セラピストは年収1000万目指せる?|リアルな年収などについて紹介

セラピストに興味があり、年収について考えたことはありますか。セラピストは、正社員として活躍できるのはもちろんのこと、個人事業主などの経営者としても活躍できる職業です。

セラピストとして頑張って働けば年収1000万を目指せるのかどうかについて今回は解説していきます。

セラピストは年収1000万目指せるの?

1000万という年収は世間一般の仕事の中でも、そう簡単に稼げるものではありません。そんな中、セラピストで年収1000万を目指せるのでしょうか。

年収1000万を目指すなら、「セラピストとして多くの顧客を抱えること」で達成できるのか、「多店舗展開など経営面に携わること」で到達できるのかなど、詳しい内容を知りたいところですよね。

では、実際にセラピスト業界で年収1000万稼ぐ人はどのように稼いでいるのでしょうか。

立場や顧客の獲得次第で可能!

セラピストで年収1000万を稼ぐには、実際のところ、立場や顧客の獲得次第で可能です!もちろんそう簡単に達成できる数字ではありません。

セラピストとして働く中で、経営者として働いてみたいと考えたことはありますか。セラピストは、自身の知名度をあげたり、経営者の立場へ回ったりなど、戦略的に計画をたてることで年収をあげていくこともできるのです。

セラピストとして年収1000万目指すには

セラピストと一言でいってもあらゆるジャンルがありますが、年収を上げていくには戦略的に行動していかなければなりません。具体的にどのような方法で年収1000万を目指すのか紹介します。

経営者になる

1つ目は、セラピストの会社の経営者になり、多数店舗を展開するなど、活動の場を広げることです。アロマセラピストなど癒し系のサロンや整骨院などの立ち上げに携わり運営する側になることで年収アップできます。

近年では、お店の立ち上げに関しても手順がスムーズに行えるように整えられているため、開業の資金やスタッフなどの人材を集めることで立ち上げることが可能です。

雑誌などでも取り上げられるような有名セラピストになる

2つ目は、セラピストとしての知名度を上げて、雑誌やテレビなど活躍の場を広げていく方法です。現在ではYoutubeなどを立ち上げて知名度を上げているセラピストも数多くいます。

知名度が上がることで、顧客の数が増えるのはもちろん、雑誌やテレビなどの依頼がきたり、本の出版も夢ではありません。このようなさまざまな方面で活躍できるようなセラピストになることで年収を上げていくことができるでしょう。

一般的なセラピストの年収はどれくらい?

では、上記で紹介したような、経営者や有名セラピストではなく、一般的なセラピストの年収は実際どのくらいなのでしょうか。

令和2年度の日本の正社員女性の平均年収は293万で、男性は532万でした。セラピストの種類別に正社員の平均年収について解説していきます。

リンパセラピストの年収

リンパセラピストの正社員の平均年収は約300万前後です。令和2年度の正社員女性の平均年収は、293万円なので、ほぼ同じくらいの年収です。

独立して開業する場合は、もっと稼げることもありますが、逆に小規模で集客が集まらなかった場合などは、年収がダウンしてしまう可能性もあります。

アロマセラピストの年収

アロマセラピストの正社員の平均年収は、300万前後から400万ほどです。リンパセラピストと比べてもさほどかわりはありません。

また、関東など都会と地方では年収の差も100万ほど変わってくることも。お店自体も都会に集まっており、アロマセラピストとして正社員として活躍できる場も地方には少ない印象です。

柔道整復師の年収

柔道整復師の正社員の年収は、300万から400万ほどです。どの職種にもいえますが、勤続年数やスキルに応じて変化があります。

また、柔道整復師の場合は病院で勤務することもあります。その場合は、機能訓練指導員として働ける可能性もあります。機能訓練指導員は、正社員の平均年収は410万ほどなので、年収アップが見込めます。

臨床心理士の年収

臨床心理士の年収は、300万台が1番多く19%ほどです。その他は200万台と400万台が約16%ほどいます。

臨床心理士は病院や教育機関で勤務することが多いですが、ほかの医療系の職種と比べて年収が高いというわけではありません。しかし、非常勤で掛け持ちなどの働き方ができるので、それ次第では年収アップが見込めます。

セラピストの求人を探すなら利用者満足度No1のリジョブ

働き方を変えるのが年収アップのポイント

セラピストとして一般的な正社員で働くだけでは、年収1000万に到達するのはほぼ難しいことがわかりました。そのため、今のスキルを活かしながら、セラピストとしてもっと稼いでいきたいと考える方は働き方を変える必要があります。

経営者や独立して有名なセラピストになる方法があることはわかりますが、経営者になるにはお金もかかり、SNSなどで発信していくのも勇気がいるかもしれません。事前に経営についての勉強やSNSの使い方などを勉強しておくことで、いざチャレンジしたくなった時にその知識が大いに役立ちます。

経営についての勉強をする

セラピストの仕事が好きで働いている方は、経営などについては苦手な方も多いです。そのため、いつか独立したい!と考えている方は少しずつでも経営について勉強しておくとよいでしょう。

経営について学ぶ際には、セラピストに特化した経営の知識を身に着けるとよいです。まずはインターネットや本からでも学ぶことができるので、空いた時間を見つけて勉強しましょう。

SNS等で認知を広めスクールなどを開校する

年収アップのためには、認知度は必要不可欠です。そのためSNSを活用していくことは大切なポイントです。SNSはよくわからないという方もいるかもしれませんが、まずはやってみて、わからないことがあったらその都度確認するという形でもはじめられます。

もう少し戦略的に行いたい場合は、SNSを使った認知度の広め方や集客の仕方などの講座を受けるのも1つの方法です。事前に知識をつけておくことでSNSの運営を効果的に行うことができます。

セラピストは経営者としても活躍できる!

セラピストは、一般的に勤めるだけでは、なかなか年収1000万に到達することが難しく、経営者や有名セラピストとして活躍することで年収アップが見込めることを解説しました。

今では、SNSで一気に認知度を広めていくこともできる時代です。しかし、その前にセラピストとしての実力や経営についての知識をつけておくことでより活躍していくことができるでしょう。

セラピストは、自分の努力次第で経営者としても活躍でき、年収を上げていくことができる仕事です。今の年収に満足がいかない方は、自身で目標設定を新たに定めて、それに対する準備を行っていきましょう。

出典元:国税庁 令和2年分 民間給与実態統計調査

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事