美容師でもできる副業とは?多くの美容師がやっている副業と副業がバレた時のリスクをお伝えします

美容師の仕事は、知識や技術、経験、人気などにより大きく年収に差が出る職業です。

スタイリストの平均年収は300万~350万円ほどと言われており、年収数千万を稼ぐような超人気スタイリストはごくわずかです。

そのため、美容師の中には本業だけでは生活が厳しく、副業によって収入源を複数持っておくという人も多いようです。

美容師が副業として選んでいる仕事や、本業の同僚にばれた時のリスク、バレないようにする方法について紹介していきます。

現在の美容師の給料事情はどうなっているの

美容師の一般的な給料体系

美容師の給料体系は、「基本給+歩合給」もしくは「完全歩合給」というところが多いです。

歩合が発生するパターンとしては、一定のノルマがあり、それを超えた場合に給料が追加される場合や、売り上げに対して何%を支給という場合、指名料を歩合にする場合など様々です。

他にも、シャンプーなどの商品を買ってもらったり、お客様に高いコースを選んでもらった分なども歩合としてカウントしてくれるサロンもあります。

歩合の内容や給料へどれだけ反映するかなど、給料体系はサロンによって異なります。サロン探しの際にしっかりと確認してみましょう。

副業をすることで得られるメリット

収入源が複数できるためもしもの場合のリスク分散が出来る

美容師の給料は歩合の部分が大きいため、人気や技術レベルによって年収が大きく変わるだけでなく、収入に波があるという美容師も多いです。

また、美容室はコンビニよりたくさんあると言われるほど数が多いため、競争も厳しく、働いているサロンの経営状態が悪くなるというリスクもあります。

副業によって収入源を複数作っておくことで、もしものときのリスクを分散しておくことができます。

また、アシスタントなど、若手の美容師で指名してくれるお客様が少なく給料が少ないという場合も、休日を利用して副業で稼ぐことができます。

生活に余裕が出てくる

一般的に美容師は、給料が安いと言われています。でも、せっかく美容が好きで美容師になったのだから、生活が厳しいことを理由に美容師の仕事をあきらめたくないですよね。

副業をすれば、当然ですが収入を増やすことができます。少しいい仕事道具を買ったり、服を買ったりできるようになれば、本業もはかどりますよね。

また、収入を増やすことができれば、いろいろな経験をすることができるので、美容師に必要不可欠なトーク力の向上にもつながるかもしれません。

スキルを得ることが出来るようになる

ヘアメイクなどの美容関係の副業をすれば、本業として働いているサロンでは身に付かないような新しいスキルが身に付けられます。

派遣美容師などで普段とは違うサロンで働いてみると、いろいろなスタイリストの技術や知識を吸収でき、本業にもプラスになりそうです。

また、事務系の仕事やアンケートモニターなど、本業とは全く違ったジャンルの仕事をすれば、お客様との話題の種が増やせるかもしれません。

様々な業種の世界を経験してみて、トーク力アップに努めるというのもいいでしょう。

副業がばれるのはどんな場合が多いのか

同僚や上司に働いているところを見られたとき

他のサロンに派遣で行ったり、どこかでアルバイトをしているのが同僚に見つかるケースです。同僚でなくても、お客様が見つけて何気なく言ってしまうこともあります。

副業をするのであれば、自分が働いているサロンからなるべく離れたところを選びましょう。

住民税が本業の給与以上になってしまったとき

サロンの給料以外に収入がある場合、住民税が変わってしまい、サロンのオーナーや経理にばれるというケースです。

これを防ぐために、副業で得た収入分の住民税は、給料から差し引く「特別徴収」ではなく、自分で納税する「普通徴収」で収めましょう。

副業分の確定申告の際に、住民税の納付方法を「自分で納付」にすることで、納付書が送られてくるので、その納付書を使って納税します。

詳しい方法や、普通徴収ができるかどうかは自治体によって変わってきます。心配な人は事前に自治体に相談してみましょう。

疲労により本業に支障をきたしてしまったとき

ただでさえハードな美容師の仕事に加え、副業もするとなると、スケジュール次第では身体に無理が生じて体調を崩してしまうこともあります。

体調を崩すのも、あまりに頻繁だと本業に支障をきたしてしまい、サロンのオーナーや同僚に副業がばれてしまうことがあるので注意しましょう。

美容師でもできる副業とはどんなもの?

