リフレクソロジストとして開業するには? お店を開く方法と必要になる技術についてお伝えします

手のひらや足の裏にある全身のツボを優しくマッサージすることで、内臓を活性化させたりリラックスさせる効果が期待できるリフレクソロジー。

欧米などではその効果の高さから、医療として用いられることもあり、健康を気遣う女性たちに人気です。

その注目度の高さから、リフレクソロジストには高い技術と豊富な知識が求められます。

今回は、そんな専門性の高い、リフレクソロジストのお店を開業する方法や、お店の売り上げを伸ばすための秘訣などについて、詳しく紹介していきます。

理想の求人あるかも!

経験者歓迎の求人を探す

リフレクソロジストとしてお店を開くのに資格は必要?

美容室の場合、お店を開業しようと思うと美容師の国家資格が必ず必要になります。他にも、お店を開業する際に何らかの資格が必須となっている職業はたくさんありますね。

そういったことを踏まえたうえで、リフレクソロジストとしてお店を開く場合、資格は必要なのでしょうか。また、リフレクソロジストとして働くうえで役立つ資格はどのようなものがあるのでしょうか。

お店を開くのに資格は必要ありません

国家資格である美容師などとは違い、リフレクソロジーの資格は民間資格です。そのため、開業にあたって必須になる資格はなく、資格がなくても開業ができてしまいます。

しかし、リフレクソロジーはとても専門性の高い施術で、しっかりとした効果を得るには高度な技術が必要です。

そのため、基本的には専門学校や通信講座を使い、ライセンスや資格を取得しているという人が多いと言えます。

資格があると、お客様へのアピールや信頼向上にもつながり、開業後の集客活動にも役立つと言えるでしょう。

多くの人はお店を開く前に資格を取得しています

リフレクソロジストとしてお店を開業する人は、開業前に必ずと言って良いほど資格を取っています。

その中でも、リフレクソロジストの資格はいくつか種類があり、知名度の高い資格を取っておくのが良いでしょう。

資格を取る際は、資格認定が受けられるスクールに通い、基礎的な勉強からしっかり学ぶのもおすすめです。

スクールでは知識面・技術面ともに初心者でも学びやすいカリキュラムが用意されているほか、就職や独立支援も受けられるため、とても心強いと言えます。

リフレクソロジーに関係する資格は、大きく西洋式と東洋式に分かれていて

西洋式では日本リフレソロジスト認定機構(JREC)、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)
、日本ヒーリングリラクゼーション協会(JHRS)

東洋式では一般社団財団法人日本整体セラピスト認定協会などが実施する試験があります。

日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)|リフレクソロジーレギュラー

こちらの資格は、JREC加盟校で対応講座を修了し、筆記試験を受けることで取得することができ、資格取得後は、JRECの加盟サロンの開業や、JREC加盟教室の開業もできます。

また、同機構には、実技試験の合格が必要な上位資格であるリフレクソロジーマスターや、医療、介護、福祉向けのリフレクソロジー試験も用意されています。

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)|リフレクソロジスト資格

こちらの資格は、キャリアカレッジジャパンの通信講座である、「リフレクソロジスト資格取得講座」を修了すると取得することのできる資格です。

試験の内容は、人体の仕組みや反射区に関する基礎知識のほか、リフレクソロジーの技能を問う内容が出題されます。

日本ヒーリングリラクゼーション協会(JHRS)|リフレクソロジープロライセンス実技士資格

こちらは、「癒し」が身体に与える効果を活かした健康増進を目指し設立された協会です。

日本リフレクソロジスト養成学院(REFLE)で指定の講座を受講し、試験に合格することで取得できます。

この資格は、がんや認知症患者の緩和ケアにも活用されている資格です。

一般社団財団法人日本整体セラピスト認定協会|東洋式リフレクソロジーコース修了認定

ウィルワン整体アカデミーの「東洋リフレクソロジーコース」を受講し、認定試験に合格すると資格が取得できます。

東洋式の資格で、交感神経を強く刺激することで、集中力を高める手技が特徴です。

同協会には西洋式のコースもあり、そちらでは副交感神経を優しく刺激してリラックス効果が得られるような手技を中心に学びます。

お店を開くならまずはリフレクソロジーの資格や知識を身に付けよう

サロンを開業し、経営を軌道に乗せるためには、お客様が安心して通ったり、知人を紹介できるような高い技術と知識が必要になります。

まずは自分の目指すリフレクソロジーの資格やスクールを探し、基礎からしっかりと学びましょう。

また、資格の勉強と並行して、サロンで実際に働いて経験を積んでみるのもおすすめです。

サロンで働いてみると、技術面だけではなく、お客様との接し方やカウンセリングの仕方、お店の経営の仕方や集客方法など、開業してから役立つことをたくさん学ぶことができます。

