batch_167-1-min

理容師と美容師の違いとは?資格を取得した後に活躍出来る場所やダブルライセンスを取得する方法を紹介

一昔前なら、理容師と美容師は明確に違っていました。それこそ、『赤・白・青のストライプがクルクル回転している立て看板が理容室』で、『美容室は女性が主に行くところ』といった具合にです。

ところが、ますます美容に対する関心が高まっている現在の状況から、より細やかなニーズに対応できるように、理容や美容のサービスも複雑化しています。

そのような流れを受けて、理容師の資格を持つ人が美容師の資格を目指す、またはその逆に美容師が理容師資格を目指すといった、「ダブルライセンス」を目標にする人も出てきています。

ともに国家資格が必要となる職業ですが、昨今の業態の多様化を目の当たりにすると、その違いを明確に述べられる人は意外と少ないのではないでしょうか。

国家資格を必要としない「リラクゼーション」扱いの職種が、“美容”の看板を掲げている今、理容室や美容室といったお決まりの職場を超えて、さまざまなフィールドで必要とされている存在となりつつあるのが理・美容師といえそうです。

ここでは、理容師と美容師の違いについて、さらにはどんな現場で活躍しているのかについて考えてみましょう。

理容師と美容師の違いとはいったい?

batch_167-2-min

理容師と美容師はともに国家資格を必要とする職業です。お互いに重なる部分はあるのですが、微妙な違いがあります。

理容師の仕事は、理容師法で「頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」と定められています。

美容師の仕事は、美容師法で「パーマネントウェーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすること」と定められています。

ヘアカットはどちらの仕事にも含まれていますが、顔剃りは理容師にしか認められていなく、着付けは美容師の仕事の範ちゅうとなります。

理容師と美容師の国家試験での受験科目の違い

batch_167-3-min

理容師・美容師になるためには、厚労省が指定した養成施設を卒業し、国家試験に合格する必要があります。

公益財団法人理容師美容師試験研修センターによると、平均して、美容師の合格率は60~80パーセントとなっていることに対し、理容師の合格率は50~70パーセントと少し低くなっています。

