美容業界の応援メディア
学び・キャリア 2020-05-13

【SNSで売り上げアップ】山中さんが伝授! 洗練された写真を撮るコツを漫画でご紹介【nina 山中麻里江さん】#4

「ミラーレス一眼レフ」カメラで、インスタ映えするまつ毛写真を撮っているというninaの山中麻里江さん。中でも、クールな雰囲気に仕上げた写真は多くのお客様から好評で、今や予約が後を絶たないほど。そんな山中さんにクールな雰囲気の写真を撮影するコツを伺いました。

Instagramを介して作品の雰囲気にあったモデルさんを探しているんですね。カーテンを閉めたり、電灯を消したりして撮影場所を暗くすることで、クールな雰囲気に仕上げることができるというお話は大変勉強になりました。

山中さん流・クールな雰囲気に仕上げるコツ3箇条

1.Instagramを介してクールなイメージに合ったモデルさんを探す

2.カーテンを閉めたり、部屋の電灯を消したりして写真全体の雰囲気を暗くする

3.「ミラーレス一眼レフ」カメラで「露出」を下げて撮影する

▽#5はこちら▽
【SNSで売り上げアップ】Instagramをきっかけに月の新規顧客数が50人を突破!【nina 山中麻里江さん】#5>>

取材・原文/井上桂佑(レ・キャトル)
撮影/高橋昌也(fort)
イラスト/なとみ みわ

教えてくれたのはこの人!

nina 山中麻里江さん

圧倒的なセンスで撮った写真が多くのお客様から注目されている話題のアイリスト。「ミラーレス一眼レフ」カメラで撮った美しい写真は多くのお客様に絶賛され、月の新規顧客数が50人を超えるほど人気上昇中。
インスタグラム:nina_eyedesign

Salon Data

nina

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 EBISU TANAKA BLDG.7F
TEL:03-6427-8663
URL:http://nina-salon.jp/

まだある! マツエク写真撮影のポイントを解説

マツエクを写真撮影してInstagramやTwitterなどのSNSにアップすると、だれかの目に留まり、そこからサロンの集客につながるため、売上に貢献できます。最近は、SNSを見て行きたいサロンを探すお客様が多いです。

SNSでだれかの目に留まるようにするには、写真を撮影するときの写真撮影のポイントを押さえておくとよいでしょう。今回はモアリジョブ編集部がマツエク写真撮影のポイントを詳しく解説します。

マツエク写真撮影のポイントをさらに解説

マツエクの写真撮影の仕方については、すでにご紹介しました。しかし、マツエクの撮影のポイントは、実はまだたくさんあります。さらにどんなポイントを意識するといいのか、チェックしておきましょう。

ライティング|目元や仕上がりがきれいに見えるように

目元や仕上がりがきれいに見えるように、ライティングに気を使うことが大切です。施術のときに使うライトでよいので、目元が暗くならないように気をつけて顔に光を当てるようにしてください。レフ板を使うのもよいのですが、白い紙でも代用できます。また、自然光をうまく使うのもおすすめです。このライティングに気をつかうだけで、インスタ映えする写真を撮影することができます。

撮影角度|目を開ける・閉じる

目を開けて撮影するときは、少し下のほうから写真を撮るようにして、目の白い部分にまつげが入り込まないように気をつけてください。入り込むと、いくら実物がよくても仕上がりが雑に見えてしまうからです。このとき、角度をつけすぎないようにしましょう。

また、目を閉じて撮影するときは、顔を下向きにして、やや横向きにして上から撮ると、カールの上がり方がよくわかる写真になります。目を開けた状態と閉じた状態の両方の写真を撮ることで、まつエクの状態がよりわかりやすくなるのです。

背景|おすすめのイメージやデザインに合わせて選ぶ

マツエクのみでほかが写り込まない場合は必要ありませんが、全体を写す場合などお客様がイメージを膨らませられるものを選ぶとよいでしょう。キュート系ならピンクや花などのかわいらしい背景を、ナチュラルなデザインなら緑や木などの自然なイメージの背景がおすすめです。

ピント|まつ毛・エクステにピントを合わせる

ピントを合わせる位置についても、注意が必要です。人物を撮影する際は、瞳にピントを合わせてしまいやすいですが、主役はあくまでまつエクなので、まつ毛にピントが合うように注意して撮影をするようにしてください。

エクステの状態|施術のあとが見えないようにチェック

撮影をする前に、エクステの状態もチェックしておくことも忘れてはいけません。クロスしているまつ毛がないか、グルーが見えていないかなど、まつ毛が美しい状態になるようにしっかりと注意しておくことが大切です。

加工|加工しすぎないように注意

アプリを利用して、写真を加工するのもおすすめです。暗めの写真を明るくしたり、肌をキレイに見せることでマツエクを引き立たせたりすることもできます。とはいえ、加工しすぎると不自然に見え、印象が悪くなってしまうこともあるので、加工しすぎないようにじゅうぶんに注意して加工するようにしてくださいね。

スマホで撮影する時の注意点とは?

最近のスマホはカメラ機能も優れているので、サロンのブログやSNSなどにアップする際はスマホでもじゅうぶんに美しい写真が撮ることが可能です。ここでは、スマホで撮影する際に気をつけたいことについて解説します。

ズーム機能をなるべく使わない

ズーム機能を使うと、自分が動かなくてもまつ毛を大きく写すことができますが、画質が悪くなってしまうことがあります。そのため、ズーム機能はなるべく使わないようにして、スマホと目元の距離を近づけて、ピントを合わせて写真を撮るようにしましょう。

たくさん撮っておく

同じ写真を何枚も撮るようにするのも大事です。光の入り方やモデルさんの目の開き方、カメラの角度など、同じ写真に見えても微妙に違う映り方になります。たくさん撮ったなかから、一番写りがよく美しく見える奇跡の一枚を見つけるようにしてください。

すてきな写真をSNSにアップしてサロンにお客様を呼び込もう!

マツエクの写真を撮る際は、ライティングや撮影角度、背景の選び方などに注意して撮影し、加工しすぎないようするのも大切です。また、スマホで撮影する際は、ズーム機能を使うと画質が悪くなるので、なるべく使わないようにして、同じ写真を何枚も撮っておくことをおすすめします。たくさん撮ったなかからとっておきの奇跡の一枚を見つけ、すてきな写真をSNSにアップして、サロンにお客様を呼び込んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事