美容業界の応援メディア
コラム・特集 2020-02-15

ネイルサロンの集客方法におすすめなのは? 新しいお客様を呼ぶ6つの方法とリピートにつなげる2つの方法

ネイルというと、昔は結婚式など特別な日にサロンへ行ってお手入れしてもらうというイメージでした。しかし近年ネイルの需要は上がり、毎月定期的にサロンで施術を受けるという人がとても増えています。

ネイルの需要が上がったことからサロンの数も増え、ネイリストを目指している方やすでにネイリストで働いている方も多数見られます。中には将来的に独立してサロンをオープンしようと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、ネイルサロンの数が増えているため、新規オープンする際は集客に工夫が必要です。こちらでは、「いかに効率よくネイルサロンの集客を行うべきか」という点に焦点を当て、集客方法について解説していきます。

ネイルサロンの集客方法におすすめなのは?

ネイルサロンにおいておすすめしたい集客方法はいくつかあります。ここでその方法について詳しく見ていきましょう。

新しいお客様を呼び込みたい!

ネイルサロンに限りませんが、お店などではいつでも新規のお客様を一定数獲得したいものでしょう。常連のお客様が都合により来店できなくなってしまったら、一気に来客数が下がってしまうためです。

新規のお客様を獲得するために有効な集客方法には、ブログやSNSでの情報発信や、You Tubeでの情報発信、チラシ配りなどさまざまなものがあります。ここでそれぞれの集客方法について詳しく見ていきましょう。

1. ブログで情報発信

パソコンやスマホから毎日手軽に更新できるブログは、情報発信にとても活用できるツールです。
その日に提供した施術のネイルデザインや新しく考案したデザインを更新すれば、サロンではどのようなネイルを作ってもらえるかを新規のお客様が理解しやすくなります。

2. SNSを利用する|TwitterやInstagramなら無料で宣伝できる

ブログ同様手軽に情報を発信できるのが「SNS」です。SNSにはさまざまなサービスがありますが、押さえておきたいのは「Twitter」と「Instagram」の2つです。

Twitterはリアルタイムで公開したい情報を発信するのに便利ですし、Instagramは画像がメインのサービスなので、ネイルデザインを紹介するのに適しています。いずれも基本サービスは無料で利用できるので、まだ導入していないサロンはぜひ登録してみましょう。

3. YouTubeを利用する

「YouTube」は言わずとしれた動画投稿サービスです。InstagramやTwitterにも動画を投稿することはできますが、投稿できる時間が短いことや画質が悪くなってしまうことがあるので、動画を投稿するのであればYouTubeをおすすめします。

サロンの内装や施術の様子を撮影すれば多くの人に見てもらえますし、YouTubeにアップロードした動画はサロンのWebサイトやブログにリンクを貼ることもできますので、さまざまな場所に公開できる点もポイントです。

4. チラシを配る

SNSやブログが普及したことから、チラシ配りで集客をするネイルサロンは減少傾向にあるようです。しかし近隣に住む人たちにサロンの存在を知ってもらうために、チラシ配りは高い効果が期待できます。

どんなに素敵なサロンでも、通いやすくないと続けるのは難しいでしょう。サロン選びのポイントとしてお客様が重視するのは、自宅や職場から近いことが上位に挙げられます。サロンの近くを通りかかる人は、職場や自宅が近くにある可能性が高いので、集客対象としてもってこいといえるのです。

またチラシにSNSのアカウントやブログのアドレスを記載すれば、お客様がネイルデザインや施術例なども見ることができ、「こんなデザインにしてもらいたい」とサロンを訪れるきっかけになることも期待できます。

5.サロンの看板を作る

通りがかりの人にサロンを知ってもらうために「看板」は欠かせません。近隣の方からの集客につながる可能性が高いため、特に物件の規約に問題がない場合はネイルサロンであることがわかりやすい看板を作って店頭に置いておくとよいでしょう。看板にチラシを貼るのもおすすめです。

6. ネットサービスやアプリを利用する|ホットペッパービューティー・ミニモ

最近は集客に活用できるアプリやネットサービスがたくさんあり、代表的なサービスとしてはミニモやホットペッパービューティーなどが挙げられます。

これらのサービスは利用者が近隣のサロンを検索するのに活用されているため、自分のサロンを知ってもらいやすくなります。特に、大きな通りから見えにくいサロンの場合は、これらのサービスを利用するのがおすすめです。

これらのサービスではスマホやパソコンからいつでも手軽に予約を取れるため、お客様が行きたいと思ったらすぐに予約につながるというメリットもあります。

このようなサービスは利用料金がかかることが多いのですが、サービスによっては安価で利用できることもあるのでぜひ検討してみましょう。

リピートの予約を増やしたい!

