batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-27-22-36-30-min

ネイリストが退職・転職を決意する理由とは?転職を決意した時に決めるべきことについてお伝えします

 

仕事をしていると仕事を辞めたいと思うことはあると思います。就職したころは、あんなに好きな仕事だったのに今はもう辞めたいと気持ちでいっぱいに。人間関係や金銭面など気持ちが変わったのにはいろんな理由があると思います。中には辞めたいと思ったけど、転職しようと思ったら具体的にどうしていいかわからず、モヤモヤしながらもそのまま仕事を続けている人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ネイリストは女性に人気の職業ですが、途中でやめてしまうネイリストもたくさんいます。今回は、転職を考えているあなたの参考になるように先輩ネイリストが退職や転職を考えた理由や辞める時に知ってい置いた方がいいことをまとめましたのでご紹介します!

ネイリストが退職を決意する理由

batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-27-22-37-07-min

ネイリストが退職を決意する理由は、主に「経済的問題」、「人間関係」、「身体的問題」の3つがあげられます。

経済的な問題

ネイリストは普通のOLに比べると給料は悪いです。入社してすぐは、月給も月20万以下でボーナスも出ない職場がほとんどです。給料が安いから、副業したくても、仕事が終わった後は遅くまで残って技術の練習をしなければいけないし、そんな時間はなかなかとれません。毎月お金がかつかつな生活が続くと転職した方がいいかもと考えてしまいます。自分に指名客がついたり、独立すれば給料が高くなることが多いのですが、その前に挫折してしますネイリストがたくさんいます。

人間関係による問題

上司とうまくいかなくて退職したいと思っている人も多くいます。上司といっても人です。性格がもともと合わなかったり、イライラして当たられたりすることも仕事をしている中ではあるはずです。たまにだと我慢できますが、頻繁に気まずい雰囲気がサロンに流れていたら居心地はとても悪いですよね。人間関係は一度崩れてしまったら元に戻すことは難しいです。また、ネイリストは接客業です。ネイルをすることが好きだからとネイリストになったものの、お客様と何時間も会話をすることが苦手だと感じて退職する人もいます。ネイリストは、ネイルの技術を接客のスキルと両方が必要です。

身体的な問題

体調を崩してネイリストをやめていく人もいます。ネイリストは一日中細かい作業をするため、同じ姿勢で腰痛になったり、目が悪くなったりしやすいです。予約が続いているとなかなかしっかり休憩も取れず、そんな忙しい毎日を過ごしていると急に溜まった疲労が爆発して仕事をやめなければいけない事に。また、ネイルの材料などでアレルギーが出て手が赤くはれたり、かゆみがひどくて施術できなくなる人もいます。身体的な目的の場合、大切な身体を守るために止むおえずネイリストをあきらめることになります。

ネイリストが転職を決めてしまう理由

batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-27-22-38-00-min

一通りサロンワークを身につけて、ネイリストとして一人前になると現状の仕事ではだんだん物足りなくなってきます。ネイリストが仕事を辞める理由には、今のネイルサロンを卒業して、上のステージを目指す人たちもいます。

ネイリストが転職を決めようと思う理由はこちらです!

さらなるスキルアップをしたいと思った時

客単価の安いサロンで働いていると、ほとんどのお客様がクーポン利用の人ばかり。クーポン利用のお客様のメニューは料金が安い分、デザインや色数が限定されています。そういうサロンで働いていると、毎日忙しいのですが、決まった作品を何度も作るだけでアーティストとしてのスキルがなかなか伸びません。

もっと自分らしい作品を作りたい、複雑なデザインにチャレンジしたいと思うと、平均単価の高い高級ネイルサロンに転職して、さらなるスキルアップをしたいと考えます。また、日本のネイルの技術は高いので世界で活躍する人もたくさんいます。インスタなどで活躍する先輩達の姿をみると自分も海外に挑戦したくなります。

独立を考えた時

貯金が貯まり、仕事を覚え、自分のお客様もたくさんついてくると、「自分のネイルサロンを持ちたい。」と、ネイリストなら一度は夢見るのではないでしょうか。自分で選んだ場所や家具、こだわりのネイルを揃えてお店を作れたら楽しいですよね。

