驚きの発想で「地域密着」と「全国区」を両立!『深夜美容室TAMA』

驚きの発想で「地域密着」と「全国区」を両立!『深夜美容室TAMA』

賑やかな西荻窪の駅前にある『深夜美容室TAMA』。駅前30秒に位置する同店は、うっかりすると見逃してしまいそうなほど小さなお店ですが、その知名度は全国クラス。
後編の今回はサロンを運営する合同会社迅風社代表のkirinさんと店長のTAMAさんに、お店に来られるお客さまやお店作りのこだわり、今後のビジョンについてうかがいました。

アイデアだけはない、あるデータに基づいた出店

――お客さまにはどのような方が多いですか?
TAMAさん「オタクの方が5割、一般の方が5割くらいでしょうか。日中はオタクのお客さま、夜は一般のお客さまが多いです。特に一般の男性は、土日の休日を美容室に行くことで潰したくないようで、仕事帰りにスーツのまま来店されることが多いです。終電ギリギリに帰って来て、そのままお店にいらっしゃるという感じですね」

kirinさん「もともと事業計画の段階から、帰宅するサラリーマンの需要は狙っていました。西荻窪はいわゆる自宅が多い、つまりみんなが寝るために帰ってくる街で、深夜人口は渋谷以上という統計データがあるくらいです。店名に『深夜美容室』とつけたのはまさにそのためで、仕事から帰ってきて夕飯を食べたあとで髪を切りに行きたいという、一般の方の需要に応えようと考えていました。一方、ネットでサロンの告知をしているせいか、オタクのお客さまについては地方から来店される方も大勢いらっしゃいます」

TAMAさん「一番遠いところだと、フランスから男性のお客さまが。国内だと北海道や沖縄からもいらっしゃいますね」

深夜美容室TAMA

「美容室がこんなに楽しかったのは、初めて!」と言われる理由

――お客さまからはどのような感想が多いですか?
TAMAさん「一番よく言われるのは、『こんなに美容師さんとしゃべったの、初めて!』ということですね。また『美容室がこんなに楽しいと思ったの、初めて!』という感想もいただきます」

kirinさん「オーダーシートで『話しかけないで欲しい』のほうにチェックしていたお客さまでも、スタイリストも同じアニメが好きなオタクだとわかった瞬間に会話が弾みますね。またオタクのお客さまは、普通の美容院でアニメのキャラクターの髪型にして欲しいと伝えることが恥ずかしいんです。私自身も同じ経験をしていて、あるアニメに登場する目つきの悪い刈り上げのキャラクターの髪型にしたかったとき、わざわざ似た髪型の韓流俳優の写真を用意したくらいです。このお店ではダイレクトにキャラクターの名前を言っても恥ずかしくありませんから、それでお客さまもリラックスできるようです」

kirinさん

内装がオタクっぽくないのには、理由がある

――お店づくりや内装でこだわっている点はありますか?
kirinさん「まず、内装にあまりオタクっぽさを出さないようにしています。具体的には、あまりフィギュア(人形)や小物類などを置かないということですね。これはオタクではない、地元のお客さまに来ていただくためです。ネット上のお店のサイトを見ると完全にオタク向けのお店なんですけど、近所を通りかかっただけの人には普通の美容室に見えるというデザインですね」

TAMAさん「最近は店内にポスターやタペストリー、CD、フィギュア、ぬいぐるみなどが少し増えてしまいましたけど。これらは全部、お客さまからいただいたものです」

kirinさん「お客さまが持ってきてくださったものを展示するのはサービスの一環ですね。プレゼントをお店に飾ると、やはりお客さまには喜んでいただけるので。お店のコンセプトとは少しずれますが、そこは臨機応変に考えています」

TAMAさん

お店を基盤に、スタッフたちの夢を応援していく

――今後のビジョンについて教えてください。
kirinさん「このお店についてはひとまずしっかりとした基盤ができたので、たとえば芸能関係や雑誌でのヘアメイクなどにもTAMAの活躍の場を広げていきたいですね。自分の髪を担当しているスタイリストが著名人のヘアメイクもしている、というのは、このお店のお客さまにとっても満足感(=サービスの向上)に繋がりますから。積極的に彼女の夢を後押ししたい、と思っています」

TAMAさん「このお店で一緒にやっているスタイリストとも話しているのですが、お客さまとも協力して仕事の幅を広げ、TAMAという個人名がブランドになるようにしていきたいですね。具体的にはバンド関係のヘアメイクの仕事を増やすことや、イベントなどの主催・企画を考えています」

kirinさん「店舗の拡大や新規出店については、大阪にバーを出店した際、たくさんのお客さまから『ヘアサロンも大阪に開いてください!』と言っていただいたのですが、なかなかオタク的な感性・素養があるスタイリストでないと務まらない仕事なのが難しいところです。フィットする人材が見つかれば、ぜひ需要のあるところには進出したいですね」

   

Salon Data

深夜美容室TAMA

深夜美容室TAMA

住所:東京都杉並区西荻南3-13-1 伊藤ビル2F
TEL:070-3168-5523
http://salontama.moo.jp/index.html

美容院への“とある不満”を解消し全国的な知名度を『深夜美容室TAMA』>>

この記事が気に入ったら
いいね!してね

驚きの発想で「地域密着」と「全国区」を両立!『深夜美容室TAMA』

この記事をシェアする