リフレクソロジストとしてお店を開く方法

リフレクソロジストとしてお店を開くには、実際に店舗を構える以外にもいくつか方法があります。

自分のライフスタイルや、予算、理想のお店像などから、どのような開業方法がよいか考えてみましょう。

店舗を構えてお店を始める

自分でお店を開く以外にも、テナントを借りてお店を構える方法もあります。

そういった方法でも、しっかりとしたお店を作れば、自宅の一室などでの開業に比べ初めてのお客様も来店しやすいほか、お客様からの信頼度もグッと上がるでしょう。

また、予算さえあれば自分の好みの内装にできるので、より自分の理想のサロンに近い形でお店を作ることが出来ます。

ただし、その分コストは高く付いてしまうので、家賃などのランニングコストも考慮したうえで場所を検討しましょう。

出張専門のお店として始める

こちらは、店舗を持たず、出張専門で営業する方法です。お客様の好きな場所に訪問して施術をするため、店舗を持つパターンに比べコストは安く抑えられると言えます。

ベットなどの大型設備の用意も不要なので、気軽に開業できますね。訪問場所によっては移動時間がかかるので、一日に施術できる数が限られるのが難点です。

自宅の一室を利用してサロンを始める

こちらは、他のスタッフを雇わず、一人で営業する方法です。この方法なら、6畳ほどのスペースがあれば十分に施術ができます。

お客様を招き入れるスペースは、自分好みにコーディネートして、お客様がリラックスして施術を受けられる部屋作りをしましょう。

また、自宅で開業する場合、家族の協力が必要不可欠です。開業する曜日や時間、使用する設備などは、あらかじめ家族と相談し、後々トラブルにならないようにしましょう。

自宅が郊外にある場合などは、積極的な集客活動も必要になります。SNSや口コミなどをうまく使ってアピールしましょう。

レンタルサロンを借りてお店を始める

こちらは、レンタルサロンを借りて開業する方法です。

この方法だと、家賃はかかりますが、お店をしっかり用意するより安価に借りることができ、自宅よりも立地がいい場所に店を構えることができます。

お店を構えるほど予算がない場合や、自宅にお客様を招き入れるのに抵抗がある場合などはレンタルサロンを利用するのも良いでしょう。

立地や周辺地域の雰囲気、競合店はあるかどうかや、レンタルコストなどを総合的に見てレンタルするサロンを決めるようにしましょう。

リフレクソロジストとしてお店を始めるときに気をつけるべきこと

リフレクソロジストとして無事に自分のお店が持てたとしても、お店の経営がきちんとうまくいくとは限りません。

経営をうまく回すためには、お客様の信頼をしっかり獲得して、常に新しい情報や知識を取り入れる必要があります。

セラピストマインドをしっかりと意識する

リフレクソロジストの仕事は、カウンセリングや施術によってお客様を癒したり、身体の不調を軽減してあげることです。

独立してお店を開くと、つい売上などお金の面に目が行きがちになります。

しかし、目先の売り上げにばかり気を取られ、お客様を大切にして癒してあげる気持ちを忘れてしまうと、おのずと来店してくれるお客様も減っていくでしょう。

そういったことから、お客様を常に意識しながら、日々の施術に取り組む必要があると言えます。

お店を開くことと一人前ということは別物と理解する

晴れて独立してお店を持つと、一人前のリフレクソロジストになれたような気持ちになりますね。しかし、お店を開くことは一人前の証ではありません。

どんなにベテランのリフレクソロジストでも、お客様に十分に満足して頂けるよう、精一杯の努力をするという気持ちを常に持ち続けることが大切です。

その気持ちを持ってお客様と接することが出来れば、お客様といい関係を築くことができ、長く通って頂けたり、別のお客様を紹介して頂けたりと、結果的にお店の成功に繫がると言えます。

もっと技術を向上させたいという気持ちを常に持っておくようにすること

リフレクソロジーの世界で成功するには、常に新しい施術や効果などの情報を取り入れながら、自分の技術を高め続ける必要があります。

リフレクソロジーは人間の身体に対する施術なので、ツボなど基礎的な知識はあっても本当に効果がある施術の力加減やポイントはお客様によって千差万別です。

そのため、来店してくれた全てのお客様に満足してもらうには、日々の勉強や経験が必要です。積極的に勉強会や交流会に参加するなどして、積極的に技術を向上させるように努めましょう。

リフレクソロジストとして独立をするには技術だけではなく経営力も必要になります

今回は、リフレクソロジストとしてお店を開業する為にはどんなことが必要なのかを見てきました。

リフレクソロジストは、その専門性の高さゆえにたくさんの知識や技術が必要です。

また、お店を開業するとなると、施術に関する知識だけではなく、集客スキルや会計スキル、お店経営のスキルなど、たくさんの力が必要になるため、常に勉強が必要と言えます。

そういった辛い一面もありますが、実際にお店を開業すると、自分の理想の施術やサービスをお客様に提供することができたり、日々新しいことに挑戦できたりして、サロン勤めに比べやりがいはあると言えます。

リフレクソロジストの仕事に関心がある人は、是非一度、独立開業も検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事

近くのリフレクソロジー求人をリジョブで探す

株式会社リジョブでは、美容・リラクゼーション・治療業界に特化した「リジョブ」も運営しております。
転職をご検討中の場合は、以下の地域からぜひ求人をお探しください。

関東
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