美容業界の応援メディア
コラム・特集 2019-08-07

ネイリストのお給料はどれくらい? 求人情報をチェック! 収入をUPさせるにはどうすればいいの?

ネイリストは持ち前のセンスや繊細な技術を活かして働くことができるため、憧れる女性の多い職業のひとつです。しかし、華やかに見える一方、技術職となるため日々腕を磨く必要があり、給料もそれほど多くないというイメージは、現在ネイリストを目指している方やネイリストに興味を持っている方であれば気になるのではないでしょうか。そこで今回は、求人情報をチェックして、ネイリストの給料事情などを見ていきましょう。さらに、どうすれば収入が上がるのかについても詳しく解説していきます。

ネイリストの職業事情|お給料はどれくらい?

美容業界で華やかに働いているように見えるネイリストは、どのくらいの給料をもらっているのでしょうか。ネイリストという職業に就きたいと考えている方にとって、給料面は最も気になるところでしょう。ここでは東京都と神奈川県、埼玉県における求人情報を元に、ネイリストの給料事情を解説していきます。

ネイリストの正社員の収入|平均年収はどれくらい?

ネイリストの求人情報一覧を見ていくと、正社員の場合だと月給が最も低い提示額のサロンだと17万円からとなっており、最も高い提示額のサロンだと月給80万円となっているため、かなりの幅があるのがわかります。
そのため、月給17万のサロンで働いた場合の年収は約200万、月給80万を支給するサロンの年収は約900万なので、サロンによって年収にばらつきがあります。しかし、給料がよいという理由だけでサロンを選ぶのはやめましょう。高い給料にはそれなりの理由がある可能性もあり、勤務時間や環境、福利厚生、賞与などもそれぞれ違いがあります。未経験者歓迎のサロンの求人も目立つので、未経験者から雇用し、経験やスキルに合わせて徐々に給料が上がっていく仕組みとなっているようです。

ネイリストのアルバイトの収入|平均時給はどれくらい?

アルバイトを対象としたネイリストの求人情報を見ていくと、時給の低いサロンだと960円から、高いサロンだと3,000円までとなっているので、正社員同様、アルバイト勤務の場合でも給料には幅があるようです。こちらも正社員と同じく、サロンの経営状態によって時給にばらつきがあるのでしょう。
平均を出してみると、1,200~1,500円ほどの時給が相場です。正社員で採用される場合と同様に、個人の経験やスキルによって時給も異なります。正社員に比べると少ないと予想されるものの、サロンによっては随時昇給をする可能性もあるようです。

未経験の場合の給料はどれくらい?

ネイリストの求人では未経験者を歓迎する求人もよく目につくでしょう。未経験の場合の給料は、求人の提示の最低額が当てはまると考えられるので、未経験の正社員である場合だと月給は16~25万円が相場となっています。
しかし、未経験者を対象にした求人とはいっても、実務未経験者であることが多いのが特徴です。スクールの卒業生や資格のある方を求めているサロンがほとんどであるため、まったくの未経験者の求人というのはそれほど多くはありません。

ネイリストが収入をUPさせるには?

ネイリストという職業に限らず、長い間同じ職種で働いていくには、やはり収入が多いほうがモチベーションも上がり、働きがいも感じられるでしょう。そこで、ネイリストが収入をアップさせる方法について解説していきます。

未経験の場合|資格を取得して仕事の幅を増やす

求人情報を見てみると、未経験者歓迎の記載があったとしても、経験者優遇とも書いてあったり、資格のあるなしで給料が変わることも記載されていたりすることが多いのが特徴です。ネイリストとして収入を上げるには、経験を積むと共に資格を取得して、仕事の幅を増やすといいでしょう。そこでおすすめの資格取得方法をご紹介します。

