アロマセラピストってどんな仕事? 必要な資格は? 資格を活かす5つの働き方

アロマセラピストってどんな仕事? 必要な資格は? 資格を活かす5つの働き方

アロマセラピーは、1937年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセという香料化学者が作ったと言われています。

「アロマセラピー」という著作の中で、彼が実験室の火災によって重度の火傷を負った際に緊急処置として、ラベンダーを塗ったところ、驚異的な治癒作用があることがわかり研究するようになったことが書かれています。

「アロマセラピー」と「アロマテラピー」という2通りの言葉を聞いたことがあると思いますが、「アロマテラピー」はフランス語読みなので、元はこちらなのでしょう。

趣味の講座からサイドビジネス、本格的な仕事として、いろいろな形でアロマセラピーを学ぶ人が増えています。では、アロマセラピストとは、具体的にどのような人のことを指すのでしょうか。

アロマセラピストってどんな仕事?

アロマセラピスト

アロマセラピストとは、精油に関する正しい知識についてお客様にアドバイスをしたり、いくつかの種類の精油をブレンドしたアロマオイルを使ってトリートメントを施す癒しのお仕事です。

精油の持つ特性を幅広く理解し、人体への影響のしくみ、脳やにおいに関する生理学の知識も正確に把握していることが要求されます。

さらに、人間の体がどのように老化していくのかを学び、体の細胞が老化する前に病気にならないための考え方を身につけることも必要です。

最近のストレス社会の影響で、リラクゼーションや癒しへの関心はとても高まっています。
専門のアロマサロンはもちろんのこと、ホテルや温泉施設、また病院や治療施設などでも、オプションやサービスでアロマ トリートメントを取り入れているところが増えています。

アロマセラピストの活躍の場は、どんどん拡大しています。では、その仕事内容を詳しく見ていきましょう。

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピスト

アロマセラピストの仕事は、天然の植物から抽出したエッセンシャルオイル(植物性香油)を使って、アロマテラピー(芳香療法)を施術することです。

香りによるヒーリング効果を利用して心と身体をリラックスさせたり、ストレス解消やさまざまな身体の不調を改善させたりすることができます。

マッサージや鍼灸院などの治療院や心療内科などの医療機関では、待合室や施術室にリラックス効果のあるアロマを使用するなどアロマセラピーを取り入れるところが増えています。

雑貨店などではアロマグッズが人気を集めていることでもわかるように、今、一般の消費者の間でも香りの効果が知られてきています。

ストレスが多い現代社会において、香りのプロフェッショナル・アロマセラピストは、当分需要が増え続ける存在になりそうです。

カウンセリングやアドバイス

アロマセラピーは心身の疾病の予防や治療を行うことですが、医療的なアロマセラピーは精油を使用したものに限定され、補助療法や代替療法として行なわれます。

お客様にカウンセリングを行い、どのアロマが良いか判断してアドバイスしてお客様に提供したり、アドバイスや販売などを行います。

アロマトリートメント ボディ・フェイシャル

アロマトリートメントのお仕事は、アロマセラピー関連の職種では一番最ポピュラーなものです。

専門のアロマサロンの他にも、エステティックサロン、温浴施設やホテル、ブライダルサロン、各種治療院などでも、アロマ トリートメントを取り入れるところが増えています。

サロンのお仕事を目指すのであれば、アロマセラピー、リラクゼーションや美容に関する知識はもちろん、ボディやフェイシャルにトリートメントを施す技術も必要になります。

最近は、リンパドレナージュの人気も高まっていて、アロマトリートメントの技術だけでなく、リンパドレナージュの手技を身につけている人も多くいます。

アロマセラピストになるには?① 専門の勉強をする

アロマセラピスト

アロマセラピストになるには、どうすればいいでしょうか。海外では、国家資格として認めているところもありますが、日本ではアロマセラピストに関する国家資格、公的資格などはありません。

アロマセラピストを目指すには、まず体系的なカリキュラムに沿って基礎知識から学習できるアロマ コーディネーター講座や、NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザー講座などを受講するのも良いでしょう。

また、アロマセラピストはマンツーマンでお客様に接する仕事なので、アロマの知識や技術はもちろん、人に対する思いやりや優しさ、感性の豊かさも学んでいかなければなりません。