新規のお客様を獲得できたら、いかにリピーターになってもらうかが重要になります。基本ともいえるサンキューレターやDMと合わせて、リピートの予約を獲得するために有効な方法をご紹介します。

1. サンキューレターを送る

施術に来ていただいたお客様にサンキューレターを送るのは、多くのサロンがおこなっている集客方法のひとつです。当たり前過ぎて効果がないのでは? と感じる人もいるかもしれませんが、手書きの心がこもったサンキューレターはお客様の気持ちを引きつける効果があります。

2. DMを送る

集客方法の基本としてDMの送付をおこなっているサロンも多いようです。DMの手段には、はがきやメーがあり、はがきは視覚的にインパクトのあるメッセージを、メールでは低コストでメッセージや情報を送ることができます。

DMを出したことで何年かぶりにサロンを思い出していただけることもあり、またそこからお客様の紹介につながることもあります。可能性の範囲が広い集客方法となりますので、定期的なDMの送付は欠かさないように意識しましょう。

集客を成功させるための3つのポイント

先述した集客方法の成功率をより高めるために、押さえておきたいポイントを3つご紹介します。集客が上手くいかないとついやってしまいがちなので、あらかじめ心にとめておきましょう。

1. お客様が来ないからと値段を下げない

価格が安いことはお客様にとってとても魅力的ですが、価格を下げても集客につながらなかった場合、さらに価格を下げなければというスパイラルに陥ってしまうことがあります。経営に響くほど価格を下げざるを得ない可能性になりますので、安易に値段を下げてしまうのは考えものです。

またあまりに価格を下げてしまった場合、「本当はこの値段で施術できるのに高い値段で請求されている」、あるいは「安かろう悪かろう」のサービスだという誤解が生じかねません。こうした観点からも安易に値段を下げることは避けましょう。

2. いろいろな方法を試してみる

新規のお客様を集客することや、リピート予約につなげる方法について先述していますが、サロンの環境や状況に応じていろいろな方法を試してみましょう。

人通りは多いけれどサロンのある場所が目立ちにくい場合、チラシ配りには高い効果が期待できます。また入り組んだ場所にあるサロンであれば、ネットサービスでの集客が有効です。

ここでご紹介したもの以外にもさまざまな集客方法があると思いますので、よさそうだと思ったものは積極的に試してみましょう。

3. オーナーとして経営感覚を身につける

一言で「ネイルサロン」といっても、構える場所や価格帯によって狙うターゲット層は異なります。オーナーやスタッフのデザインセンスなどによっても、お客様のニーズは変わってくるでしょう。

このように、サロンとお客様のマッチングやターゲット層の決定、それに伴う集客方法を理解するには、経営の勉強をすることがとても重要です。どんなに素敵なサロンを作り、高いデザインセンスと技術を誇っていても、経営の実力がなければサロンを繁盛させることができないためです。

経営については書籍を活用しながら独学で学ぶことも可能ですし、経営セミナーなどもいろいろな企業が開催していますので、意欲的に参加して経営のノウハウを学びましょう。

開業するだけではお客様は来ない! 自分に合った集客方法を選んで愛されるサロンを作ろう

ネイルサロンを開業しても、集客をしなければお客様はサロンの存在を知ることができません。まずはサロンの存在をお客様に知ってもらうことが第一です。SNSやネットサービスを利用すると、多数の人にサロンを知ってもらうことが可能になりますし、チラシや看板などは近隣の人にわかりやすい方法といえます。

お客様のニーズによって適した集客方法は変わってきますが、ここでご紹介した集客方法や集客率を高める方法を試しながら、サロンに合った集客方法を見つけて実践してみましょう。

出典元:
ホットペッパービューティー
ミニモ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事