多くの美容師がしている副業の種類

美容師はただでさえ多忙なので、本業に支障をきたさずにできる副業を見つけるのは難しいです。

また、美容師の仕事は新しい流行やスキルなど、日々勉強しなければならないこともたくさんあるので、あまり難しくてスキルのいることは副業には向かないかもしれません。

そのため、美容師の副業としては、簡単なアルバイトやある程度時間の融通が利くもの、在宅でパソコンでできるもの、本業の派生のような仕事が多いようです。

アルバイト
本業のサロンでの就業時間外に、飲食店やコンビニなどでアルバイトをする美容師が意外と多いようです。
体力的にはきついですが、本業と全く違う仕事なので気分転換になるかもしれません。

派遣美容師
休日に派遣やフリーランスとして別のサロンで働く副業です。

同業者なので、ある程度仕事の勝手がわかりやすいほか、普段と違うサロンで働くことで自分のスキルアップにもつながります。

派遣美容師は時給も高いため、効率的に稼ぐことができますよ。

ヘアメイク
ブライダルやイベント、キャバクラ嬢など、ヘアメイクの需要は意外にたくさんあります。

美容師としての技術向上にもつながりますし、カットやパーマは苦手だけどヘアメイクは得意という人は、自分のスキルを活かして働くことができ、メリットも多いです。

クラウドソーシング
クラウドソーシングのサイト上にある仕事の中から、好きな仕事を選んでこなします。ほとんどがネット上で完結する仕事なので、忙しくて休日は外に出たくないという人におすすめです。

クラウドソーシングの仕事は様々です。データの入力や収集、記事のライティング、WEBサイトのデザインから、簡単なアンケートまで、多岐にわたります。

美容師の知識を活かして、美容関係の記事のライティングなど、関心のある仕事を探して取り組んでみるのもいいですね。

セドリ
セドリも在宅でできるインターネットの仕事です。

中古のCDやDVD、古本など、様々な商品を安く仕入れて高く売ることで稼ぐことをセドリと呼びます。

はじめはコツがいりますが、利益の出やすい商品さえ見つけられるようになれば比較的成果が出しやすいネットビジネスとして人気です。

好きな時だけ作業すればいいので、忙しい美容師にもおすすめです。

アフェリエイト
こちらもパソコン一つでできる副業です。

自分のホームページやブログに商品の広告を貼り、訪問者がその広告をクリックして商品を買うと成果報酬が得られるという仕組みです。

空き時間に手軽にできるので、主婦や会社員にも人気の副業です。

副業が会社にばれないようにするためのポイント

副業が禁止というサロンもあります。そのようなサロンで働いているのにも関わらず、副業をしていることがばれてしまったら大変です。

副業がばれては困るという人は、以下のようなポイントに注意しましょう。

スケジュール管理をしっかりとするようにする

ダブルブッキングが起こらないようにすることはもちろんのこと、予定を入れすぎて体調を崩してしまったりすることのないようにスケジュールを管理しましょう。

開業資金作りなどのためにできるだけ早くたくさん稼ぎたいという気持ちの人もいるかもしれませんが、本業に影響が出てしまっては本末転倒です。無理のない範囲で副業を行いましょう。

本業の勤務先から離れた場所で働くようにする

本業のサロンとのトラブルを避けるためにも、できるだけ同僚やお客様に会わないところで働くようにしましょう。

税金の処理をしっかりと計画してから働くようにする

本業のサロン以外に収入があるということが税金のズレから発覚するというケースは意外に多いです。税金の処理はしっかりと行いましょう。

副業をすることで本業にも役に立つスキルを身に付けることが出来るようになります

美容師は一般的には給料が安い人が多く、本業だけでたくさん稼げる超人気スタイリストになるにはかなりの経験と年月がかかります。

それまでは副業をしないと厳しいという人も少なくないと思います。

副業はばれない工夫をしっかりとして行えば、収入が増えるだけではなく、様々なスキルを身に付けることができます。

美容師にもできる副業はたくさんあるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!してね

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事