専門学校で学ぶ

アロマセラピストを養成する専門学校は全国にたくさんあります。それぞれの特徴を良く調べて、自分に合った学校を見つけて通いましょう。

関西ビューティプロ専門学校ビューティーアドバイザー科(2年制)

メイクアップアーティスト、ファッションコーディネーターなどの資格も取得できます。

ル・トーア東亜美容専門学校美容学科

美容師、ネイリストなどにもなることができます。

窪田理容美容専門学校

フレグランスコーディネーター、まつ毛エクステスタッフなどにもなることができます。

大阪ハイテクノロジー専門学校柔道整復スポーツ学科・柔道整復学科

柔道整復師国家試験の受験資格を取得することができます。

認定校で学ぶ

アロマセラピーを学べるスクールはたくさんあります。学ぶ目的が趣味なのか、講師として活動するためなのか、お客様に施術をするためなのかしっかり決めたら、各スクールの案内を取り寄せて、費用や通学期間など自分の条件に合ったスクールを選びましょう。

日本アロマ環境協会(AEAJ)では、アロマテラピーに関する知識を取得する場として、独自の条件をクリアしたスクールを認定スクールとして定めています。認定スクールは全国にあり、誰でも通いやすくなっています。

通信で学ぶ

アロマセラピーを学べる通信教育も、ユーキャン、キャリカレ、たのまな、日本アロマセラピー統合医学協会などから多数用意されています。

こちらも、趣味からプロになりたい人まで、たくさんの需要があり、学びやすくなっています。

アロマセラピストになるには?② 資格を取得する

アロマセラピスト

日本では、アロマテラピーの資格は民間の協会が認定するもので、国家資格や公的資格ではありません。そのため、就職や開業するためにアロマセラピーの資格を取得していなければならないというわけではありません。

けれども、実際にはアロマ関連の求人は有資格者を優遇していますから、就職を志しているなら資格取得は必須条件と言えます。

そして独立開業を目指す人ならなおさら、お客さまからの信頼を得るためにも資格を取得することが重要です。

また、アロマセラピーはとても奥が深くて、学習しなければならない内容は多岐に渡り細かいことにも及びますので、独学だけで学ぶのはとても難しいことです。ですからアロマセラピーの資格を取得して正しい知識を深めることは、大変有意義です。

公益社団法人日本アロマ環境協会 アロマ検定・アロマセラピーアドバイザーなど

社団法人・日本アロマ環境協会は、アロマセラピー検定、アロマセラピーアドバイザーの資格などを認定している、日本有数のアロマセラピー協会です。

「日本アロマ環境協会」の前進である「日本アロマセラピー協会」は1996年に設立され、アロマセラピーに関する正しい知識の普及・研究活動や、資格の認定など、さまざまなアロマセラピーに関連した活動を行ってきました。

2005年に環境省の所管で法人許可を受け「社団法人 日本アロマ環境協会」として新たに発足しました。

アロマテラピー検定には、「アロマテラピー検定1級」「アロマテラピー検定2級」があり、毎年5月と11月に実施され、受験資格もなく何級からでも受験ができます。

日本アロマコーディネーター協会 アロマコーディネーター・インストラクターなど

日本アロマコーディネーター協会(JAA)は、1995年に設立され、翌年アロマコーディネーターの認定制度をスタートしました。アロマセラピー講座や、アロマハンドリラックス認定制度を始めるなどいろいろな講座や資格を作り続けています。

アロマコーディネーターは、日本アロマコーディネーター協会の認定資格です。

「花や草から生まれる香りのエッセンスの知識をもとに、自然の香りに親しみ、愉しみながら、より豊かなライフスタイルを”提案・実現”出来る人」と定義され、この資格を得ると、アロマセラピーの全般的な知識と技術を習得し、家庭や職場、アロマショップやサロンなど、さまざまな場面でアロマの効果を活かすことができます。

一般社団法人日本アロマセラピー学会 基礎認定・トリートメント認定など

一般社団法人日本アロマセラピー学会は、1997年に活動を開始しました。

「アロマセラピーを医療で正しく応用することで医療分野でのアロマセラピーの普及に寄与する」「アロマセラピーの科学的・医学的な研究により学術としてのアロマセラピーの確立を目指す」などの理念を持ち、アロマセラピーを医療で利用する社会的認知度を高める活動をしています。

