みの姿勢をとることの多いので、長時間パソコンに向かうのと同じように肩こりを引き起こしやすいそうです。知らないうちに疲れを溜め込んでしまわないように、普段からケアしたいところですが、時間や手間のかかるケアは続けることが難しいことも。
そこで、山平先生に「簡単セルフケア法」を教えていただきました。知っているつもりの方法でも、ちょっとした意識で、かなり効果が違ってくるそうです。

〈足のむくみケア〉

  1. 足が心臓より高くなるようにして横になります。
  2. 足首を伸ばしたり曲げたりをゆっくり20~30回ほど繰り返します。

簡単な動きですが、ふくらはぎの血液やリンパの流れにポンプ作用が働き、むくみが軽減されるそう。これだけでもいいのですが、マッサージをするなら、オイルなどがいらない入浴時がおすすめ。ふくらはぎを下から上に押し流すようにマッサージを。

足のむくみケア

          

〈肩こりケア〉

  1. 壁に対して横向きに立ち、肩の高さまで腕を上げて壁に手をつきます。手は背中側に向けます。
  2. 肩こりケア
  3. そのまま息を吐きながら、10秒くらい固定。3回くらい呼吸を繰り返します。
  4. さらに上、下、前寄り、後寄りなど、手の位置を変えて、同じように息を吐きながら10秒くらい固定を繰り返します。角度によって痛いと思う角度があるかもしれませんが、無理にするのはやめましょう。気持ちいいと思える程度に、繰り返すのはOK。
肩こりケア

ピンチ!寝違えて首が回らない時の対処法

寝違えて首が回らない時の対処法

朝起きたら、寝違えて首が回らなくなっていたという経験、誰にでもありますよね。時間が経てば治るとはいえ、ひどい時は全く回らなくなり辛いもの。仕事にも影響しかねません。
そんな時、回らなくなった方(左に回らないなら左)の手の、親指と人差し指の付け根にある「合谷」というツボを押すだけで、首が回りやすくなるそうです。実際に、寝違えていない時でも、何となく回りにくいと思う方の手の合谷を押してから首を回すと、楽に回るように。寝違えた時、肩や首のコリで首が回りにくいという人はお試しくださいね。

取材・文/宮内ともこ
撮影/宮内ともこ、AJHAJHA

Profile

山平光利さん

やまひら整骨院

山平光利さん

やまひら整骨院院長 柔道整復師 足病師
北豊島医療専門学校卒業と同時に柔道整復師の資格を取得後、整骨院勤務をしながら、プロスポーツ選手のトレーナーの経験を積む。
その後、TV番組の撮影帯同トレーナーや、了徳寺学園柔道部、日本体育大学相撲部、千葉国体千葉県代表、ALSOK柔道部など数多くのスポーツ団体のトレーナーとして活躍。現在もプロ野球選手やJRA所属の騎手の治療やケアを行なう。
2013年6月にやまひら整骨院を開業
やまひら整骨院 http://www.yamahira-seikotsuin.com/

大切なのはセルフケア! 柔道整復師に学ぶ、心もカラダも健康に保つ方法 #1>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

17_024_jyuudou

この記事をシェアする