おすすめの資格|JNECネイリスト技能検定

おすすめの資格取得方法としては、まずJNECネイリスト技能検定があります。多くの求人情報でも、この資格を持っていることを条件にしたり、優遇したりするサロンがよく見られました。日本ネイリスト協会が認証している資格で、ネイリストの資格の中でも歴史があり、信頼度も高い資格といえるでしょう。
難易度はトップレベルのネイリストとしての技術や知識を身につけたとされる1級と、サロンで仕事をするのに通用する2級、基本的な技術と知識を身につけたとされる3級の3段階があります。求人では2級以上としているサロンも見かけられるので、まずは2級の取得を目指し、働きながら将来的に1級を取得していくのがおすすめです。
試験は四季に合わせて、実技試験と筆記試験が年4回行なわれますが、1級のみ秋と冬の2回の実施となっています。

おすすめのスクールを紹介|通学&通信

ネイリストの求人では、専門のスクールの卒業を条件にしているところも多いです。ネイルについて専門的に学んでいると就活でも有利となり、給料が高くなる可能性も。そこで、おすすめの2つのスクールをご紹介します。

・ヒューマンアカデミー
全国展開しているスクールで、初心者から経験者を対象にしたさまざまなコースがあります。取得できる資格もJNECネイリスト技能検定やJNAジェルネイル技能検定、ネイルサロン衛生管理士など、コースによっていくつかの資格の取得が可能です。ネイリストとして必要となる技能や知識を身につけるのにおすすめのスクールといえるでしょう。通信講座もあるので、働きながら学ぶこともできます。

・クラスタイルカレッジ
東京や大阪、札幌、名古屋、福岡などの主要都市に展開している、ネイル専門のスクールです。ネイルに特化したスクールで30以上のコースがあり、通信制もあるので、目的に合わせて自分にぴったりのコースを選ぶことができます。資格取得に向けてのサポート体制も整っており、JNECネイリスト技能検定やJNAジェルネイル技能検定、JNA認定講師資格の取得に向けて手厚くサポートしてくれるでしょう。最新のトレンドが身につくアートレシピも紹介してくれるので、現場の即戦力としての活躍が期待できます。

経験者の場合|ほかのネイルサロンや美容室・企業に転職

すでにネイリストとして働いている経験者の場合、さらなる収入アップのために、条件のいいサロンへの転職を考えるのも手でしょう。上述したように、ネイリストの給料はサロンの経営状態によって、かなりの幅があります。そのため、転職することで年収がぐんと上がることも考えられるでしょう。

キャリアアップを狙うなら独立や講師の道も

ネイリストとして、さらなるキャリアアップを目指すには独立すること、講師となるのもおすすめです。講師になるにはJNA認定講師の資格が必要となります。日本ネイリスト協会の講師会の一員として、イベントやコンテスト、セミナーなどといった活動を支えているのがJNA認定講師です。このJNA認定講師資格試験の受験資格には以下のような条件があるので、いくつか抜粋してご紹介します。

・ネイリスト技能検定試験1級に合格してから1年以上経過している
・プロネイリストとしての実務経験がある
・受験日に満二十歳以上である
・JNAの個人正会員である
・JNA認定校を卒業している
・ネイルサロン衛生管理士の資格を取得している
・ジェルネイル技能検定試験上級の資格を取得している

ほかにもいくつか条件があるので、気になる方は下記にあるJNAのホームページを確認してみるといいでしょう。

NPO法人 日本ネイリスト協会(JNA)

収入UPの方法はいろいろ! 自分に合った方法を選ぼう

ネイリストは美容業界で華やかに働く、憧れの職業のひとつです。しかし、収入を上げるためには、実務経験やスキルアップ、資格の取得など、さまざまな方法があります。生まれ持ったセンスはもちろん、絶え間ない努力も必要です。トップネイリストとしてサロンで輝けるよう、自分に合った方法を見つけて収入アップを目指してみるといいでしょう。

出典元:
JNECネイリスト技能検定
JNECネイリスト検定試験センター
ハローワークインターネットサービス ネイリスト
ヒューマンアカデミー
クラスタイルカレッジ
JNAの認定講師資格試験
日本ネイリスト協会 「認定講師」
日本ネイリスト協会 「認定講師資格試験」

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事