基礎認定は、内科・整形外科・の神経外科、皮膚科、産婦人科などの専門家がアロマセラピーと疾患回復との関連などについて論じたものを学習するなど、学術的な内容となっています。

トリートメント認定は、プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。

この資格を持った人は、精油の専門知識の他に、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、さらにトリートメントの技術などを習得し、ボディとフェイスへのアロマセラピートリートメントやコンサルテーションを行うことができる人材と言えます。

アロマセラピストの働き方5つ

アロマセラピスト

次にアロマセラピストの働き方を見ていきましょう。需要が高い職種ですから、就職先はたくさんありますね。

1. アロマサロンに就職する

アロマセラピストやアロマセラピー関連の求人の情報は、一般の求人雑誌やサイトではあまり見かけませんが、アロマ協会のホームページやアロマセラピスト専門の求人サイトには、いつも何十件もの募集記事が掲載されていることもあります。

インターネットで、「アロマ求人情報」「アロマセラピスト就職」というキーワードを入れて検索すれば、アロマセラピストの求人情報が出てきます。

また、アロマサロンや、精油のメーカー、アロマ関連企業などのホームページにも求人募集が載っていますから、そういうホームページで探してみると良いでしょう。

求人情報には、アロマサロンなどでトリートメントをする仕事が最も多く出ています。アロマ スクールの講師やアロマショップのスタッフなども増えてきていると言えるでしょう。学びたい人が増え、自分でもアロマを購入して体験したい人も増えたからでしょう。

「初心者も応募可能」と書かれている場合もありますが、アロマセラピーの資格取得者や経験者を優先的に募集しているものが多いです。

採用される確率も有資格者や経験者の方がもちろん高いです。やはり本格的にアロマセラピーの勉強をして、資格を取得することが就職するための第1歩と言えそうです。

2. アロマ関係のお店でアドバイザーになる

精油やアロマに関連した商品を購入する人に、アドバイスや接客をするお仕事です。精油の特長やタブー、利用法、アロマセラピーを行うときの注意事項などを、お客様にお話でき、質問に答えられる技量が必要となります。

3. アロマセラピー講師になる

カルチャースクールや専門のアロマ スクールで正しい知識を指導するお仕事です。人に教える仕事ですから、ふだんの利用方法や精油の特長・タブーはもちろん、精油の化学や人体の解剖生理学など、高度なアロマの専門知識が要求されます。

4. アロマ関係の企業に就職する

アロマに関係するイベントの企画・広報・商品の仕入れなど、企業によってさまざまな業務があります。アロマの知識の他に、企画・広報などそれぞれの業務のスキルも必要です。

また医療の現場、ペットアロマセラピスト、スポーツアロマセラピストなど、アロマセラピーはさまざまな場面で取り入れられています。

5. 独立開業してサロンを開く

アロマセラピストの資格を持っていれば、独立してサロンを開くことができます。一般には、企業に勤務して美容サロンなどで経験を積んだ人が独立するケースが多いようです。

勤めていた時に比べると、かなり年収アップが見込めます。自分でチラシを作って配布したり、広告費をかけたりしてお客様を獲得するといった地道な努力をして、自分のサロンで成功しましょう。

アロマセラピストの資格を活かせる仕事は多い!

アロマセラピストは、お客様を癒し、元気を取り戻してもらうことが仕事です。現在のストレス社会では緊張感や疲れ、落ち込んだ気持ちなど、人によって異なる悩みを持っていますが、その原因はひとつではなく、多くの要因が複雑に絡まり合っているものです。

アロマセラピストはお客様の話をじっくり聞き、香りの好みを把握したうえで、適したエッセンシャルオイルを選んだり、場合によっては複数のオイルを調合したりします。アロマサロンなどの場合は、実際にお客様の身体に触れてリラクゼーションの施術も行います。

暗い表情で来店したお客様が「疲れが取れた」「体が軽くなった」と言って喜んで帰る姿を見るときが、アロマセラピストになってもっともやりがいを感じる瞬間になるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

アロマセラピストってどんな仕事? 必要な資格は? 資格を活かす5つの働き方

この記事をシェアする