マッサージ師になるには資格が必要?国家資格を取得するメリットや主な資格を紹介

仕事の疲れを癒すために、あるいは痛みを和らげるために、マッサージを受けたことのある人も多いはず。しかし、街中にあるマッサージ店のスタッフは、全員が資格を持っているわけではありません。

資格を持っている人と持っていない人で、法律によってできることが定められています。そこで、今回はマッサージに関連する資格や提供できるサービス内容などを詳しく紹介します。

履歴書なしで応募可能!

「マッサージ×未経験歓迎」で探す

資格を持っていないとできないこと

マッサージ師とは、おもに「あん摩マッサージ指圧師」を指します。エステティシャンやもみほぐしをおこなう人などは、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていない限りマッサージ師とは言えず、施術も認められていません。

あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、マッサージができる数少ない資格の1つ。また、医師免許を持っている人もマッサージが可能です。

エステティシャンなどの資格は民間資格のため、少なくとも日本ではマッサージをすることは認められていません。

しかし、なぜ国家資格を持っていない人が、もみほぐし屋さんや温泉施設の癒し処で施術を提供できるのかというと、これらの場所でおこなっていることは「マッサージではない」からです。

いまいちよくわからないという方のために、下記で詳しく見ていきましょう。

資格を持っていないとできない業務

では、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っている人はできて、免許を持っていない人にはできない仕事とはいったい何なのでしょうか。

マッサージともみほぐしの違い

実は、資格を持っている人が提供しているのがマッサージであるのに対し、持っていない人はマッサージができないので、もみほぐしをおこなっています。

資格を持っている人は、例えば首や肩の痛み・不調を訴えてきたお客様がいた場合、その部分を診察して治療をすることが可能です。時間で料金を取るのではなく、病院と一緒で症状に対しての対価をいただくことになります。

お客様は健康保険も利用できるので、病院と同じ感覚でお店に来ることができます。

一方、もみほぐしは保険適用外で、決められた時間内で疲労回復をおこない、おこなった時間に対して対価を支払ってもらうという形です。

また、マッサージは血流に沿って施術を行い症状を改善していくのに対して、もみほぐしは筋肉をほぐして血流を良くしたり疲労回復を行うといった、アプローチ方法の違いもあります。

資格を持っていない人が業務を行ってしまうと

もし、資格を持っていない人がマッサージをおこなうとどうなるのでしょうか。結論から言うと、罪に問われ、悪質な場合には逮捕されてしまいます。

大規模な店舗や外国人を使った無資格マッサージなど、悪質性が高い場合や怪我をさせた場合には、罪に問われる可能性が高いでしょう。

また、先ほど述べたように、マッサージは治療が目的で、もみほぐしはリラクゼーションといった疲労回復が目的です。無資格の人が痛みに対する治療と言って、万が一お客様に怪我をさせてしまったら、大問題になります。

マッサージの国家資格を取得するメリット

あん摩マッサージ指圧師という国家資格を取得すると、どんなメリットがあるのでしょうか。3つの点をご紹介します。

知識や技術があることを証明できる

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するには、専門学校などの養成機関に通う必要があります。養成機関では、教員の資格を持った専門分野への知識などが深い先生から学ぶことが可能です。

専門の教員なので、国家試験のポイントなども熟知しており、信用度が高いといえるでしょう。

そして、養成機関で学んだのちに試験に合格し、晴れて資格を取得することで、医学・病気などの深い知識や治療のための技術をしっかり身につけたことを証明できます。

働く場所の選択肢が広がる

資格を取れば、治療院や施術所などでマッサージの施術者として勤務することが可能です。訪問マッサージを提供する企業や、福祉施設・クリニックなどでも働くことができます。

あん摩マッサージ指圧師の資格があると履歴書に書くことで、自分のスキルをアピールでき、就職に有利になる場合もあるでしょう。

開業ができる

あん摩マッサージ指圧師の資格を持つことにより、治療院や施術所など自分の店を開業することも可能に。もちろん開業はかんたんではないものの、一生懸命学んで技術や知識を身につけたからこそできることです。

履歴書なしで応募可能!

「マッサージ×未経験歓迎」で探す

マッサージ系の国家資格を取得するにはどうすればいい?