2つの資格の大きな差のひとつに、受験者数が挙げられます。美容師資格の受験者数が1~2万人であるのに対し、理容師の方は1桁少ない1~2千人となっています。

受験科目は筆記と実技になります。筆記では関係法令や美容理論、衛生管理、物理・化学など共通しているのですが、異なってくるのが実技試験です。

理容師の受験科目

理容師の実技試験では、カッティングの技術のほか、顔の髭やムダ毛を剃るシェービングの技術が試されます。

そして、カッティングや顔剃りを終えた後にお客様に施す「整髪」の基礎技術を加えたものが、実技試験の中身となります。

先に述べたとおり、これら実技に筆記試験を加えたものが理容師資格の試験内容となっています。

経験を積むことで、実技を習得しつつ、必要となる知識を増やすことで、筆記試験に対応できるように準備しておきましょう。

美容師の受験科目

こちらもカッティングの試験があり、頭髪にロッドなどを巻き付ける「ワインディング」の腕前も試されます。

さらには、ウェーブをかける「オールウェーブセッティング」の試験が加わり、それらが実技試験の中身になります。

理容師資格と同じく、これに筆記試験を加えたものが、美容師資格の試験となります。

また、筆記において、理容師と美容師の関連法令はそれぞれに異なっています。自身の目指す資格に基づいて勉強するようにしましょう。

理容師・美容師の資格を取得した後に活躍出来る場所

batch_167-4-min

資格取得後は、理容室や美容室への就職が一般的に考えられます。しかし、活躍できる場はそこだけに限りません。

カットの技術を土台としながらも、理容師は『容姿を整えること』を、美容師は『容姿を美しくすること』を目的とした施術であるとされています。

そのため、美しくあるために必要とされる場所において、理容師と美容師には、あらゆるニーズがあるのです。

自身の目指す理・美容師としての方向性が見つかったならば、思い切って転職してみるのもひとつの手段といえるでしょう。

メンズサロン・美容院

「リラクゼーション」というのは資格を必要としない業種です。元々は自身の資格のはんちゅうに入らないそれらを学ぶことで、活躍の場が広がる可能性があります。

ネイルやエステを始めとし、ヘッドスパやまつげエクステ、ハンドマッサージなど、その気になれば美容全般に関わる仕事に就くことができます。

勉強して身に付けた技術があれば、本来ネイリストやエステティシャンが行う施術を、自身で受け持つことができるのです。

ヘアカットと各種リラクゼーションを混合したようなメンズサロンや美容院では、自身のスキルをさらに多方面に広げていくことができるといえるでしょう。

シェービングが出来るサロン

理容師資格を持っている人は、高いシェービング技術を持っています。昨今ではシェービングに特化したサロンが存在していることをご存知でしょうか。

レディースシェービング専門店などをその一例として挙げることができます。そこでは多くの女性理容師が活躍しています。

そのような店舗では「ブライダルシェービング」というメニューを用意しているところもあり、顔そり以外に、うなじや手の甲など、むだ毛を綺麗に剃るのです。

また、頭皮マッサージやフェイシャルマッサージなども並行して行うので、それらの知識を勉強して身に付ける必要があることを覚えておきましょう。

ヘアメイクのお店

ファッションショーや雑誌のモデル撮影といった現場に、「ヘアメイクアーティスト」として美容師を派遣する事務所も存在しています。

しかし、美容師資格さえ取得すれば就くことのできる仕事ではないということを、覚えておかなくてはなりません。

美容師として、それなりの実績を積み上げた人にしか、入ることのできない業界なのです。

また、事務所に就職できたとしても、一般的な美容室とは違って労働環境が整っていない場合が多いため、強い意志を持って臨まねばなりません。

理容師と美容師のダブルライセンスを取得するには

batch_167-5-min

理容師が美容師資格を、美容師が理容師資格を取得しやすくするよう、平成30年に制度が改正されました。

その内容は、理容師養成施設に「美容習得者課程」が、美容師養成施設に「理容習得者課程」が設置できるということです。

理容師と美容師、両方の資格を取得することを「ダブルライセンス」といい、より幅広いニーズに対応できる人材を育成することを主眼としています。

これまで、両方の資格を取得するには2つの学校に通う必要があり、単純に費用と年月が倍かかっていたのですが、授業時間や修業期間が短縮されるのです。

専門学校に通ってダブルライセンスを取得する

この制度改正により、専門学校でもダブルライセンスの取得を目指せるカリキュラムを準備しているところがあります。

両方の資格を取得するのに、これまで4~6年かかっていたものが、約半分で取得できるようになるとあっては、大きな魅力を感じずにはいられません。

『すでに片方の資格を持っている人』か、『どちらかの専門学校に在籍している人』を対象にして、カリキュラムを組む学校があります。

また、昼間課程で片方の勉強を重ねつつ、他方を通信課程で習得できるといった具合に、ひとつの学校で完結するスタイルを採用するところもあります。

ダブルライセンスを取ることが出来る専門学校は少ない

制度が改正されてから、まだあまり時を経ていないため、カリキュラム化されていない専門学校が多いのが実状です。

そのような状況ですから、まずは片方の資格取得を目指すことをお勧めします。有資格者を対象とした学科が存在するので、取得後に考えても遅くありません。

一例として、「ハンサム銀座理容美容専修学校」では、片方の資格を持っている人を対象に、1年6か月の講座でダブルライセンスを目指せるようになっています。

このことからも分かるように、必ずしも『最初から2つを目指す』と意気込む必要はないということです。

ダブルライセンスを取ることが出来る専門学校を探すには

まず、『理容と美容』の両方の学科を備えている学校を探してみましょう。そういった学校に、直接問い合わせてみることをお勧めします。

また、先に挙げた制度改正は『理容のなかに美容を』『美容のなかに理容を』ということなので、卒業または在籍中の学校に尋ねてみるのもひとつの手段でしょう。

今は資料請求をかければ、まず間違いなく学校側は応えてくれます。『ここは』と思える学校の資料を取り寄せてみるのも良いかもしれません。

まだ始まったばかりの制度ですが、今後はダブルライセンスが業界のスタンダートになるかもしれません。先を見すえて、両方の資格を調べておきましょう。

ダブルライセンスを持っていることで多くの場所で活躍することが出来ます

厚労省の定める理容師と美容師の振興指針が平成26に大幅に改正されました。その指針で両方の資格に共通するのは「業務に対するお客様の要望の多様化・高度化」が挙げられています。

そして、理容師は整髪や顔剃り、洗髪を一般的なサービスとしつつも、全身エステティックや育毛などの新しいニーズを取り入れることを打ち出しています。

また、美容師はヘアスタイルの流行を捉えつつ、顧客にトータルビューティを提供する観点から、サービスの総合化を推進するよう述べられています。

このことから、リラクゼーションを取り混ぜた営業形態を推奨していることは明白です。そのため、理・美容師ともに現状に合わせて自身のあり方を考えていかなくてはなりません。

そういう状況ですから、ダブルライセンスの取得で両方の技術に精通することは、今後ますます複雑化していくニーズを満たすために、欠かせないといえるでしょう。

大切にしたいのは、2つの資格を絡めつつ、リラクゼーションに含まれるような、多様なサービスに対応できるスキルを磨いておくことです。

ダブルライセンスに加えて、そのようなスキルを持っておけば、きっと自身にピッタリの働き方が見つかるに違いありません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

batch_167-1-min

この記事をシェアする