美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-03-14

【SNSで売り上げアップ】キレイな写真に仕上げる秘訣は撮影の距離感にあり!? GALA 泉貴寛さんの撮影テクニック #3

髪の見せ方や光の取り入れ方にこだわった写真で多くのお客様から支持を得ているGALAの泉貴寛さん。そんな泉さんにモデルが映える撮影テクニックを伺いました。

モデルが画角に納まってから15cmぐらい離れると、自然光を上手く取り入れることができるんですね! スタイリング剤やヘアアイロンを活用することも注目を集める撮影テクニックの1つだということも学べて大変光栄でした。

泉さん流モデルが映える撮影テクニック3か条

1.画角にモデルが納まってから約15cm離れる

2.ヘアアイロンを活用する

3スタイリング剤を髪全体に塗る

▽#4はこちら▽
【SNSで売り上げUP】スマホのアプリを多用して写真の注目度をプラス! GALA 泉貴寛さんの編集テクニック #4>>

取材・原文/井上桂佑(レ・キャトル)
撮影/石原麻里絵(fort)
イラスト/なとみ みわ

教えてくれたのはこの人!

GALA 泉貴寛さん

見やすいレイアウトを意識して作ったコラージュ写真が多くのお客様から大好評。月の売り上げも400万円を達成する人気美容師に。
インスタグラム:izumi_takahiro.jp

Salon Data

GALA

住所:東京都渋谷区渋谷1-9-1 渋谷ビジネス会館2F
TEL:03-6452-6504
URL:
http://galahair-official.com/access/

美容師が知っておきたい撮影テクニックを解説!

GALA 泉貴寛さん流モデルが映える撮影テクニックは、とても参考になりましたが、ほかにも美容師が知っておきたい撮影テクニックはあります。ここでは、サロンを魅力的に見せる美しい写真を撮影するポイントについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

モデル&ヘアスタイルをより美しく! 撮影テクニックを解説

GALA 泉貴寛さんの撮影テクニックでは、モデルの被写体との距離感やヘアアイロンやスタイリング剤の活用などがポイントでした。ここでは、ほかにある撮影テクニックについて解説します。

ライティングのポイント|自然光・ストロボ

美容師がヘアスタイルを撮影する際にこだわることが多いのは、朝の光などの自然光です。女性を自然に柔らかく見せることができ、肌もきれいに映ります。

ただ、自然光に頼るばかりでは、天気や時間帯に左右されてしまい、いつもクオリティの高い写真を撮影できるとは限りません。自然光を利用するにしても、ストロボなどもプラスして逆光を補うような工夫も大切です。ほかにも、レフ板を使って自然光を反射させるのもよいでしょう。

イメージづくりのポイント|メイク・衣装

モデルさんのメイクや衣装も、イメージづくりのポイントとしてこだわりたいところです。メイクはやや濃いめに仕上げると、きれいに映ります。ナチュラルメイクでは、写真の露出を上げて肌を明るくきれいに見せる際に、チークやアイメイクなどの色味がわからなくなってしまうのです。

衣装は、ヘアメイクをはじめる前に、あらかじめ選んで着用しておいてもらうのがおすすめ。全体のイメージに合わせて、色や形、袖の長さや首まわり、アクセサリーの有無などを選んで、髪がきれいに見えるスタイルになるように気をつけるようにしましょう。

構図のポイント|背景と被写体のバランス

背景と被写体のバランスを考えて、構図を決めるのも重要なポイント。印象的で奥行きのある写真にするために効果的なのが、「三分割法」です。全体を縦と横に三等分する線を引いて、線と線の交わる位置に被写体が映るような構図にします。背景をシンプルにしても、構図を意識すると、魅力的な作品に仕上がるでしょう。

気をつけたいのは、串刺し写真にならないようにすることです。串刺し写真とは、窓枠や鏡の枠などがモデルさんと重なってしまい、頭からなにか生えているように見えたり、首に垂直な線が刺さっているように見えたりするような写真のことをいいます。せっかくライティングや構図、メイクや衣装などにこだわっても、台無しになってしまいかねないので、周囲の背景には気をつけてくださいね。

撮影には一眼レフが必要? スマホカメラはおすすめできない?

最近では、インスタを集客に使う美容室も増えてきています。そのなかでお客様の目を引くためにも、一眼レフカメラでこだわりの写真を撮影するような美容師も多くなってきました。しかし、一眼レフは高価なので、なかなか手がでないという美容師の方もいらっしゃるようです。ここでは、撮影のためには一眼レフが必須なのか、スマホカメラはおすすめできないのかについて解説します。

スマホカメラでも撮影できる!

結論からいうと、スマホでも工夫をすれば美しい作品づくりができます。最近のスマホのカメラは、高性能なものも多く、一眼レフで撮影した写真と比べても、見劣りしない作品に仕上げることも可能です。スマホのカメラは、自然光のもとで撮影することが前提となっているので、自然光をより上手に使うことを心がけましょう。

アプリをうまく利用して作品を作り上げよう

スマホでの撮影では、加工アプリを利用して美しく仕上げることも可能です。加工アプリには、数多くの種類があって、それぞれに特徴があります。肌やヘアをきれいに見せるような加工が優秀なアプリや複数の写真を組み合わせることのできるアプリ、文字入れやモチーフの貼りつけなどがオシャレにできるアプリなど、いくつかのアプリを組み合わせて使うと、イメージに合った写真に仕上げることができるでしょう。

サロンのイメージにぴったりの写真を撮ろう!

最近は、インスタグラムで集客してサロンにお客様を呼び込むのが、美容師のスタンダードになりつつあります。インスタには日々美容に関する写真が数多く投稿されているので、ライティングや構図のテクニック、メイクや衣装などにこだわって、イメージにぴったりの魅力的に写真を撮影してみるのがおすすめです。数多くの投稿のなかで、お客様の目を引く作品に仕上げることができたら、より集客にもつながっていくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事