ここまで、マッサージ系の国家資格として、おもにあん摩マッサージ指圧師についてお伝えしましたが、ほかにもいくつかあります。それぞれの資格の概要や取得の流れを見ていきましょう。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師とは、道具を使わず押す・揉むなどの手技で体のコリなどをほぐし、傷みや不調の緩和を目指す施術をおこなう資格です。東洋医学に基づいた古代中国の「あん摩」に、ヨーロッパの「マッサージ」、日本の「指圧」をかけ合わせた技術を提供します。

資格を取得する流れ

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するには、まず、大学に入学できる者が、文部科学大臣もしくは厚生労働大臣が認めた専門学校などの養成機関で、必要な課程を3年以上学ぶことが必要。その後、年1回行われる筆記試験に合格すれば取得できます。

なお、著しい視覚障害がある人の場合は条件が異なるので、詳しくは公益財団法人東洋療法研修試験財団|試験概要のページをご確認ください。

はり師・きゅう師

はり師・きゅう師(両方を持っていると「鍼灸師」)も国家資格です。医療概論・解剖学・生理学・関係法規など、あん摩マッサージ指圧師と同じ内容を学ぶほか、はり師は「はり理論」、きゅう師は「きゅう理論」を身につけなければなりません。

資格を取得する流れ

はり師・きゅう師の資格を取得する際も、一般的な受験資格や取得までの道のりはあん摩マッサージ指圧師と同じです。

鍼灸師を目指す場合は、はり師ときゅう師の両方の試験で合格する必要があります。しかし、共通科目が免除されるため、同時に受験する人も多いです。

視覚障害を持つ方は受験資格が異なるため、公益財団法人東洋療法研修試験財団|試験概要のページで確認してください。

柔道整復師

柔道整復師とは、打撲・捻挫・骨折などの外傷に対して、手術をせずに固定や整復のための施術を提供する国家資格です。おもな働き口には接骨院や整骨院などがあり、自分で院を開業することもできます。

資格を取得する流れ

柔道整復師の資格を取得するためには、3年制の短期大学や専門学校、4年制大学など、所定の養成機関で学ぶ必要があります。運動学や衛生学といった基本的な科目のほか、リハビリテーション医学や柔道整復理論などの専門科目も習得しなければなりません。

その後、試験に合格すれば資格取得です。

取得に国家資格が必要なもみほぐしの民間資格もある

もみほぐしを提供するのに持っておくとよい民間資格の中には、条件として国家資格を掲げているものもあります。どんな資格なのか、例を見てみましょう。

Dr. ボッダーアカデミー認定マニュアル・リンパドレナージ(MLD)資格

Dr. ボッダーアカデミーが認定する「マニュアル・リンパドレナージ(MLD)」は、デンマークのエミール・ボッダー博士が開発したMLDの技術を習得できる資格です。

一般のセラピストなどでも取得を目指せますが、医師・あん摩マッサージ指圧師・理学療法士といった医療系の国家資格を持っているほうが、よりスムーズに資格を取得できます。

関連記事:リンパマッサージとドレナージの違いとは?国家資格は必要?医療用と美容リラクゼーション用の資格について紹介

JRECリフレクソロジー資格

JRECのリフレクソロジー資格は、医療・看護・介護を連携させたホリスティック(全体的)なセラピーの資格です。そのため、それぞれの分野に従事する人々が多く学んでいます。

なかでも「サポートケアリフレクソロジスト」の資格の取得には、医師・看護師・柔道整復師などの医療系国家資格が必要。JREC加盟校で所定の講座を受講したうえで、2日間にわたる指定研修会に参加し、2日目午後の実技試験に合格すれば取得できます。

国家資格を取得してマッサージ師になろう

もみほぐしなどのマッサージ類似行為は、資格がなくても提供可能です。しかし、しっかりと知識と技術を身につけるだけでなく、マッサージとの違いも理解しておこなわなければなりません。

マッサージは健康保険を適用できる医療行為で、あん摩マッサージ指圧師や鍼灸師などの国家資格を持っていないとできない施術。国家資格を取得することにより、知識や技術を証明することができ、活躍シーンも広げられるでしょう。

より高い技術を身につけたいなら、ぜひ国家資格を取得してマッサージ師を目指してみてはいかがでしょうか。

引用元
試験概要 | 国家試験の実施 | 公益財団法人東洋療法研修試験財団
柔道整復師とは|日本柔道整復師会
Dr. ボッダー式アカデミー認定マニュアル・リンパドレナージ(MLD)資格対応コース|ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー
MLDトレーニングセンター
受講者規定について・受講の流れ|MLDトレーニングセンター
JRECのリフレクソロジーとは|JREC
サポートケア デイリーケア リフレクソロジスト|JREC
あん摩マッサージ指圧師国家試験の施行|厚生労働省
はり師国家試験の施行|厚生労働省
柔道整復師国家試験の施行|厚生労働省

履歴書なしで応募可能!

「マッサージ×未経験歓迎」で探す

この記事をシェアする

編集部のおすすめ

関連記事

近くのマッサージ求人をリジョブで探す

株式会社リジョブでは、美容・リラクゼーション・治療業界に特化した「リジョブ」も運営しております。
転職をご検討中の場合は、以下の地域からぜひ求人をお探しください。

関東
関西
東海
北海道
東北
甲信越・北陸
中国・四国
九州・沖縄