ネイルサロンによっては、就職の時に将来独立を考えていることを伝えると、独立支援してくれるネイルサロンもたくさんあります。そういうところだと、一人前になるとみんな卒業して自分のネイルサロンを持ちます。あなたにリピート客がついていれば、雇われているよりも収入もアップします。自分の技術に自信を持つ人は、退職して独立を考えます。

色々な技術を学びたいと思った時

ネイルは、流行の流れが早く、いろいろな技術がどんどん生まれています。決まった技術でしか施術しないお店だと学ぶことができません。そのため、最新の機械や技術を学ぶためにそれを取り入れているネイルサロンに転職する人もいます。

また、ネイルだけでなくトータル的に美容を究めたくなり、メイクアップやヘアアレンジ、マツエクなど他の分野の技術を習得する人もいます。ネイルとマツエクと両方扱っているようなお店だと両方とも施術できた方が予約も増えるので収入アップも目指せます。

転職を決意した時に決めるべきこと

batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-27-22-39-07-min

今の仕事をやめようと決意したら、次にやるべきことはないがあるでしょうか。退職までにはいろいろ準備しておかなければならない事があります。まずは、転職までの計画を立てましょう。

どのような職種でいつごろ働くのか大体のスケジュールを決める

まずは、今の仕事をやめて何をやりたいのか、いつから働きたいのかを考えましょう。仕事をやめると、給料がもらえなくなります。何ヶ月も無職でいるわけにはいかないですよね。しかし、次の仕事が資格の必要な仕事であれば、いったん勉強しなければいけないので、転職するまでのつなぎにアルバイトを見つけなければなりません。

仕事をやめると、失業保険がもらえます。これを当てにしている人もいるかもしれませんが、自己都合の退社の場合すぐに受給できません。2,3カ月以上先にしかもらえないと思っておいた方がいいです。転職はしっかり計算しないと、思った以上にお金が出ていきます。特に独立する場合は準備期間中は収入がないので2,3カ月まともに収入がない可能性があります。

有給休暇が何日残っているのかを確認する

休みの中に「有給休暇」といって休んでも給料が出る休みがあります。夏休みやお正月休みで使わずに貯まっていた場合、退職までに使うことができます。たとえば、週5日出勤で働いていた場合、10日有給が残っていれば半月分のお給料をもらうことができます。ただし、有給は雇用形態や勤務年数によって日数は異なりますので、会社に事前に何日残っているのか確認しましょう。

有給を消化する場合は、出勤はしませんがまだそのサロンの従業員です。その間は他の会社に移ることができません。転職の際は有給の日数も計算して、転職先に伝えなければいけません。

自分に合うサロンを探してみる

今のサロンに不満があって転職をするのであれば、自分にあった条件のサロンを探してみましょう。今は、転職サイトでも、「勤務地」、「雇用形態」、「オープニングスタッフ」、「講師業」、「主婦OK」、「海外研修あり」、「日曜休」などいろんな条件から探すことができます。東京だけでも、1,000件近くネイルサロンがあります。あなたにあった条件の職場がきっと見つかるはずです。一度、転職サイトを覗いてみてください!

(リジョブ:https://relax-job.com/search_form

ネイリストの転職先には様々な可能性があります

ネイリストは、給料や職場環境などで何度も悩むかもしれませんが、悩みがいつまでも改善されなければ転職を考えてみてはいかがでしょうか。人生の中で働いている時間はとても長いです。好きな仕事を楽しく続けられるように考えてみてください。今は、転職サイトで細かな希望条件で簡単に仕事を探すことができます。サイトには、サロンで売りにしているメニューやスタッフの写真、客層など具体的なこともたくさん書かれています。まだ転職を決意していなくても、他のネイルサロンを見て今と比べてみてください。もしかしたら、今よりもあなたの夢がかなうサロンが見つかるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

batch_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-09-27-22-36-30-min

この記事をシェアする